« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月29日 (木曜日)

HX5V第一印象

HX5Vは結構売れていますね。それも黒が。PSPのピアノブラックみたいな黒なら欲しいけど、これの黒は今いち。他にも黒いのはD300があるし、見飽きたし。

ということで、シルバーを買い、届いたので色々と使ってみました。

このコンデジの機能面の特徴としては

①AVCHDのフルHD動画を撮影可能

②スイングパノラマ

③GPS及びコンパス機能

かと思います。10倍ズームとか逆光HDRとか色々ありますけど、ブラッシュアップはされているものの、新しいというものでもありません。

①動画に関しては、正直びっくりしました。室内でもビデオ並みの動画が撮れます。

②スイングパノラマですが、ダイヤルでモード選択して、あとはシャッターを押したまま→の方向に動かすだけです。最後までスイングさせると、ほぼ180度の範囲で写せますが、途中でやめても、残りの部分は黒く残るだけなので、クロップでもすれば使えます。

Dsc00026

縦方向にもできます。

ソフト的に合成するよりはずっと簡単お手軽ですが、画像サイズは4912×1080となり画質も落ちるようです。画質の差については、暇なときに検証します。

③GPS内蔵は既にポピュラーですが、コンパス機能があり、即ちどの方向を向いて撮ったかが残ります。なかなか楽しそうな機能です。自分の環境では、IEの影響でエラーが出ましたが、IEをインストールしなおしたら正常になりました。と思ったら、しばらくしたらなぜか不明なエラーの連発。なんだこりゃ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年4月25日 (日曜日)

Flasher450 Sport調整編①

とりあえず組み上がりましたので、調整です。この機体の場合、最初からヘッド周りは組み立て済みですが、本来はこの時点ではスワッシュだけあればOKです。

まずはスワッシュサーボです。順番は人によって違うでしょうが、自分はまずリバース設定をやり、その後各サーボのセッティング(サブトリムやホーンの選定等)、ヘッドを組み上げての動作調整という流れです。

本来なら、機体には組み付けずに、サーボの動きを確認して、その上でどのチャンネルのサーボかによってリバース設定をするのが効率的かもしれません。 

なぜリバース設定が必要か?当たり前のことですが、サーボには動作の向きがあります。ホーンをどの方向に回すかということですね。

Dsc00054

この写真では、サーボの左側にホーンがついています。このとき、上方向にホーンが動く方向をプラス、逆をマイナスとすると・・・。

反対側にあるサーボは右側にホーンがついてます。つまり180度回転しています。ホーンが上方向に動く方向は、左のサーボに置き換えると、マイナスになります。

CCPM方式の場合、スロットルスティックを上に上げると、スワッシュは水平に上に上がります。つまり、3個のサーボは全てホーンを上に回すわけです。上述の2個のサーボを例にとると、お互いに反対方向にホーンを回す必要があるわけです。従って、片方をリバースしないといけない、となります。このようにして3個のスワッシュサーボの設定をします。スロットル(ピッチ)、エルロン、エレベーターの各舵の入り方によってサーボをどの方向に動作させるかは、プロポにすでに入っているわけで、どうしても調整できないということは無いはず。

ここまで終ると、次はサーボのニュートラル出しとホーンの調整です。

Dsc00054_2

Dsc00055

サーボは上から下まで、2枚の写真くらいの動作角があります。今はニュートラルを出すためのサーボチェッカーとか、プロポに同様の機能が入っているものもありますが、自分のFF7ではそんな気の効いたものはありません。プロポのピッチカーブは普通0から100%まででサーボの動作角を設定するようになっています。スロットルスティックが中立(センター)にあるときにサーボのセンターが出るように調整します。というか、普通スロットルスティックがセンターのときにサーボは中立なんです。つまり50%なんです。多分(笑 この設定だと、ピッチ角を-10度くらいから+10度くらいまで使えます。3D向けです。

