« 久しぶりにみちくさ道路に | トップページ | カワセミ祭り-アクロマートAF編 »

2009年11月17日 (火曜日)

望遠鏡AF化その6 - Lumix G1を導入

光路長の調整をあれこれ繰り返し、やっぱりドローチューブか何か必要かな、と思いつつ・・。

E-620での検討中ながら、いずれ必要になるとパナのG1を導入しました。ムービーの撮れるGH1と迷いに迷いましたが、結局はあまり使わないだろうという結論。その割りに価格差は大きいし。

Brg_0259 レンズセットを買ったんだけど、何にしてもフォーサーズ用のマウントアダプターを買わないといけないので、レンズを売却。おかげで随分安く手に入れることができました(笑

Brg_0261 デジイチとしてみると、ファインダー部分が異様に大きい。アイセンサーのせいか。

ボディの触感がなんともいえず新鮮。通常の、シボがついた硬いプラスチックではなく、表面がやや柔らかくてしっとりとした触感で、持ちごごちがよろしい。

Brg_0254 マウントアダプター。フォーサーズマウントのレンズを使えるようにするもの。

電気的にはそのまま通すようで、コントラストAFもちゃんと使える。改造したZD用。

EVFの見え味はいまいち。なんか気持ち悪い色というか、黄色がかっていて変な感じ。D300に持ち替えると目が良くなったように感じたり。まあ、慣れの範囲かと。

G1と例の改造ZD、FLT98を組み合わせ、土日は調整をしました。80パイの延長筒を組み合わせて、無限遠から5メートルくらいまで合焦できるように・・・。結論は、やはりドローチューブやヘリコイドなどの可変長機構がないと無理、というか近くはどうしてもズームポジションをワイド端に持ってこなければならず、その場合は周辺がケラれるということですね。ただ、仮に可変長機構を使ったとしても、それで実用に耐えるかどうか疑問も残ります。ドローチューブはがたつくし、ヘリコイドは高くて何となく接続が難しそうだし。

新たな発見というか、目からウロコが一枚落ちる発見があったので、もう少し詰めてみたいと思います。

|
|

« 久しぶりにみちくさ道路に | トップページ | カワセミ祭り-アクロマートAF編 »

コメント

G1に来ましたか。今実売ベースでC/Pが最も高いカメラの一つですよね。カメラとしての成りはアレかもしれないですけど、使うと基本性能がしっかりしていて「やるじゃん、パナ!」って思ってしまいました。活用楽しみにしています~

投稿: くろムル | 2009年11月18日 (水曜日) 07時59分

ムルさん、どうもです~。
お忙しそうですね、健康第一でお願いします(笑
G1は初心者にもわかりやすい操作系というか、コンデジの延長にあるようなメニュー構成とスイッチ群ですね。
手触りって、デジイチでは一顧だにされない要素だと思いますが、G1は女性を意識しているのか、妙にしっとりした感じで悪くないです。このアタリにも家電メーカーのアプローチが垣間見えるような。
当面鳥専用で使いますが、小さくて軽いのでスナップにもいいかもしれませんね。

投稿: Well-U | 2009年11月19日 (木曜日) 09時08分

こういうカメラって
野鳥撮影にも威力を
発揮してくれるんでしょうかね?

気にはなりますね^^

投稿: タッチャン | 2009年11月21日 (土曜日) 17時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99702/46773433

この記事へのトラックバック一覧です: 望遠鏡AF化その6 - Lumix G1を導入:

« 久しぶりにみちくさ道路に | トップページ | カワセミ祭り-アクロマートAF編 »