« 意外に長持ちのG-1バッテリー | トップページ | アクロマートAFでの月 »

2009年11月29日 (日曜日)

カワセミには振られるも、今期初見も

天気予報によると、土曜はいい天気だが日曜は朝から曇りとのこと。寒くもなるようなので、土曜の9時過ぎ、先週いい思いをした公園へ。

先着のカメラマンは数名、三脚も4つしかない。初めて最前列に陣取るが、なんで人が少ないのか考えるといやな予感が・・・・。

先着の方によると、9時頃オスがきて水浴びして帰っていったとのこと。

まずは、アクロマートAFレンズの取り付け位置によってどう変わるのか試してみる。

Brg_1452 まずはゲタを2.5センチほど履かせた状態。

300ミリポジションで池の対岸の釣り人・・合焦せず。

Brg_1454 これ以上は無理。マイナス2センチ以上。

同じく・・合焦。300ミリの少し手前でOK。

このシステムの場合、対物との距離だけでなく、ZDの中玉との距離も変わってしまうので、訳がわからないというか、予想できない。

通常、対物との距離が変わるだけなら、下駄を履かせれば鏡筒を縮めたのと同じ効果と思われるので、焦点距離は縮まるはず。つまり、今回の場合、ゲタをはずしたら益々合焦から遠ざかるはずだったんだけど、正反対の結果が。

やってみないとわからないというのが結論。やはり鏡筒長だけで調整するのがいいみたい。

ところで、そんなことをやっていても全くカワセミの気配はない。

途中、60EDを持って公園をブラブラ歩いて暇をつぶすうちに、ツグミとシメを見つける。

Brg_1344 やけに色の薄いツグミ。

初期は木の上に止まることも多いみたい。これから寒くなると、地上で採餌する姿を見せてくれる。

Brg_1385 どうやらシメ。

遠いなあ。

午後1時半まで粘ったけど結局姿を見せず(泣

カワセミには完全に振られました。

芝川やら他にも見れる場所はあるが、ダイブとホバが目的なのでこの場所がベストなんだなあ。

|
|

« 意外に長持ちのG-1バッテリー | トップページ | アクロマートAFでの月 »

コメント

火曜日に、池の上空にノスリが旋回し、カワセミが警戒しているのでは…とのことです。
日曜日は、午前中2回。9時半からは姿なし。
午後は、1時40分に一瞬。
みんなが帰った3時頃からオス・メスが来ました。
4時頃帰るときにも、まだいました。
ただし、水浴び、餌獲りはしましたが、ホバリングはしませんでした。

投稿: 亀さん | 2009年11月30日 (月曜日) 01時56分

亀さん、情報ありがとうございます。
そうですか、夕方の方がいいのかもしれませんね。
ノスリなどの猛禽類を警戒するというのは確かでしょうね。
どうも、猛禽類を見た場所にはしばらく来なくなるようです。
北本の自然観察公園ではそうでした。

投稿: Well-U | 2009年11月30日 (月曜日) 08時39分

いやぁシメですか、良いなぁ。

やつはイカルに似てるので一瞬見間違える時があります。

ま、自分だけでしょうが(笑)

もちろん声が聞こえれば間違うはずも有りませんが。

もう葉が落ちて鳥も見やすくなってますか?

自分もそろそろ撮影に山に行きたいです。

今のところバードウォッチングの趣味仲間って

well-uさんだけなんですよね^^;

投稿: 辰ニイ^^ | 2009年11月30日 (月曜日) 08時51分

辰ニイさん、毎度どうもです。
こちらはまだ葉っぱが残っている状態ですね。
あと一月もすればだいぶ鳥を見つけやすくなると思います。
山はもうOKじゃないですか?
写真楽しみにしてますよ^^

投稿: Well-U | 2009年12月 2日 (水曜日) 20時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99702/46889597

この記事へのトラックバック一覧です: カワセミには振られるも、今期初見も:

« 意外に長持ちのG-1バッテリー | トップページ | アクロマートAFでの月 »