で、スロットルスティックをセンターにし、その状態でホーンが水平になるように、もっと言うと、ホーンのリンク取り付け部分と軸中央を結んだ線が地面と水平になるように、ホーンとリンクボールの取り付け位置を決めます。尤も、サーボの回転軸は30Tくらいのギヤなので、12度くらいの幅でしか調整できません。ばっちり合うほうが少ないです。あとはサブトリムで調整するしかないです。一番ちかくなるようにホーンを取り付けます。あとは目分量でサブトリムを調整します。ふう。文章にすると結構長いな。

一応、3つのホーンが水平になったとして、ここでリンケージをつなげます。リンケージの寸法があっていれば、スワッシュは水平になるはずです。ここで、スワッシュレベルチェッカーの登場です。

Dsc00039

こんな感じです。チェッカーの3つの足とスワッシュとの接点にズレがなければOKです。理想は下から上までということですが、自分が使う範囲で水平が出ていればいいだろうと思います。ここでは基本的にリンケージで調整です。ひとつひとつ固めていくということですね。

ここで、ヘッド周りの組み立てです。そんなに難しいものではないです。いったん組上げたところでピッチの調整です。ブレードがちゃんと0度(水平)になっているかどうかを確認します。

Dsc00058

まず、プロポのスロットルをセンターまで上げます。このとき、サーボもセンターが出ていて、スワッシュも水平になっているはずです。この状態で、フライバーコントロールやミキシングアームが水平になるように、リンケージで調整します。

ここまで終ると、次はピッチです。サーボがセンターの状態で、ピッチがゼロ度になっているはずです。なっていなければ、これもリンケージで調整します。

次はラダーです。(続く)

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2010年4月19日 (月曜日)

大久保農耕地 ムナグロ ダイゼン 揃い踏み

いい天気の一日、あまり時間は無かったんですが、大久保農耕地を覗いてきました。

P1050606細い畦道に二羽でじっとしていました。

あまり期待していなかったのでびっくりです。他には見当たらず、どうやらハシリのようです。

P1050625

手前はムナグロだと思います、多分(笑

向こう側はどうやらダイゼンの若かなと思います。

P1050728

上の写真の個体が一羽で田んぼを歩いているようです。                                                                     

P1050754

模様も大きさも、ムナグロとダイゼンは結構違います。

 

P1050766

他にもヒバリが元気にさえずり、ツバメが飛び始め、カワセミも見かけました。

春の陽気で、非常にさわやかな鳥見が楽しめました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年4月15日 (木曜日)

中華そば 旋

仕事帰りに、北浦和の「中華そば 旋」に行ってきました。

途中下車なのでお金もかからず、ラッキーです。すぐ近くに、結構有名な「百歩ラーメン」があるので迷ったんだけど、最近の評価は「旋」が高いのでそちらを優先。

北浦和には7時15分頃到着。新宿には都合14年ほど通っているけどずっと素通りしていた駅です(笑 駅前から大通りをまっすぐ歩いていきます。サティの手前が目指す場所です。

Img_0347

外に行列がありません。平日の7時半頃、店は狭そうだったのでちょっと意外でした。店内に入ると、8席くらいのカウンターでひとつ空いています。最初なのでとりあえず特製中華そばをオーダー。

Img_0343

店員は男二人。どちらも若いです。黙々と仕事していますが、それほど手際が良いとは思えません。それでも5分ほどで出てきました。

Img_0345

なかなかいいビジュアルです。特製のココロは、味玉1個とチャーシュー2枚ってことでしょうか。チャーシューはかなり分厚いですが、特別目立つほどではないです。

さて、まずはスープをズズっと。

結構熱いです。アブラがかなり浮いてました。まずは魚介の味が飛び込んできますが、ベースになっている豚骨のまろやかさが徐々に効いてきますね。このクリーミーな感じは狼煙に似ています。豚骨魚介系の中では、かなり豚骨に振っているスープだと思います。麺は中太のちぢれ麺ですが、ここまで豚骨が強いと、ストレートの麺のほうがあっているようにも思います。

無事完食。自分が座ったあたりから外に行列ができました。といっても4人くらいですが。

やはり人気はあるようですね。かなりレベルの高い味だと思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年4月12日 (月曜日)

大久保農耕地に行ってきました

荒川の羽根倉橋上流の河川敷に広がる広大な大久保農耕地。シギ、チ類のスポットとして有名なところです。そろそろ田んぼに水が入ってくる頃だろうし、運がよければダイゼンとかコチドリがいるかもしれないということで行ってきました。場所は知っていましたが実際に行くのは今回初めてです。

Dsc00043 HX5Vのパノラマ写真です。実際は、車のわきの道と左端に見えるサイクリングロードは90度に近い角度で交差しています。こんな感じで基本的に田んぼか畑で、ところどころ葦原や潅木林が散在しているという場所です。ここは荒川総合運動公園を境にして北側をA地区、南側をB地区と呼んでいるらしいです。A地区はきれいに区画整理された農耕地ですが、こちらB地区は昔ながらの田畑ですね。

歩き始めていきなり猛禽が上昇を開始しましたが、あっという間に飛び去ってしまいました。期待したシギ類は見当たらず、コサギが2,3羽いるくらいです。

Brg_3851

タヒバリかと思います。これくらいしか見つけられず、運動公園まで移動します。

Brg_3888

 

カワラヒワです。そう言えば、この冬はほとんど見沼に行かなかったし、今年初めて見たような・・・・。ピンボケですが証拠ということで(笑

ここで盛んにホバリングと飛翔を繰り返しているスリムな鳥を発見。遠くて何かは不明だけど取り合えず。

Brg_3951

ハヤブサ科のような気がしますが、ちょっと翼が長すぎるかな?

チョウゲンボウ?

残念ながら確信はありません。

Brg_3952

スピードはかなり早いけど、ある程度コースが読めるのでなんとかついていけました。 

何かはわかりませんが初見、初撮りです。

来て良かった(笑

A地区も一応見ておこうと思って公園の反対側に移動。

すると、駐車場の上でホバリングを長々と続けている猛禽を発見。子供たちが遊んでいる真上で、風に乗って遊んでいるような雰囲気。

近くの塔に止りました。

Brg_4057 ノスリですか?

もうちょっと寄ってみます。

Brg_4077この直後に飛び立ちました。羽根を広げたところが撮れていれば良かったんだけど。

いずれにしても初撮りです。

2時間くらいの鳥見でしたが、猛禽を2種類確認できたので大満足です。これから6月ごろにかけてはここに通うかな(笑

Brg_4000 

おまけ。

クチバシのつけ根あたりの色が非常にキレイですね。 

画像は、パノラマ写真以外は全てトリミングしています。 

   

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年4月11日 (日曜日)

Flasher450 Sport 組立編②

さあ、組立です。

カーボンのフレームはほぼ組立られているけど、平らなところに置いてみると少しゆがみがあるような感じ。まあ、ほとんど気にならないからへたに調整はしないことにする(笑

ボトムプレートの一番うしろ、テールブレースを止めるネジ穴が片方ぐずぐず。でも他にはこれといって不具合は無く、組立はさくさくと進む。

Dsc00028

まずはモーター取り付け。最近のものはボディのカバーごと回転するらしい。そのほうが冷えるのか?

Dsc00032

今回一番苦労したのはサーボマウント。この小さい部品なんだけど、これの左側には切れ込みが入っていて、その部分をフレームにはめこむ。で、穴の部分にねじどめ。なんとなくわかっていたんだけど、やたらに固くて入らない。壊すのはイヤだし、いろいろ試した挙句、Sportを所有している人に電話で確認(笑

なんとか確証を得て強引にはめこみました。

Dsc00038

なんとかサーボ取り付け。

メインギアの下にアンプが見えます。ヤフオクでよく見るやつです。

Dsc00040

ジャイロは下向きに。GP750ならジャストフィットなんだろうけど、これはここしかつけるところがない。ちょっとはみだし気味(笑

ラダーサーボが巨大。あまり前にもってくるとジャイロと干渉してしまいそう。

Dsc00042

組み立て終了。ここまでは大きな不具合もなく、なんだかうまくいってしまいそうな予感。あとはアンプの設定、サーボのチェックをやってからヘッド周りの調整とプロポの設定に続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年4月 8日 (木曜日)

ペット葬儀の業者が逮捕されましたね

埼玉の山奥にペットの死体を遺棄していた事件、犯人の業者が逮捕されましたね。

この件では、3月末から一部ブログやネットでかなり話題になってました。ことの発端は、板橋のペット関連業者が、猟友会の人から「埼玉の山奥に犬の死体が捨てられている」という話しを聞き、実際に現地に行って見たことから始まっています。このあたりの経緯は、ググれば必ずヒットすると思いますのでセルフサービスでどうぞ(笑

その報告を見ると、どうやらペットの葬儀業者が、火葬にする金惜しさに捨てていたらしいのが推察できます。自分のところでも2年前に、13年間一緒に暮らしたラブが死んでしまい、火葬にしてもらいました。仮にその子がどこかの山奥に捨てられ、こちらには別の骨を渡されたとすれば、とても許せるものではありません。

まあ、ペットを飼ってない人や、犬や猫が嫌いな人からみれば理解できないかもしれませんが、情の問題ですからね。金ではないです。許せない所業です。

で、その遺棄場所は正丸峠。正丸トンネルの手前を右手に入り、5分くらい走ったところ・・って自分が何回も走った道ですやん。うーん。確かに民家もポツリポツリしかなくて、道も狭くて、関係者以外が入ってくることはあまり無さそうですね。通るのは物好きなバイク乗りくらいです(笑

でも、なんだかこんなことは他にも行われていそうですね、気になります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年4月 7日 (水曜日)

普天間移設、相変わらず揺れてる

はたから見ているとおもしろいほど情けないこの問題。

ハトヤマは、自ら宣言した「3月中の政府案確定」を果せず、別に法律で決まっているわけでもない、と開き直る。首相ともあろう者が、自らの約束を反故にしたことに対して恥じるでもない。恐ろしき厚顔無恥。本来なら切腹モノだ。もうこれで完全に切れました。首相になってはいけない男ハトヤマ。金なら腐るほどあるんだから一刻も早く引退しろってところですね。

ところで、この問題。沖縄に米軍がいることは日本の防衛上も非常に重要なのは明白。

そもそも、自国の軍隊を持たないでアメリカの傘の下に入ることを選択しているんだから、基地を受け入れることは仕方が無い。沖縄の人も確かに大変な思いをしているだろうけど、戦略上重要な地域である以上どうしようもない。

社民みたいに何が何でも県外移設、というのは、基本的に中国が好きだから。中国に利することをしたいから。オザワと同じ。沖縄の米軍戦力が縮小すれば、中国が何をするか、それこそわかりきったことだから、さすがに馬鹿なハトヤマもそれはやらない。やったら死刑だ。

本来、戦後にアメリカから押し付けられた憲法を後生大事に戴いているのがおかしいと思う。自分は別に右翼じゃないけど、自主憲法が無く、軍隊も無い国が国と言えるのか疑問ではある。

いっそ、基地がいやな沖縄県民を、政府の金で本土に移住させるのはどうだろう。もちろん職業や生活基盤を保障して。もともと沖縄県民の平均所得は東京の半分しかない。暴論か?暴論でしょうね。

話しは飛ぶけど、政権が変わって何かいいことがあったか?なーんも無い。

国の借金は増えるばかりなのに、こどもやら高校無償化やら・・・デフレ下でそんなことしたって消費が増えるわけがない。全部貯金するよ普通の人は。下の下の策でしょ。全く、いくら選挙が近いといっても、55兆円の赤字を出してまでやることか?思考停止としか思えない。

ちょっと前に「核の密約」を暴いたのが政権交代の成果だとか言ってオカダが喜んでいたけど、本当のアホだ。歴史観も国家観も外交感も無い。

民主には金輪際投票しませんが、自民も自民でアホですねえ。年寄りが今になって外に出ていったいどうするんやろ?70過ぎた人がバタバタしちゃだめだよなあ。お茶飲んでおとなしくしてればいいのに。その分、若い人に譲ってやれよと思うのは自分だけか?

大体、政治家に特権与えすぎるから、地位に恋々として、選挙のことしか考えなくなるんだよなあ。政治家が、忙しくて大変で実入りが少ない、割りに合わない仕事だとしたら、誰も子供に世襲させようなんて思わないだろう。政治家はいい商売なんだな。名古屋の川村さんがやろうとしている、議員報酬二分の一っていいアイデアだよなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年4月 6日 (火曜日)

新宿のホームレス

職場のある新宿西口、10年以上前は、それこそホームレスの集合場所だった。

夜9時ともなれば、通路の両脇にダンボールハウスを組立て、朝の7時過ぎまでそのまま。臭うし、なんともいえない不安感みたいなものを感じていた。ただ、いつかは自分も仲間入りするかも、ということも頭をよぎり、同情と嫌悪が入り混じった感情を抱く。

そのホームレスが、ここ数年めっきり減ったと思っていた。どこへ行ったのかなあ、と漠然と思っていたが、先ほどニュース番組を見ていたらナゾが解けた。

彼らは夜遅くになるまでダンボールハウスを作らず、朝早くには撤収して移動してしまうのだ。確かに、夜退社する時には、みずほの宝くじ売り場前に、それらしい人達が手ブラでたむろしている。

ただ、目に付かなくなったというだけなんだな。

でも、なんとなく安心した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年4月 4日 (日曜日)

Flasher450 Sport 組立編①

T-REX450SEを組み立ててからもう間もなく2年が経つ。とにかく落としまくったし、フレームとかマウント以外はほぼ全て部品交換している。そうは言っても、だんだんくたびれてきたなあ、という印象が強まってきた。

いつも一緒に飛ばしている人達は既にT-REX450Sportを導入して二機体制。落としても予備があるというのは安心感があるし、チャレンジは古い機体でやればいい。

まあ、どちらにしても落としまくるとは思うけど、二号機を買ってみました。500と激しく迷いまくったんだけど、まだランニングコストが高いので、500はこの次。

Dsc00013

T-REXが安心と言えば安心なんだけど、金がないのでクローン機体のFlasherに。メカがとにかく安くて、ジャイロのグレードはかなり落ちるように思うけど、1万の価格差には負け(笑 それと、半分は怖いもの見たさと人柱精神(笑

Dsc00015

パッケージと中身。機体はカーボンフレームで、どうやら本当に細部まで含めてT-REXと共通っぽい。

Dsc00029

スワッシュ用サーボ。メーカーはコロナ(笑 一応、デジタルのメタルギア。アライン純正のDS410MGやDS420は、どうもすぐ壊れるという印象があって、どちらも一個ずつ原因不明の突然死をしている。どうせアラインはHi-TECとかのOEMだろうから、これでも大差ないでしょう。

Dsc00031

ラダーサーボ。型番からもわかるように、中身はフタバS9257と同じらしい。ほんとか?

Dsc00030

ジャイロ。怪しさ爆発。ヤフオクでよく見かけるデザイン、Mysteryとかとそっくり。まあ、T-REX450Sportはテールの動きがめちゃくちゃ速くてシビアなので、多分ジャイロのせいじゃいろうから鈍くても問題なし。

これに馬の骨メーカーのモーターとアンプが付属。あとは受信機とバッテリーとプロポがあれば飛ばせますという、コンボセットで3万しないんです。そりゃ負けるわ。

組み立てとメカ搭載は、穴があわないとか寸法に収まらないとか、そういうトラブルがなければ2時間もあれば十分だけど、せっかくなのでじっくりと楽しみます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »