« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月30日 (月曜日)

3Dフェスタ

日曜日に、尾島飛行場に行って来ました。 ラジコンヘリの3Dフェスタ2010というのがあったので、ヘリ仲間と見物です。 とりあえず動画をアップしておきます。 HX-5VのAVCHDで録画しましたが、WMVに変換したら画質ががた落ち(泣 もうすこし研究してみます。 当日のプログラムなどはまた改めて。と言ってもあまりに暑いので午前中で退散しました(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年8月29日 (日曜日)

ササゴイじゃなくゴイサギ幼鳥?

28日も早起きして例の観察台に行きました。

先着の方は1名ですぐ移動されましたが、「ササゴイが出てます」と教えてくれました。

早速カメラを構え、それらしい鳥にロックオン。

P1070209

おー、ササゴイかあ、ん?ちょっと変?もうちょっと首が細かったような気がするが。

こりゃササゴイじゃなくて、ゴイサギの若(ホシゴイ)みたいですよ。まあ、どちらにしても初見初撮りですからいいとするか。

調べて見ると、微妙かもしれません。ゴイサギは幼鳥でも目が赤いようですが、これは違います。ササゴイか?

P1060890

近くにヨシゴイがいましたが追い払ってます。割と凶暴。

P1060794

P1060889

一方、こちらは大人のヨシゴイ。こうして見ると、アシの葉っぱと同じくらいの大きさ。意外と小さいです。

追い払われたヨシゴイ。

先週の若が少し大きくなったのではないかな、と思います。

Brg_7095

なぜかスズメが砂浴びしてました。

帰りに近所の川にオナガの群れを発見。何とか撮ろうとしましたが、なかなか見えるところに出てこない。かわりにカワセミが目の前の枝に止ってました。

Brg_7186

久しぶりですねえ。実際はもっと暗い場所で、SSは1/80秒です。

ササゴイじゃなくてゴイサギだったけど、最後にカワセミにも会えたし、まあいいか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ヨシゴイ成鳥

先日の日曜日は、7時半ごろから10時前までの間に3,4回ヨシゴイが出てきました。

どうやら、いつもは池のまわりにいて、すぐそばの湿地帯や田んぼを移動して餌を取っているようです。幼鳥は池におり、普段は草むらに隠れていると思われます。

P1060720そんなに小さい鳥ではないのに、アシに止れるんです(笑

P1060744

枝かぶりでないのは、飛翔写真だけですね。

それにしてもBorgとW.Oでこんなに絵が違うんですかね。 基本的に、W.OではSSを稼ぐためにアンダーで撮っているので、傾向としてはわかるんですけどね。現像時に補正すれば済みますが。

大久保農耕地のヨシゴイに関しては、地上を歩いている状態の全身像を撮るのは難しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年8月26日 (木曜日)

小沢が出るんだなあ

菅さんはもう死に体だ。

小沢さんになった場合、左翼とは言えないと思うが、朝鮮人に近しいし、外国人参政権にも積極的だし、中国には尻尾を振るし、韓国でもおべっかばかり。いずれにしてもろくなことにはならない。

菅、小沢、鳩山・・何だか子供の喧嘩みたいな経緯で一国の宰相が決まってしまう。自民党でも似たようなもんだったけど、民主党のほうが全体としてはひどい。

この前の為替の件でも、財務大臣は物笑いの種にしかならなかった。情けない。

これで検察審査会は腰砕けだな。そこまで計算しているんだろう。

一体何なんだ、この政局は。

でもやっぱり、鳩山さんは阿呆だな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

国民の遺書

51pjjwm2azl__sl500_aa300_

「泣かずにほめて下さい-靖国の言乃葉100選」と言う副題がついている。靖国神社に祭られた兵士達の遺書である。

菅内閣が閣僚の靖国参拝を「しないこと」と決めたようだが、全く腰の引けたことだ。左翼政権だから中国に媚びるのはしかたがないのか。国を守るために死んでいった人達に対する敬意や畏怖の念は無いのか。

この本、泣かずに読める日本人はほとんどいないはずだ。少なくとも、国家や民族に対する愛のある限りは。自分は7月中旬に買ったが、おおっぴらに泣くわけにも行かず、読了までに一ヶ月もかかってしまった。

ここには、特攻隊で散っていった者だけでなく、従軍した看護婦、戦犯として獄死した方、そして兵士の母親等様々な方々の思いが綴られている。特攻隊は、軍国主義教育を受けて洗脳され、半ば強制的に死地へ送り出された犠牲者のように、戦後のマスメディアは宣伝する。いつかのNHKの番組でもそんな切り口だった。死ぬのがうれしい人間などいない。当たり前だ。きっと彼らは、天皇のためではなく、国土を守るため、父母や同胞や子らのことを思い、それらを守るために死んでいったのだ。

ここに残された文章から読み取れる、彼らの、家族や国家に対する愛情、潔さと、恐るべき知性と教養の深さ・・・。今の日本人には失われてしまったものが、ここにある。特に、回天の開発試験中に魚雷内に閉じ込められて窒息死した士官の、死を覚悟しつつ冷静にトラブルの原因を分析して後に残そうとした、その使命感の強さと強靭な精神力には驚きを隠せない。

もう時代が違う。遺書を書いた人達の思いは正確には伝わらなくても、過去にこのようにして死んでいった日本人がいた、ということはぜひ今の若い人達に知ってほしいと思う。

ぜひ読んで欲しいが、ただ、通勤電車では読まないほうがいいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年8月25日 (水曜日)

透過式ミラー α55

ソニーからかなりすごいデジイチが発表されましたね。

25_s

α55とα33。33は55のスペックダウンモデルのようです。

最大の特徴は、ミラーレス機とレフレックスミラー機のいいとこどりをしたこと。

一部光を透過するミラーを使ったことで、ミラーレス機と同等のライブビューを実現するとともに、ミラーからAF機構に光を導くことで、位相差方式AFも使える、というのがキモです。

ミラーが光を通すため、レフレックスミラー機のように撮像素子に露光するための動作がなくなり、連写は約10枚/秒!!ニコンやキャノンでこの連写スピードを求めようとすると、50万以上必要では(笑 α55は10万しません。

01_s

大きさもかなりコンパクト。モニターが3インチなので、大きさの想像がつきます。

Thumb_250_23_px250

ミラーが透き通っており、奥の撮像素子が見えています。なので、ミラーを上げる必要がありません。

他のスペックとしては、お得意のAVCHDのフルハイビジョン動画、スイングパノラマ、GPS、HDR等我が三号機ソニーサイバーショットHX-5Vとかぶりまくり(笑  でも欲しいな。手持ち撮影用としては、コンパクトだし連写も利くし、工夫すればBorgでAF化もできなくは無いかも。あとはとにかく、高感度特性か。それと、多分小型化のために採用したと思われるEVFの見え味・・。G1のはどうも好きになれないんだよねえ。発売は9月。最重要物欲リスト入り(笑 NEXといい、これといい、最近のソニーはすごいじゃないか! 

ということで、気になるのはニコンの動向。D3100ではお茶を濁されたとしか思えず。三桁型番はどうなっているんでしょうね?D300もそろそろ3年になるし、モデルチェンジも近いか。最も、このα55を買ったりしたら、もうAPS-C機はいらない。Mフォーサーズもあるし、あとはフルサイズ機になってしまうなあ。そんなにレンズ持ってないし、必要ないかも(笑

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年8月24日 (火曜日)

ヨシゴイの飛翔と幼鳥

続いてヨシゴイの飛翔。目の前の池から手前の湿地帯のアシ原まで、ほんの20メートルくらいなので、一瞬の勝負です。

Brg_6931

ピントをアシ原あたりにおいていたので、なんとか対応できました。

Brg_6955

引いた絵のほうがいいかも。

Brg_6980

アシに止ってさかんに上空を気にしています。

このあと、100メートル以上離れた湿地帯に移動しました。

池を良く見てみると、水面に張り出した草の中に鳥がいます。

ここからはW.Oです。

P1060580

ヨシゴイの幼鳥でしょうか?

随分長い間この草の上にとまっていました。親鳥は猛禽類がいないか、気にしていたのかもしれません。

連写しましたが、距離が40メートルほどあり、写りは今いちですね。頭にはまだ羽毛のケバケバが残っています。

P1060626

まだクチバシも小さく、首も短いようです。

ヨシゴイの成鳥も撮りましたが、この次にします(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年8月23日 (月曜日)

ご無沙汰してました

一ヶ月以上、完璧に放置しました(笑

とにかくブログの管理ページも開かなかったです。

暑くて鳥見に行く気など全くおきませんでした。途中、夏休みに軽井沢野鳥の森に遠征する予定でしたが、中途半端に台風が接近していたため、結局釣りも含めて中止。要はネタ不足でした。

とは言いつつ、本はそれなりに読み、映画も見たので、そのあたりはまた改めて。

日曜日、6時起きで久しぶりに大久保農耕地にヨシゴイを見に行ってきました。観察台?には7時半ごろ着。機材を準備している途中に早速飛び出してきました。当然撮れません。

しばらく待っていましたが動きが無いので、Borgを持って田んぼを一回りしてきました。

Brg_6884稲は黄色く色づいています。早いものです。既に稲刈りを終えている田んぼもありました。

光の感じが夏の終わりっぽいです。

田んぼを歩いていると、すぐそばからヨシゴイが飛び立ちました。残念ながら追いきれず。他にはセッカが一羽、いつもの調子で飛び回っていますが、それ以外には鳥の気配がありません。

Brg_6930

汗だくになって観察台に戻り、しばらくするとまた飛び出しました。 

ちょっとバックが残念ですが、本日のベストショットですかね。黄色く色づいた稲穂の海に浮かぶヨシゴイ・・・。鳥よけのテープが邪魔。

目の前の池になんだか鳥らしきものが見えたので、W.Oを持ち出して見ると、どうやらヨシゴイの幼鳥のようです。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »