« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月30日 (日曜日)

ゴイサギがいました

今日は寒くて、天気も悪いので家でおとなしくしていましたが、午後少しだけアマサギを探して近所をうろついてきました。

昨年目撃した菖蒲町周辺の田んぼを3箇所ほど回りましたが、全く気配はなく、いるのはコサギとチュウサギばかり。全く、カメラを持ってないときには出会うんですけどねえ。

あきらめて帰る途中、偶然に見慣れない鳥を見かけました。車で近づいて見ると、ゴイサギのようです。20メートル以上距離はありましたが、車のなかから盗撮です(笑

Brg_6325

3年位前に群れでいるのを見て以来、ひさしぶりです。

Brg_6311

稲はまあ田植えされたばかりで、高さはほんの20センチくらいです。それと比べると、意外と小型の鳥ですね。

Brg_6369

白い冠羽が目立ちますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年5月29日 (土曜日)

希望の国 日本

もう一ヶ月以上前に買ってあったと思うんだけど、他にも色々読んでいて順番が来ず、最近やっと読了しました。

51clqizibfl__sl500_aa300_

最近の新刊本は字が大きい!分厚いほうだけど、情報量はそれなり(笑

帯を見て、安部晋三と原口一博、加藤紘一との対談に興味を持ちました。

安部さんは、総理就任直後から意欲的な動きを見せたけど、よくわからない理由で急にやめてしまい、そのあたりの経緯にはあまり興味がなかったこともあり、自分にとっては「精神的に弱い人」というレッテルが貼られてます。

原口さんは政権交代前から良くTVに出ていて、自民の批判ばっかりしてたという印象。

加藤さんは、「日本を貶めた10人の売国政治家」の5位に入っていて、とにかく中国大好きな、なぜ社民党にいないのか不思議っていう印象の人。

内容について詳しく触れるのはヤボですのでやめておきますが、原口さんって民主にしては結構まともで「O沢とO石の二人が民主党を誤解させている」という話はおもしろかったです。

その他、出色だったのは高市早苗さん。同じ学部の後輩ということは知りませんでした(笑

歴史認識もさることながら、小選挙区制に関する問題意識などはなかなか勉強になりましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月28日 (金曜日)

普天間問題に思う

ハトヤマさんの目が異常な光を帯びてきたような気がする。心の病気じゃないだろうか(笑

沖縄だけでなく日本全体で負担を分け合って・・・みたいなことを言うのはたやすいが、この期に及んでそれはないでしょうってみんな思ってるに違いない。マスコミは、国土の0.7%しかない沖縄に70%の基地が集まっているみたいな言い方をするが、極端な話し、沖縄の県民140万人が我慢してもらえれば、他の1億人は助かるっていう考えだってある。基地を拡散することの方が問題なんじゃなかろうか。誰も言わないけど。ハトヤマさんは馬鹿の一つ覚えみたいに、耳障りのいい「沖縄の負担軽減」なんて言う。国家観は無いのか。

そもそも、敗戦からこの方、アメリカの押し付けた憲法の下で安保体制が維持されている。さらに戦争に負けたことで、いわれの無い罪悪感や劣等感を植え付けられてきたのが日本の国民ではなかろうか。

アメリカは日本人を60万人以上虐殺しているでしょう。ナチスといい勝負だ。東京大空襲や原爆なんて、完全にジェノサイドだ。なぜ誰もそれを言わないんだろう。マスコミに正しい歴史認識を示せなんて不可能なことは言わないが、せめて過去の事実をもとにして、アメリカがやったことを日本人全体がちゃんと認識しておくことが必要だ。そうしないと、本来アメリカの国益のためにやっている駐留に対して正しい価値観が持てない。日米同盟は必要だろうが、自主憲法を制定して国体を明確にし、軍隊を持った上でのことでないと、日本は主権国家とは言えないじゃないかと思う。自分は決して右翼ではないが、日本という国の歴史と国柄を知ることは国民として重要であり、そうした勉強をある程度すると、こういう結論に至るのだ。

韓国や中国なんて、根も葉もないことや、既に解決済みのことだって、いつまでも持ち出して被害者ヅラし、日本を引きずり回そうとしている。盗人猛々しいとはこのことだ。全く、日本には外交が無い。

ハトヤマさんの迷走ぶりは凄い。素人が見ていても空恐ろしいくらいで、今の日本は完全に政府が無い状態だと思う。先日の知事会だって、如何にもやっつけ仕事で、要請はしましたから、検討してくれないのは知事が悪い、っていう言い訳作りとしか思えない。

