« らきすた絵馬ストラップ | トップページ | 日曜もカワセミを見に »

2009年12月 6日 (日曜日)

12月5日

土曜は午後から天気が悪くなるという予報だったので、W.OとアクロマートAFの調整やら何やら・・。

朝一でヘリを久しぶりに飛ばしたけど、上空に行ったら姿勢がわからなくなり、あえなく墜落。久しぶりなのと、寒いのとで細かい舵が打てない。これからは早朝が厳しいな。

W.Oは鏡筒長の調整というか、撮影可能距離の確認。

Snp_1467 50ミリ鏡筒×2、25ミリ鏡筒×1のバージョン。

これで無限遠が出ますが、最短は8メートル程度。近くにいるのにピントが合わないというのは途轍もなく精神衛生上良くないのであまり使いたくないパターンだな。

Snp_1470 こちらは25ミリ鏡筒を追加したバージョン。

40メートルくらいから5メートルくらいまでピントが合います。EXズームのSサイズを使うと、結構大きく写せるので、遠くもOK。無限遠とは言わないけど、もう少し遠距離もほしい。

当面は鏡筒が長い方のバージョンが主となるかと思いますが、やはり本気で調整装置の導入を考えるべきか。

P1020143 調整中に隣の庭に来た鳥達を(笑

去年はジョビ子ちゃんだったけど、今年はジョビ男君のようです。

P1020145 メジロ。

P1020162 5メートルくらいのヒヨドリ。

よくよく見ると、結構複雑な色合いをした羽を持ってますね。ツンツンの頭もイケてるかも。

画像は全てリサイズと、露出調整、アンシャープマスクを50%、半径5%で。

カメラは、フィルムモードをバイブラントにして、シャープネス-2、NR-2としています。これはS大師匠の設定に追随したもの。カメラ側で処理するときにはシャープネス処理をかけず、ソフトでコントラストを調整するという考え方のようです。また、NRをかけるとどうしても細部がつぶれたようになってしまいます。アンシャープマスクの処理は色々なパターンが考えられますが、ギラギラせず、なおかつ鳥の羽毛が際立つようにするにはあまり強くかけないのがいいようです。

|
|

« らきすた絵馬ストラップ | トップページ | 日曜もカワセミを見に »

コメント

今日はご苦労様でした。
Well-Uさんが帰られてからは、午後1時過ぎにまずオスが来て、その後、メスも来たのですが、2羽が並んだのは立て看板の上で絵になりませんでした。
また、水浴びなども日陰でするので、いい写真が撮れませんでした。
ところで、ホバリングはちゃんと撮れていましたか?

投稿: 亀さん | 2009年12月 6日 (日曜日) 23時15分

ヒヨドリ、ムクドリは数が多いし声が悪いしちょっと大きいし、で人気はないようですが、愛嬌はあって意外にカワイイですよ。
あのムースを付けた様な髪型も含めて(笑)

投稿: くろムル | 2009年12月 7日 (月曜日) 00時38分

亀さん、どうもお疲れ様でした。
アメご馳走様でした。
ホバはさっぱりだめで、なんとかカワセミだとわかる程度でした。
ピントはかなり手前にあっているようでした。
これは本気で練習が必要ですね。

投稿: Well-U | 2009年12月 7日 (月曜日) 21時55分

くろムルさん、毎度です。
あの鳴き声と、やたら偉そうな態度はなんとかしてもらいたいですが、意外ときれいな羽をしてますよね。
まあ、派手ではないですけど(笑

投稿: Well-U | 2009年12月 7日 (月曜日) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99702/46953465

この記事へのトラックバック一覧です: 12月5日:

« らきすた絵馬ストラップ | トップページ | 日曜もカワセミを見に »