« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月28日 (水曜日)

季節はずれの花粉症? 

9月の半ばからどうも鼻の調子が悪くて、10月に入っても治らない。

従来から花粉症なので、年明けからG.Wごろまでつらいんだけど、この時期におかしくなったのは初めて。

ということで病院に行って検査してもらってきましたよ。もちろん血液検査です。

検査というと、なんか試薬を着ければ色が変わり、この色ならヒノキ、これならスギ、みたいにわかるのかと思っていたけど、そんなわけは無く(笑 いくつかコースに別れているようです。

今回はハウスダスト、ダニコースと秋の植物コースを選択。冬は間違いなく当たりのはずだし。

で、一週間待って結果が出ました。

Snp_9905 ハウスダストやダニの下は稲科の植物や雑草です。

右側の数値がアレルギーの指標とのことですが、一番高いギョウギシバでも1.95。

医師の話だと、4を超えると臨床的に症状が出てくる人が多いとのこと。ただ個人差があるので・・。

え・・・あんなに鼻水やくしゃみでしんどい目に会ったのに、大したアレルギー反応は出てない?

どうも釈然としない結果がでました。花粉症ではなく慢性鼻炎なのかなあ?

あ、ちなみに検査費用は5000円くらいでしたよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年10月26日 (月曜日)

望遠鏡AF化その3

続いてはAF用レンズの取り付けです。

これはZDの鏡筒58ミリにリングを使って取り付けるだけです。

その前にZDの前玉を取ります。押さえのリングの下には、レンズ枠がありますが、3か所に切り欠きがあるので、ここにドライバーとかをひっかけて回します。これが結構硬くて予想外に大変でしたよ。鏡筒が回転するのでイラつきます。結局二人がかりでした。

前玉が取れれば、あとはレンズを取り付けたリングをフィルターネジにねじ込むだけです。

Snp_9908 焦点距離800ミリのレンズを使いました。

先達の方は他にも色々なレンズを試していただいたようで、今のところこれがいいようです。

600ミリのものも仕入れたので、こちらでも試してみるつもりですが、基本的に写りに変わりは無く、焦点距離とか鏡筒長が変わるのではないかと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年10月25日 (日曜日)

望遠鏡AF化その2

Snp_9913 さて、次は鏡筒です。

その前に、ZD70-300はズームで鏡筒が繰り出し、AFで回転します。そこで、300ミリポジションの時に鏡筒がどれくらいせり出すか、計ってみると約10センチ・・。まあ、300ミリだからそれくらい出て当然です。ニコンのもそれくらいは出ました。

なぜこんなことをしたかと言うと、ZDとの接続用にBORGの80パイの延長鏡筒を使うつもりなんだけど、BORGパーツを対物側に使うために、フロントヘリコイドアダプターセットを買ったからです。

Brg_9654 左側が対物方向になります。このセットにしかついていない77.6→60のリングが欲しかったわけです。これに2インチのパーツがつながります。

ただし、2インチなので、ZDの先端部分より細く、ズームによる繰り出しによってぶつからないように距離を確保する必要があります。

結局、もう一つ80パイの50ミリ延長筒を買いました。

写真右側のリングを外すと、さらに内側にリングを接着してあります。50ミリ延長筒はここにつなげることができます。

Brg_9656 これがつないだ状態です。

これで約10センチの距離を稼げます。右端をZDのレンズに差し込めばいいわけです。

ところが、リングが邪魔です。このリングをとって、さらに鏡筒の地金にきってあるネジ山をちょっと削らないとZDの鏡筒には入りません。

Brg_9888 リングは接着してあるため、金ノコで切れ目をいれ、ヤスリで切断し、ドライバーを無理やり差しこんでボキっとおりました(笑

さらにヤスリで削ります。手作業です(笑

電ドルあれば楽だよな~とか思いながら、黙々と。

てことでほぼ完成しました。

Snp_9913_2

グリグリっと押しこみます。

ネジ止めしている人もいるようですが、ほとんど必要無いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年10月24日 (土曜日)