マスコミは何故批判しないのだろう。これが自民党だったら、マスコミの対応は全く違っていたはず。やはり左翼が好きなんだな。ってか自分らが左翼か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月23日 (日曜日)

土曜のカワセミ

土曜日、早朝から秋ヶ瀬公園に行きましたが、目当てのキビタキやオオルリはもちろん、とにかく鳥の影がありません(泣

2時間弱であきらめ、カワセミの公園に向かいます。

1時間半ほど待ちましたが、それからは断続的に飛来しました。

Brg_5817

しかし、なかなかホバはしません。ダイブは何回かありましたが、なかなかうまくは撮れませんね。

Brg_5940

飛び出しもフェイントかまされたりで、遊ばれました。

Brg_6076

流し撮りにほぼ成功(笑

Brg_5959

ダイブ直前。このあと、水面に突っ込む途中で引き返しました。今日は失敗が多かったですね。

1時半から2時半まで、滞在時間は短かったですが、都合4回来たと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年5月21日 (金曜日)

どうなんだろNEX

何となく突如として出てきた印象の、ソニーNEX-5と3。

一瞬マイクロフォーサーズかと思ったらそうではなく、1420万画素のAPS-Cミラーレス機。

「さすがソニー!」ですよやっぱり。韓国メーカーもAPS-Cのミラーレスを出しているけど、デザイン的にはこっちがはるかにいい。実際見た目のインパクトはすごい。

Nex5_s

マウント部が本体からはみだすくらいの異形のバランス。マイクロフォーサーズじゃなくてもここまで小型化できるという、ソニーのDNA誇示(笑

実際持ってみると、レンズが重くてバランス悪いんじゃないかと心配になるくらい。本体はほとんどコンデジと変わらんのじゃないかと思える。

機能的にはAVHCDにも対応しているので、パナのGH-2を更に小型化し、スタイリッシュに振ったイメージか。

先日、比較画像が公開されていた。オリのE-PL1やパナGF-1などのマイクロフォーサーズと比較していたが、APS-Cなのに、なんだかイマイチしゃっきりしない絵という印象だった。特にE-PL1との比較では明らかに周辺の解像感が劣っているように思った。レンズの差かもしれない。

ソニーらしい製品であり、今後の展開は楽しみだが、実写画像を見る範囲では逝けません(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年5月16日 (日曜日)

久しぶりにカワセミ撮影

秋ヶ瀬でキビタキを見てから、まだ時間が早かったので、久しぶりにカワセミの公園に

Brg_5386

。亀さんと話しているときに、ふと竹ざおを見るとカワセミが止まっていました。2時20分ごろから2分ほどいて、すぐに飛び立ちました。その後、5分くらいあけて戻ってきました。

羽の手入れ中です。

Brg_5458

じっとしているとマニュアルでもなんとかなります。

TC-16Aだと、対象が小さすぎるのか、なかなか合焦しません。

Brg_5477

飛び込みから戻るところ。餌ゲット失敗。こんなとき、マニュアルはいいですね。AFだと多分背景に引っ張られますが、マニュアルだとファインダーに捉えていれば何とかなります。特にカワセミの場合、飛び込みはあまりずれないのでそれなりのものになります(笑

Brg_5485

トビモノも、止っていた杭からのコースによっては結構ピントがあったままということもあります。

Brg_5559

Brg_5583 飛び込みからそのまま移動。水しぶきが残ってます。

この日は、ホバはほとんどなく、残念ながら練習になりませんでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年5月15日 (土曜日)

キビタキ見ただけ

秋ヶ瀬公園で、キビタキやオオルリが出ているという情報を聞いていたので、行って来ました。

ピクニックの森を一周歩いてみましたが、鳥の気配無し。1時間ほどで見切りをつけて、子供の森へ回ってみました。ブラブラ歩いていると、あまり聞いたことの無いさえずりが・・。カメラマンも数人集まっています。尋ねてみると、どうやらキビタキのようです。木の枝や葉に邪魔されてなかなか見つけられません。

それでも目のいい人はいるもので、教えてもらいながらやっと見つけることができました。真剣に視力回復訓練を始めることにしました(笑 免許の更新も近いし。

Brg_5217

鮮やかな色ときれいなさえずり。人気があるわけです。

初見初撮りですが、ピン甘で証拠写真にも苦しいです。

Brg_5230

じっくりと腰を据えてやらないと駄目かもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年5月13日 (木曜日)

ワンオフのリングを作成

今まで、FLT98APOでアクロマートAFを使うときは、オリジナルのリング(本来、カーボン鏡筒とフォーカサーを結ぶ役割のもの)にむりやり80パイ鏡筒をネジ止めして使っていました。これでもいいんだけど、直接鏡筒をつなげるようにしておけば、ドローチューブやら使えるかもしれないなあ、と思ってリングを作ってもらうことにしました。

Dsc00069

カーボン鏡筒の接眼側。なんと、カーボンに直接ネジを切っていました。カーボンは固いので、削ったり切ったりという加工は結構大変なはずなんですけどねえ。意外でした。内径は90ミリくらいです。

Dsc00067

これが完成品。右側に見えているネジが鏡筒に接続する側です。反対側は、75ミリのメスネジを切ってあり、Borgのリングが接続できます。

加工はこちらにお願いしました。特に希望しなかったんですが、内部までしっかりと黒アルマイト塗装していただき、面取り等の細部も含めて満足な仕上がりです。さすがのお仕事だと思います(笑

Dsc00070

左側がオリジナルのリングです。5ミリくらい薄くしてもらってあります。現状は写真のようにゴムパッキンで隙間調整してネジ止めしていますが、どうしても固定に難があります。取り外し前提なので仕方ないんですが、少しずつズレてきたりするんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月10日 (月曜日)

久々のみちくさ道路

コアジサシの飛翔を撮りに行きましたが、今日は完全にマッタリモードの2羽がいるだけ。飛んだと思ったらすぐ戻ってきて・・・。1時間待ってましたがあきらめてカワセミの公園へ。カメラマンが何人かいるのは確認しましたが、なぜか公園の駐車場は完全にキャパオーバー。以前は公然と行われていた路駐が1台も無い・・・。まだおとなしくしてないといけないので、残念ながらスルー(笑

おさまりきれずにみちくさ道路に行きましたが、ここはオオヨシキリの声ばかり。なのに遠くてほとんど見つけられません。セッカも頻繁に飛びますがやはり遠い。

Brg_5077

そう言えば、今年初めてまともにカワラヒワを撮ったような。

Brg_5088

オスのホオジロ。もう来ているんですね。

Brg_5114

遠くをひらひら飛んでいた鳥。とりあえず撮ってクロップしてみたら、コチドリのようでした。

このところ天気が良くて、すっかり日焼けしました。

今回は、ニコンのAFテレコンは使わず、Borg60EDに1.4倍テレコンをつけてマニュアル撮影です。

ニコンのAFテレコンは、レンズの移動幅が少ないため、ある程度マニュアルでピントを追い込まないと使えません。暗い場面ではなかなか合焦しないことも多く、結構イライラさせられます。また、飛びモノでは、無限遠あたり以外はなかなか追従せず、使えません。

マニュアルの技量を磨かねばなりませんが、撮影の快適さを考えれば断然マニュアルですね。結果はまだ微妙ですが(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年5月 9日 (日曜日)

北本のウグイス

オオヨシキリが来ているかも知れないと思って北本に行ってきました。

残念ながらT字路周辺のヨシはまだ伸びておらず、オオヨシキリの声は聞こえません。

鳥の気配はウグイスとシジュウカラだけなので、仕方なく高尾の池を見下ろす道を歩いて帰ります。

すると、すぐ目の前にウグイスが出てきました。

P1060118

新緑の時期の空気感が出ているなあ、などと思います。

さえずりはもう、ちゃんとできていました。

P1060126

今までこんなに近くでしっかりとウグイスを撮れた事がありません。そもそも藪の中にいることが多い鳥という印象でした。

この個体はサービスよすぎ?

P1060154

しかし見た目は地味ですね(笑

P1060162

おまけ。たまにはシジュウカラでも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年5月 7日 (金曜日)

コアジサシの飛翔にチャレンジ→惨敗

Borg友からいただいた情報に基づき、コアジサシを見に行ってきました。

もちろん、初見、初撮りです。

車で40分くらいの、中規模公園がその場所らしいです。池があったので行って見ると、普通にコアジサシが休憩していました。

Brg_4495

夏羽のコアジサシです。とまっているとパッとしません(笑

しばらく観察していましたが、人間をほとんど意識しておらず、適当に飛び回ってはホバリング→ダイビングで魚を取り、このベースに戻ってきます。

遠くであればAFでも何とか行けますが、近くでは全くついていけません。

修行も兼ねて、MFでチャレンジです。

Brg_4723

これじゃわかりません。まだコースの予測がつかないので、追従で精一杯です。

Brg_4789

うーむ、厳しいです。

Brg_4812

こちらに向かってくるときはなんとかなる確率が高いです。ヘリコイド操作だけで対応できますから。

Brg_4821

ダイビングから何かをくわえて飛び立ったところです。ダイブは何回か撮りました。かなりカッコいいんですが、残念ながら満足できる絵がありません。頭から突っ込む場合と、足から落ちる場合があるようです。カワセミほど深くは潜らず、水面直下を狙っていて、3,4回に1回の割合でゲットしています。

Brg_4839

魚をくわえてます。今日は小一時間で540枚撮りましたが、何とか合格点を出せるのはこの1枚だけ。

ホバからダイブで捕食するところはカワセミに似ていますが、飛び方は全く違い、直線的に飛行するカワセミに対し、変幻自在で、空中でインメリマルターンまがいの動きも見せます。飛び姿も非常にかっこいいです。色は地味ですが、鋭い顔つきといい、かなり魅力的な鳥ですね。 しばらくは通いそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年5月 5日 (水曜日)

大久保農耕地 チュウシャクシギ

連休最終日、昼前に大久保農耕地に行ってきました。前日、ムナグロの群れがいた水田には何もいません。しかたなく、B地区に行ってみますが、白サギくらいしか目に付かず、ぱっとしません。

ここで、以前カワセミを撮りに行った公園で知り合った方にばったり会いました。キャノンの50ミリとBorgの組み合わせでセミAFを実現されている方です。いろいろ情報をいただきました。

ブラブラするうちにチュウシャクシギがいるのを教えてもらいました。

P1060310

クチバシが曲がってますね。

初見、初撮りです。

P1060339

二羽で行動してました。番でしょうか。

角度によっては全く見つけられません。

あぜに溶け込んでしまいます。P1060413                                           

あまりの暑さと日差しの強さに、2時間ほどで切り上げてきました。  

暑熱のため、シーイングも悪いようで、写りはイマイチです(笑                                                                                            

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月 4日 (火曜日)

ヒバリのホバ

連休は特に予定もなく、朝はヘリの練習を続けてましたが、3日に2機とも落として意気消沈(笑

何だか、部品も無くなったしやる気なしモードに。

今日は顔を出したものの、鳥を撮って遊びました。カワセミも発見しましたが、遠くて見れる写真ではなかったです。

Brg_4146

田んぼのあぜに見慣れない鳥がいます。

Brg_4173

あぜをとことこ歩いています。結構見つけにくいですね。

Brg_41731

拡大するとこんな感じです。

イソシギだと思いますが、飛んでいるときは確か尾羽が白かった。とするとクサシギです。

うーん。ちなみにどちらでも初見初撮りです。

Brg_4226

ヒバリがミミズらしきものをくわえてました。これもかなり遠く、20メートルくらいです。

うろうろしていると、ヒバリのホバリングに出会いました。

さすがにAFはついていかず、全てMFです。

Brg_4323

10メートルくらいの距離なので結構鮮明に写せました。

これ以上近づくと、鋭い警戒音を発してそころ中を飛び回ります。多分巣には雛がいるんでしょう。

お騒がせなので遠慮して離れました。

Brg_4325

Brg_4410

クロップしないとこんな感じです。睨まれてます。

Brg_4440

おまけ。

今日は鳩山君も沖縄で袋叩きにあったようで、USAF機はグッドタイミングでした。

ほんとに、福田康と並んでどうしようもないカス首相でしたな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月 2日 (日曜日)

4月30日大久保農耕地

大久保農耕地に行ってきました。

ほんの2時間くらいでしたので、運動公園に車をとめ、すぐそこで待機してみました。

オオヨシキリが鳴いていますが、姿は見えません。アシの林の中からなかなか出てきません。

そうこうしているうちにヒバリがすぐそこまで近づいてきました。

P1050910

冠羽を立てていますね。珍しく、地面を歩き回っていました。

P1050948

12,3メートルの距離まで近づいてきました。

そうこうするうちに、土手の上でキジの鳴き声が。

P1050959

このところ、アクロマートAFのAFレンズに1000ミリを使っています。焦点距離は多少伸びたと思いますが、画質、特にシャープさはいまいちのような気がします。これはブレ対策なのか、それともレンズの組み合わせの問題なのか、検証する手段がありません。

この次は800ミリに戻してみようと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »