« 鳥がいません・・ | トップページ | 望遠鏡AF化その5 »

2009年11月 8日 (日曜日)

望遠鏡AF化その4

やっとパーツが揃ったので組んでみることにしました。

というよりも、光路長の確認が主たる目的ですが。

まずFLT98APOのフォーカサーを外します。もったいないけど(笑

そこにBorgの80ミリ鏡筒の25ミリを取りつけます。穴を三か所あけてむりやりネジで止めました。反対側にM68.8→M75ADと「7507」を取りつけ、ミニミニドロチューブをつなぎました。

さらに2インチ延長筒を介してフロントヘリコイドセットのアダプターを使って25ミリを連結。

Snp_0075 こんな感じです。

これでちょっと試してみましたが、無限遠が出にくいようです。ZDのズームポジションを変えればある程度調節できますが、周辺減光がでたりしてうまくいきません。それに、AFレンズが駆動する際、ミニミニドロチュープにぶつかってしまいます。

Snp_0076 80ミリ鏡筒の間のミニミニドロチューブが50ミリ以上あります。ここを変えればなんとかなるかも。

ということで、80ミリ鏡筒の50ミリのものを使ってみます。

Snp_0077 光路長の調整機構、たとえばドロチューブやヘリコイドのようなものが欲しいのですが、まあそのうちということにします。

これで取りあえず試写してみます。

|
|

« 鳥がいません・・ | トップページ | 望遠鏡AF化その5 »

コメント

亀さんはいろいろ考えたんですが、まず、今のレンズで、ニコン対応の1.5倍か2倍のテレコンバーターを付けてみようかと思うのですが、どうですか?
それで、満足できなかったら、レンズも含めて検討しようと思うのですが、ご助言下さい。

投稿: 亀さん | 2009年11月 9日 (月曜日) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99702/46711238

この記事へのトラックバック一覧です: 望遠鏡AF化その4:

« 鳥がいません・・ | トップページ | 望遠鏡AF化その5 »