« TC-16A改造二個目 | トップページ | 桜が咲いていました »

2009年3月16日 (月曜日)

クリスタルが逝く

一ヶ月くらい前からT-REXの調子がおかしかった。ホバリング中にいきなりローター(モーター)が止まって墜落。と言っても丁度頭くらいの高さからまっすぐに落ちなので実害は無し。モーターが止まってもすぐにローターが止まることは無く、しばらくは空転しているのかと思っていたけど、実際はそうではなかったのが意外な発見。

その後も、通常どおりヘリが起動してもローターが回らなかったり、サーボが動かなかったりというトラブルがたまに発生。どうも送信機か受信機が原因のように思い、いっそ2.4GHZのでも買おうか、なんて考えていた。

で、日曜日にちょっと練習していたら突然舵が入らなくなってシリモチ事故。ちょうど降ろす途中だったのでほとんど被害は無かったけど、リアローターはぼろぼろに(笑

 店に持ち込むと、ちょこちょこっと確認して、受信機のクリスタルですね、と診断される。クリスタルの構造は、端子というか足の部分の二本の棒に板が接触しているだけなので、振動やショックが一定量を超えると通電しなくなるらしい。一度電波が途切れると、ヘリ側は安全のためにしばらくの間送信機の操作を受け付けなくなるらしい。

5458820 これはネットから拝借。

今回は受信機用なのでRXってやつです。

1000円ちょっとでした。プロポセットを買い換えるよりは相当割安でした。

練習の方はあまり順調では無いけど、なんとか八の字が書けるようになってきました。右に走る時と左に走る時で、エルロン操作が対象になるのは当たり前として、その量が違うから難しいです。なんとか5月中には完成させて、上空飛行に移りたいものです。

|
|

« TC-16A改造二個目 | トップページ | 桜が咲いていました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99702/44358629

この記事へのトラックバック一覧です: クリスタルが逝く:

« TC-16A改造二個目 | トップページ | 桜が咲いていました »