« 羽生の大雅 | トップページ | FLT98 Triplet APO その2 »

2009年4月27日 (月曜日)

FLT98 Triplet APO

PCパーツの世界では台湾は結構有名。本土とは違い、そんなに嫌いではない(笑。

BORG77EDⅡを使っていて、近距離も遠距離もサンヨンより明らかに勝る解像度と、テレコンなどの追加レンズを使ったときの画質劣化の少なさは大きな魅力だと感じていました。欠点は合焦作業とミテクレのチープさ。MFは慣れで何とかなりそうだなあと思うが、機能優先で値段の割には安っぽい外観は・・・。それでもカメラレンズに比べれば安い(と思う)し、多くのパーツを使えるのはBORGの魅力だけど。

日本の望遠鏡メーカーは何となく同じようなものだけど、台湾のWilliam Opticsというメーカーの望遠鏡は、デザインと仕上げはBORGが逆立ちしてもかなわないほど洗練されていて、なおかつ値段も安く、66SDなどは写りも素晴らしいという評価が定着しつつあります。

77EDⅡの次に101EDを狙っていたんだけど、2ヶ月待ちだというし、W.Oのサイトで見つけたカーボン鏡筒の98ミリ三枚玉に大きく心を動かされました。何と言ってもバイクの頃からカーボン好き(笑

101EDは対物レンズの追加だけで手持ちのBORGパーツを使って望遠鏡が成立することを考えれば値段は倍だったけど、カーボン鏡筒と美しいデザインに負けました。

Snp_8513 4月6日に発注し、20日ごろスタークラウドさんに入荷。そして22日に届きました。

スタークラウドさんで大幅なディスカウントをしてくれており、メーカーのオンラインショップより安くなっています。

Snp_8527 びっくりするほど立派でイケてるアルミケースに入ってます。鏡筒バンドとダブテールプレートも付属(メーカーのオンラインショップはオプション扱い)。

Snp_8531 こんな感じで入ってます。

Snp_8532 カーボン鏡筒の98ミリ三枚玉屈折望遠鏡です。

三枚玉だけあって対物レンズ側がずっしり重いです。

実物を見ると、これがこのお値段で・・とてもお買い得だと思います。

|
|

« 羽生の大雅 | トップページ | FLT98 Triplet APO その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99702/44806826

この記事へのトラックバック一覧です: FLT98 Triplet APO:

« 羽生の大雅 | トップページ | FLT98 Triplet APO その2 »