望遠鏡AF化その1

私は追随派です(笑

先達の功績を頂戴したいと思います。

Secnat氏開発の「アクロマートAF」の概略は

①オリンパスZD70-300を改造してAFユニットとする

②パナソニックのG-1、GH-1を使い、高速なコントラストAFの恩恵を受ける。

さらに、G-1シリーズの機能であるEXズームを使い、画角(焦点距離)を稼ぐ

ということでしょうか。そして、改造の概要は

①前玉を抜く

②前玉の代わりに適当なレンズを取り付ける

③望遠鏡と接続するための処置(BORGの80パイ鏡筒を圧入、ちょっと削る必要あり)

④望遠鏡との接続のためのパーツ組。ここで光路長の調整が必要

てな感じです。では早速実行!

Snp_9309 ZD70-300の内部鏡筒は内側に58ミリのネジが切ってあります。

前玉はレンズ押さえのリングで止めてありますが、回すための手掛かりは無し。仕方ないのでドリルで2か所穴をあけて、これに適当なものをひっかけて回します。

写真は穴をあけたところ。100円ショップで買った2ミリのドリルで、慎重にやりましたが、レンズをちょっと削ってしまいました(爆 まあ、仮にもとに戻して使うにしても影響はありません。

Snp_9310 二か所に穴をあけ、ここに適当なものをひっかけて時計と反対方向に回せば、リングが外れます。そんなに固くは無いです。多分、オリで修理とかゴミ掃除をする場合も同じようにやっているのでしょう。

次にこの内部鏡筒の先端にAF用レンズを付けます。

このAF用レンズですが、Secnat氏のトライアンドエラーの結果、某社のアクロマートレンズが良いとのこと。もちろん他にも無数の選択肢があると思います。暇なときに試すのも一興でしょうね。で、買ったのは50ミリ径の焦点距離800ミリと600ミリのもの。

これを取り付けるためには、当初52ミリあればいいと思って58→52のステップダウンリングを買いました。これの52ミリの枠にレンズを入れて鏡筒先端に取り付ける手はずだったんだけど、実際は全然入らず。さすがにレンズを削る勇気はなし。で、逆に52→55のステップアップリングを買うはめに(笑 58→55を買わないところが我ながら変。

Brg_9645 ステップアップリング。これにレンズをつけた上で58→52に取り付けることになります。

55ミリの枠だとさすがにブカブカです。 少しでも光軸ズレを回避するため、接着剤付きのゴム板を周囲に貼り付けました。ホームセンターで90円(笑

コパ面の黒塗りも兼ねてます。今回自分で工夫したのはコレだけ(核爆                             Brg_9646

Brg_9648 こんな感じでほぼぴったりと入ります。多少の動きでずれるとは思えませんが、念のため接着します。

これでAF用レンズの完成です。これは800ミリですが、600ミリも試してみるつもりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年10月23日 (金曜日)

民主に入れたのでアレですが・・

日頃と全く違うカラーで恐縮ですが・・。

民主党政権の外相岡田さんが、国会での天皇陛下の言葉について、もっと気持ちの伝わってくるような挨拶をいただくように考えて欲しい、と要望した・・・・・らしい。

天皇陛下がどういう存在であるか、この政治家は全くわかっていないと、暗然たる思いを抱きました。よしりんの「天皇論」くらい読んどけ(笑 極めて不適切な発言だ。

藤井財務相の円高容認発言のときにも感じたし、前原大臣の諸発言でも同様だが、民主党の政治家は自身の発言の重みを理解していないように思えてならない。そのあたりは、やはり長期政権での蓄積がある自民党の足元にも及ばない。というかアホとしか思えない。

バリバリの左翼を法務大臣に据えたり、村山内閣の屈辱的対中姿勢を容認したり、民主党内閣は国のあり方をどう考えているんだろうか。もっとも、自分も今回は民主に入れちまいました、反省。

まあ、自民党だってK野Y平みたいなのがいるけど、何となく民主よりはマシじゃないだろうかと思える。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年10月22日 (木曜日)

望遠鏡AF化の手法 

BORGを使い始めて1年弱。

ネットに掲載された写真の精細さとコントラストの高さに魅せられて、後先考えず飛びついたものの、当初はマニュアルのみだったのでなかなか納得できる写真が撮れず。それは取りも直さず自分のスキルの低さや知識の足りなさが原因なので、地道にMFの練習を積んで自力で状況を改善するのが本来のアプローチなんだけど、それはそれとして(笑 やなり手短に結果を出したいのでAFしかないと結論。

当時(と言っても今年の1月頃だけど)、BORGをAF化する手法としては、ニコンとペンタから出ているテレコン(AFアダプター)を使うしかなかった。当然カメラもニコンとペンタ。ニコンは既にディスコンなので、中古を買って、さらに改造が必要。ということで、ヤフオクで落として改造しましたよ。この改造に関しては、先達の皆さんがデータを残しておいてくれたり、或いは直接メールでご教示してだいたりで、大変助かりました。自力ではこの改造を思いつくことは100%無かったと断言できます(笑

さて、ニコンのテレコンTC-16Aはレンズ駆動距離が短いため、AFと言ってもセミAF。おおまかに合わせておいて最後のところをテレコンで、という感じです。カメラと比べて望遠鏡はF値が大きく、レデューサー等で調整しても条件によっては合焦しにくかったり全くこなかったりします。カメラレンズでも同じことは起きますが、頻度は少ないというか、F値が違うので当然といえば当然です。ペンタのテレコンは現在も販売されており、多分改造無しでいけるはずです。一部テレコンの塗装をはがすという話もあり。

一方、オリに関してはそうしたアダプターは存在せず、ダンデライオンチップのような、カメラをだましてAF機構を使ってしまうのが一般的なやり方です。これはMFでピントあわせするものの、ピントが合っているかどうかをカメラに判断してもらうということです。自分のようにピントあわせに自信が無く、E-620のようなプアなファインダーのカメラを使っている場合は大いに助かります(ライブヴューでは、コンニャク現象というらしい、画像のゆれが出て拡大MFをやろうとすると酔います・・これは計算外でした)。

ということで、現状、BORGとW.Oで鳥を撮る上でそれほどの不便は感じていないわけですが、特にW.OでAF化できないか、ということは気になっていました。

さてここに(笑 そのAF化に画期的な手法を編み出した方が数名おいでです。ご本人の承諾をいただいていないので、お名前(HN)は控えますが、その発想力や熱意には大いに頭が下がりますし、まさに先駆者とお呼びするのにふさわしいと思います。

 具体的には方法は二つ。いずれもオリのZDレンズを使った、コントラストAFです。以前にも、確かトキナーのレンズを使ってBORGでAF化された例がありましたが、これは位相差AF。コントラストAFの方が一般的にはピント精度が高いようですし、パナのG系はコントラストAFが爆速らしいです(笑

 まずはZD70-300を使った方法。このレンズはズームで鏡筒が伸縮し、さらにピント合わせでも鏡筒が動く(つまりインナーフォーカスでもインナーズームでもない)タイプです。これの前群レンズを抜き、他のレンズをつける。そして望遠鏡を接続する、というものです。つまり望遠鏡とZD70-300とを合わせて巨大なインナーズーム、インナーフォーカスレンズを作るということですね。この発想力には脱帽ですよ。この方法は違うレンズにも応用が利くように感じますが、コントラストAFに対応した、価格も手ごろなものというとあまり選択肢はありません。

さて、残るひとつは、ZD25を使った方法。これは全て玉抜きしてAF用レンズをつけ、AF駆動の機能のみを使うものです。これだとニコンのTC-16Aと同じくセミAFになるようです。何よりコンパクトな点は魅力ですが、そもそもZD25なら通常の使い方をしてしまいそうで、改造がもったいなくなりました(笑 いずれの方法も望遠鏡との接続に一工夫必要ですが、ステップダウンアップリングやBORGパーツを使えば結構なんとかなるんですねえ。ということで自分はZD70-300を使った方法を頂戴することにしました(笑

