« キャリバー修行その4 | トップページ | 地元の有名店天風 »

2009年4月19日 (日曜日)

BORG摺動ベースリング

一部で話題の部品。

発売日の本日夕方にちゃんと届きました。遊馬製作所さんありがとう。

Snp_8501 左側にネジをきってあります。アルミ製で旋盤加工とネジ切り加工、色はどうやってつけているのかわかりません(笑

BORG鏡筒はドローチューブが標準になっていて、これとヘリコイド、またはマイクロフォーカサーで合焦させる仕様になっています。

AF化した場合、ヘリコイドをシコシコ回しているよりは、ドローチューブでパッと近いところまで合わせて最後TC-16Aでピっというのがパターンです。つまりドローチューブの前後運動が非常に多いわけで、抵抗なく動かすためにローレットネジを緩めると、鏡筒とのガタが気になります。厳密に言うとそのガタによる光軸のズレが写りに影響するわけでしょうが、それよりも単純にガタが落ち着かなくさせるわけで。

このパーツはそれを低減させるというもの。

Snp_8502 ふむ。27グラムらしいです。ほとんど気にならない軽さです。

ちゃんと計ってみればよかった。

Snp_8505 ドローチューブの後ろ側から通して、鏡筒にねじ込みます。

Snp_8509 非常に地味で何の飾りもないBORG。質実剛健、機能優先と言えば聞こえがいいが、安っぽいのそしりは免れず(笑

アクセントとしても結構いいパーツです。

ちょっと動かしてみましたがやや重くなるもののガタは大幅に低減。無理に上下に動かさない限りほとんど気にならないレベルでしょう。

週末の試写が楽しみですよ。

|
|

« キャリバー修行その4 | トップページ | 地元の有名店天風 »

コメント

土曜日に北本自然観察公園に行ったときに、Well-Uさんらしき人に会いましたが、違っていました。
今度からは、北本や見沼では、この迷彩色+青の望遠の人を探すことにします。

投稿: 亀さん | 2009年4月19日 (日曜日) 23時59分

亀さん、どうもです。
レンズに迷彩カバーをしている人は結構いますが、BORGはご覧のとおり長いのでわかりやすいと思います。
基本的に、BORGを持っているときは三脚等は使わず、歩き回っていると思います。

投稿: Well-U | 2009年4月21日 (火曜日) 08時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99702/44723197

この記事へのトラックバック一覧です: BORG摺動ベースリング:

« キャリバー修行その4 | トップページ | 地元の有名店天風 »