« 修行は続く | トップページ | 久々のサンヨン »

2009年2月22日 (日曜日)

マイクロフォーカス接眼部 

やはりピント合わせにはこれかなあ。

Snp_6585 黒光りしてますね。

ヘリコイドの弱点として

「カメラなどの重い機材をつけるとたわみのために動きがしぶくなる」ということが一般的に言われてますね。実際そうです。

さらに、自分の場合、ドロチューブを前後させておおまかにピントを合わせ、ヘリコイドで追い込むという使い方ですが、あまり待ってくれない鳥さんにはドロチューブをネジで留めておく暇がない。そうすると、ヘリコイドを端までまわした時に、ドロチューブまで回ってしまってアレって(笑。 それと、トルクが変わるような感じがちょっと気になります。

Snp_6586 BORGの純正パーツですが、元々は笠井トレーディングが販売しているものです。

笠井さんのは19500円で、BORGは24800円。普通はもちろん買いませんが、協栄さんに尋ねたところ、BORGでは金属鏡筒(ドロチューブ)に直に取り付けるためのパーツを組み込んでいて、これはバラ売りしていないそうな。写真の真ん中あたりに写っているのがどうやらそのパーツかと。

まあ、これが5300円かと思うとかなりの脱力感を覚えますが、バラ売りしてないということはロットがすくないんだろうから割高もやむなし。ということでおとなしく買ってきました。

Snp_6591 取説もそのまま。

Snp_6592 で、カメラ側の接続には写真の7425が必ず必要。差し込み式でネジ一本で留めるようになってます。なかは真鍮のベルトが入っていてこれで締め付ける仕組み。

カメラ側は普通に2インチ延長筒がつきます。

Snp_6598 ヘリコイドは326グラム。意外と軽いですね。

Snp_6599 マイクロフォーカス接眼部は685グラム。

厚みもあってずっしりしているのでこんなもんかな。

Snp_6602 こんな感じです。

左手で微動を回したいのでダイヤルは上に。

Dsc_0411 実際の運用では、右側にマウントしているので、ダイアルは少し傾いてしまいます。

これでまた修行が続くわけですが、ひとつ不都合なことがわかりました。

AF BORGに必要なクローズアップレンズが、どうもこのマイクロフォーカス接眼部と一緒では使えなさそうです。

2インチ延長筒Sの前にねじこんでヘリコイドに付けていたわけですが、この接眼部には、クローズアップレンズ分の奥行きが無いために、つきません。手持ちのケンコーのステップアップリング、OMリングなどを組み合わせてもどうやら無理そうです。

|
|

« 修行は続く | トップページ | 久々のサンヨン »

コメント

何だか、凄いことになっていますね。
とにかく、亀さんには、話の内容はチンプンカンプンですが、大変なことだけは分かります。
これだけして、いい写真が撮れれば、万事ハッピーですね。

投稿: 亀さん | 2009年2月26日 (木曜日) 23時18分

亀さん、毎度どうもです。
確かにいい写真を撮りたい気持ちはありますが、
どちらかというとオモチャ感覚ですね。
バイクをいじるのも、カメラやBorgをいじるのも基本的には
同じです。
ただ、バイクにはスリルと爽快感と、移動の素晴らしさがあります。
写真は、撮る過程を楽しんでいる部分が大きいですね。
特にBorgはそういうことが言えると思います。

投稿: Well-U | 2009年2月28日 (土曜日) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99702/44146051

この記事へのトラックバック一覧です: マイクロフォーカス接眼部 :

« 修行は続く | トップページ | 久々のサンヨン »