過去に書いたとおり、このレンズは既に調達済みです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年10月18日 (日曜日)

また見沼を歩いてきました 

今日もいい天気でした。

先週に続いて見沼を歩いてきました。今日は、出発は変わらず総持院。ここから東縁沿いに自然公園まで歩き、そこから西に向かって芝川まで。

Brg_9677 コガモ君。

Brg_9709 オナガガモ君もいました。

いたるところでモズがやかましく鳴いていました。猛禽らしき姿も見かけましたが、アッというまにいなくなりました。

さらに西縁まで歩いてコーヒーショップで一服。静かで落ち着いた時間を過ごせました。

ここからは国昌寺経由で例の緑のトラストの斜面林へ寄りました。

Brg_9798 今日は何故かTC-16A改の調子が悪く、AFが遅いです。このセキレイはマニュアルで撮りました。

さて、斜面林まで戻ると、出発の時は10人くらいいたカメラマンが4人に減っていました。ちょっと待っていると、出てきましたよ。

Brg_9851 むむ、エゾビか?

Brg_9862 ちょっと羽の斑点ぽいのが気になるなあ。

Brg_9865 じーっと餌を見てます。

Brg_9871 頭から背中にかけて、白い斑点のようなものがあり、羽の感じもエゾビとはちょっと違うように見えます。でも胸の模様はエゾビ・・・。

正直よくわかりません。図鑑を調べると、コサメビタキの幼鳥が似ているようです。

Brg_9853_2 北本で撮ったエゾビとはちょっと違いますね、やはりコサメビタキでしょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2009年10月14日 (水曜日)

D3S ISO102400?

ニコンからフルサイズ機D3のマイナーチェンジとも言うべきD3Sが出るらしい。

画素数は同じだけど新開発のセンサーらしく、ISO感度が常用で6400→12800、拡張感度は何と102400に上がっているらしい。一瞬誤植かと思いました(笑

003 一応ムービー撮影も押さえ、ゴミ取りも遅ればせながら実装。その上高感度性能を大幅に上げてきた。

他にも操作系の改善やら細かい改良が多く、なんだかD300Sに比べて随分力が入っている感じ(笑

おもしろい機能として1.2×モードがある。どうやらパナのEXズームと似ているようで、イメージセンサーの1/1.2相当の部分を使い、結果的に焦点距離を伸ばしたのと同じ画角を得るもののよう。まあ、画素数は当然減るけど。他にDXモードもあるので、なんでこの数字を採用したのか不明。

036 ロクヨンVR2との組み合わせもなかなかバランスがよろしいようで。合わせて150万くらいかな。退職金でたら買うかな(爆

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2009年10月12日 (月曜日)

軽く試写

60EDを組み立て、AF化のためにクローズアップレンズのセッティングをやる。80ミリ鏡筒で使っていたやつなので52ミリのセルに入っており、60ミリ鏡筒にはうまく入りません。結局2インチ延長筒の内側に無理やりとめてセッティング。光軸ずれとかありそう(笑

午前中、久々に見沼の総持院から芝川、氷川公園、南部領辻あたりを軽く一周してきました。鳥は少なく、近くでも撮れず、証拠写真程度のものしかありませんが。

Brg_9475 キセキレイのような気がしましたが、ハクセキレイかもしれません。遠いなあ。

Brg_9510 頭の羽が立ってるように見えるのが気になりますが、まあホオジロでしょう。

久しぶりにBorgで撮ったので、露出設定を失敗してしまい、ほとんどが白トビ写真になってしまいました。

60ED、77EDに比べて軽いのは当たり前ですが、青ニジミも少ない感じで、写りは思ったよりいいです。軽い分、ブレが少ないということもあるでしょうね。

本来はブラブラ歩きながら、近場にいる鳥を探して撮るというのが好きなスタイルなので、60EDでの設定を色々と詰めていきたいと思います。それと、やっぱりD300は撮っていて楽しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年10月11日 (日曜日)

60ED

William OpticsのFLT98APOを買い、Borg77EDは手持ち専用で、と思って使っていたが、意外と重くて、それに長いので持て余し気味。特に夏場はあまりきついことやる気にならないので、77EDの出番は激減。

もう少し小さくて軽いやつ、ということで45EDか60EDを検討してみる。W.Oの66EDは手ごろなんだけど重くてだめ、フォーカサーもいらないし。ほとんど45EDに決めて色々のショップを探すが在庫無し。ところが60EDは一個だけ在庫あり。45ED、60ED、77EDと比べてみると、焦点距離とセット内容を単純に比較して60EDの割高感は否めない。でもまあ、77EDをドナドナした資金でほぼ間にあうので、これも縁だとポチりました・・・。

Snp_9321 二日後には到着。箱から出したところ。

なぜかカメラマウントがキャノン用・・。

Snp_9326 組み立てました。合焦機構としては、ヘリコイド、延長筒についたドローチューブ、それとミニミニドローチューブ。一杯あり過ぎ(笑

近いうちにTC-16A改を使って撮ってみたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年10月 6日 (火曜日)

E-620突然死

せっかく購入したZD70-300。改造も可逆的にやるつもりなので、使えなくなるわけではないけど、まあ、一応写真撮っておこうということで北本に行ってきました。

9時前に現地着。何やらバードウォッチングというか、自然観察の団体さんがいます。

で、E-620との組み合わせで軽く一枚とシャッターを押したら・・カシャっと音がしてファインダーは暗転。で、そのまま・・・。

アレ?と液晶を見ると、メニュー画面が出ているものの、ボタン操作を受け付けない。一度電源を切って見ても状態は一緒。要するにフリーズ状態。レンズを外してみると、ミラーが上がり、撮像素子にシャッター幕がかかった状態。なんじゃこりゃ?と電池を抜き差ししたり、それこそ色々やってみたけど全く無反応。

せっかく北本まで出かけたのに、当然何も撮れず。途中樹上に巨大なスズメバチの巣があったがこれも撮れず(泣  鳥はほとんどいなくて、これ以上切ない思いはしなかったですが。

Snp_9312 こんな感じです。撮像素子が見えません。

写真で見ると、マウントの内側にくっきりと溝があるのがわかりますね。これ、最初のアダプターについていたチップがこすれた跡でしょうね。Snp_9314 ミラーも上がった状態。あまりいじっていませんが、何かが引っ掛かるか、はさまるかしているんでしょうか?

オリのサービスに電話し、担当者の言うままにバッテリーを抜いたり、CFを抜いたりしたら、今度は液晶に何も写らなくなりました。うっすらとバックライトが点いている状態。

ほぼ完全に死んだようです。担当者の言うには、どうやらハードの不具合らしいです。ピックアップサービスで引き取られていきました。

どうなることやら・・・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2009年10月 4日 (日曜日)

Zuiko Digital ED 70‐300

昨日新宿のマップカメラで買ってきました。

Snp_9302 ランクとしては梅レンズ。

ちょっと撮ってみたら、まあそこそこの写り。

Snp_9306 ズームで鏡筒が伸び、さらにフォーカシングで鏡筒が前後するタイプです。

Snp_9304 鏡筒内にミゾが切ってあり、レンズはリングで押さえられていますな。リングに切り欠きなどがあればはずすのも簡単だけど、修理のときなんかどうするんでしょうね。

今回これを買った目的は、本来のレンズでは無く別の使い道のため。

当然改造が必要です。そのうちやります。

せっかく買ったので、ちょっとくらいは鳥でも撮ってみます。なんせ35ミリ換算600ミリまで行きますから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年10月 3日 (土曜日)

仲秋の名月

前回の記事へのコメントで、亀さんから今日は仲秋の名月だと教えていただきました。

ということで撮ってみました。シーイングが悪くて結構苦労しました。

Pa031286 なんてことは無いですが、満月は気持ちがいいです。

しかし、見てくれは平板な感じでイマイチですね。どこか欠けていると、クレーターがはっきり見えてくるんですが。

Pa031285 画像はどちらも50%から切り出しです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »