« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月22日 (日曜日)

マイクロフォーカス接眼部 

やはりピント合わせにはこれかなあ。

Snp_6585 黒光りしてますね。

ヘリコイドの弱点として

「カメラなどの重い機材をつけるとたわみのために動きがしぶくなる」ということが一般的に言われてますね。実際そうです。

さらに、自分の場合、ドロチューブを前後させておおまかにピントを合わせ、ヘリコイドで追い込むという使い方ですが、あまり待ってくれない鳥さんにはドロチューブをネジで留めておく暇がない。そうすると、ヘリコイドを端までまわした時に、ドロチューブまで回ってしまってアレって(笑。 それと、トルクが変わるような感じがちょっと気になります。

Snp_6586 BORGの純正パーツですが、元々は笠井トレーディングが販売しているものです。

笠井さんのは19500円で、BORGは24800円。普通はもちろん買いませんが、協栄さんに尋ねたところ、BORGでは金属鏡筒(ドロチューブ)に直に取り付けるためのパーツを組み込んでいて、これはバラ売りしていないそうな。写真の真ん中あたりに写っているのがどうやらそのパーツかと。

まあ、これが5300円かと思うとかなりの脱力感を覚えますが、バラ売りしてないということはロットがすくないんだろうから割高もやむなし。ということでおとなしく買ってきました。

Snp_6591 取説もそのまま。

Snp_6592 で、カメラ側の接続には写真の7425が必ず必要。差し込み式でネジ一本で留めるようになってます。なかは真鍮のベルトが入っていてこれで締め付ける仕組み。

カメラ側は普通に2インチ延長筒がつきます。

Snp_6598 ヘリコイドは326グラム。意外と軽いですね。

Snp_6599 マイクロフォーカス接眼部は685グラム。

厚みもあってずっしりしているのでこんなもんかな。

Snp_6602 こんな感じです。

左手で微動を回したいのでダイヤルは上に。

Dsc_0411 実際の運用では、右側にマウントしているので、ダイアルは少し傾いてしまいます。

これでまた修行が続くわけですが、ひとつ不都合なことがわかりました。

AF BORGに必要なクローズアップレンズが、どうもこのマイクロフォーカス接眼部と一緒では使えなさそうです。

2インチ延長筒Sの前にねじこんでヘリコイドに付けていたわけですが、この接眼部には、クローズアップレンズ分の奥行きが無いために、つきません。手持ちのケンコーのステップアップリング、OMリングなどを組み合わせてもどうやら無理そうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年2月21日 (土曜日)

修行は続く

今日は風が強いという予報だったので、ほんとは買い物とか雑用すませようと思ってたんだけど、日曜にSCへ出かけることになったので、急きょ北本へ。また自然観察公園です。

里山の盆地という地形からか、それほど風も気にならず。ただ、朝のうち鳥の出はイマイチでした。子供公園の近く、先日アオゲラを撮ったポイントには今日もたくさんの大砲が並んでましたが、なんとかベニマシコが出てきたらしいです。反対側だったので撮れませんでしたが。

Brg_6629 結局あきらめてあずまや方面に帰るまでめぼしいものは出ず。そこいらじゅうにいるシジュウカラしか遊んでくれません。リサイズのみ。

Brg_6708 駐車場側の入り口のすぐ下まで戻ってきたところで三脚を置いて一休みです。今日はだめかなあ、と思っていたところにとりあえず今期初めてのアオジ君。トリミングのみ。

Brg_6789 反対側に眼をやると、何やら青いものが動いているのが・・。

初見のルリビタキです。残念ながら枝かぶりがひどく、おまけに距離は25メートルくらいあり(Google Earthで計測)、証拠写真程度にしかなりませんでした。

でもカワセミ以外の青い鳥は初めてなので、ちょっとうれしいです。リサイズのみ。

Brg_6916 この場所で、今度はジョビ男君が登場。4人のカメラマンを前に5分間に亘ってオンステージを繰り広げてくれました。なかなかの役者でした。人慣れしてますねえ。リサイズのみ。

Brg_6929 セグロセキレイかと勘違いして撮りましたが、よく見るとハクセキレイです。トリミングのみ。

Brg_7025 最後はツグミで閉め(笑 トリミングのみ。

BORGは基本的にマニュアル露出なので(?)調整するわけだが、とにかくアンダーにしないとまともに映らない。ファインダーの表示上は2段くらい下げてやっと普通の感じ。それもちょっと明るいと白とびだらけ。カメラがやってくれないから結構面倒だ。まあ、SSは稼げるからいいけど。

今日はTC-16Aを付けてマニュアルだったので、焦点距離は800ミリ強、F値は10.6!暗いです。ピントの山はわかるんだけど、かと言ってピントが来るかというと話は別。等倍に耐えられるようなのはほんの数枚しかありません。400近く撮りましたが。

ということで、「マニュアルでのピント合わせを楽に」「被写体の導入を素早く楽に」するために、スキルではなく手っ取り早くデバイスで対策を(笑

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2009年2月15日 (日曜日)

久喜菖蒲公園と地元の神社

土曜は仕事、今日は久しぶりにヘリを6本飛ばしました。

このところ風が強くてほとんど練習してなかったけど、なんとか両方の横ホバができるようになってきて、八の字への展望が開けてきました。

雑用を済ませるともう2時過ぎだったので、今日はBORG修行はあきらめて、チャリンコを引っ張り出しました。

久しぶりだし、花粉が飛び始めているので短めということで久喜菖蒲公園まで。ほんの往復10キロくらいです。

Snp_6537_2 釣られたヘラブナのくやしそうな顔(笑 まあ、食べられることはないので。この次はしっかりエサだけ食べてください。

Snp_6548_2 梅もかなり咲いてました。今日は久しぶりにVR18-200を持ち出しました。

Snp_6553_3 圏央道の橋脚はかなり工事が進んでいました。

Snp_6556 こちらが久喜JCT側です。この2カ月でずいぶん工事が進んでますね。

ここからガンガン漕ぎまくりました。

Snp_6560_2 15年住んでいて初めてこの神社に来ました。なかなかいい雰囲気です。

Snp_6577_2 最後は梅の花のアップで。マニュアルです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2009年2月11日 (水曜日)

また北本

今日も北本自然観察公園へ。見沼はいろんなポイントというかシチュエーションの場所があるのですが、ここは狭い範囲で、あまり歩き回らずにそれなりに鳥を見ることができる、という印象です。自宅からの距離もここの方が少しだけ近いです。

前回の初散歩は強風のため半分も回らずに退散したので、今回は残りのエリアを回るつもり。BORGには純正テレコンを使わず、TC-16Aをつけ、MFとAFを使い分けることにする。MFの時は2インチホルダーLと同Sを使い、816ミリ。AFの時は2インチホルダーSにACクローズアップレンズNo.3を付けて約600ミリ。

9時過ぎに公園着。あずまやを過ぎて子供公園方面へテクテク。曇り空だが、バーダー、デジスコ、大砲とそれぞれ鳥見を楽しむ方々がかなりの人数歩いている。

ところどころで三脚を立ててMFで撮ってみる。

Brg_6278 寒そうなモズ。ピクセル等倍です。ピント甘し。

Brg_6316 全然動かないアカハラ。これはリサイズのみ。こんな枝かぶりでも、MFなら目にピント持ってこれます。

Brg_6333 ボケですが、初めて撮れたジョビ男君なので・・・。

Brg_6363 ヒヨドリがすぐそこにいたので撮ってみました。空抜けだとどうもニジミが強くでるような感じですねえ。露出補正で何とかなるんだろうか。

Brg_6388 アオゲラを撮れましたが、シャッタースピードが足りず、ピンボケと被写体ボケのダブルパンチ(爆

証拠写真程度ですが。

このアオゲラ、20人くらいのカメラマンをくぎ付けにし、すっかりスターになりましたよ。

Brg_6454 カワセミも久しぶりに撮ることができましたが、とにかく遠かった。ここからAFです。

Brg_6478 このツグミ、AFポイントは首のあたりです。ピントは葉っぱあたりに合っているような気がします。かなり前ピンだということがわかりました。D300でとりあえずAFを+8調整してみましたが、この後は何も撮らずに帰ってきました(笑

三脚かついで歩くのは結構疲れます。

結局、ピクセル等倍に耐えられる程度の画像は最初と最後だけです。

まだまだ修行と調整あるのみ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2009年2月 8日 (日曜日)

北本自然観察公園

へ初めて行ってきました(笑

10時頃に現地着、駐車場に車をとめ、歩いて公園内を散歩しましたが、とにかく風が強くて大変でした。当然鳥もほとんどおらず、大砲持った皆さんも移動の連続のようでした。

自分も一応BORGを持っていきましたが、写真らしいのは撮れず。帰りの駐車場でヤマガラに会えましたが、10メートルくらい離れた木に止まっていて、枝かぶりがひどかったこともあるとは思いますが、20枚くらい連写したのに証拠写真にもならないようなものばかり。AF-Sモードで合焦音が鳴ったところでシャッターを押しているんですがピンボケの嵐。やはりAF-Cモード、フォーカス優先でやるしかないかな。TC-16Aを使って、まともにピントがあったことがありません。微調整でなんとかなるかな、というレベルを超えたピンボケばかり(笑

Dsc_0402 派手なフレアが出てますなあ。これはD40にタムロンSP10-24での撮影。強い光源をサイドに寄せると、前玉の球面がそのままフレアになって出るような。昼前にはあきらめて撤収。暇になったので秋葉にちょっと買い物に行ってきました。

で、BORGの鏡筒バンドを買ってきました。

Dsc_0404 こんな感じで、KDSマウントのアリミゾに取り付ける形が一応完成しました。

Dsc_0405 予想通り鏡筒付属のドローチューブホルダーと段差になったので、ワッシャーかまして調整です。

これでフリーストップ完成。

この鏡筒バンド、迷彩にするのは大変そうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2009年2月 7日 (土曜日)

今夜の月

相変わらずBORGの調整中です。

改造したKDSマウントは、ロングプレートを使って取り付けたいので、カメラねじ等物色中。それと、鏡筒バンドも必要なようです。

近場でホオジロなど撮ってみましが、またまたハイキーの失敗を量産。マニュアル露出でうまく調整しても、ちょっと光の加減が変わるとまた調整が必要だけど、鳥はあまり待ってくれませんしねえ。絞りがないのでシャッタースピードで調整するしかないんだろうけど、経験が必要ですね。

鳥に振られたので、月を撮って見ました。 Brg_6163_2

今日は凸月。月齢12日9時間54分。これはBORG+1.4倍テレコンで714ミリ。35ミリ換算1,071ミリです。リサイズのみ。

Brg_6166_2 さらにTC-16Aをつけてみました。1,142ミリ、35ミリ換算1,713ミリです。さすがにここまでくるとブレが気になり、タイマー撮影です。それでもミラーショックは避けられないですが。

リサイズのみです。

だんだんドローチューブのピント合わせにも慣れてきました。

そうは言っても鳥にはまだAFが必要です。修行あるのみ。

Brg_6150

空抜けであれですが、こんなムクドリしか撮れませんでした。等倍切り出しのみ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年2月 4日 (水曜日)

BORGが急速増殖中らしいです

まあ、自分もそのクチですが、このところBORGの望遠セットが売れまくっているようです。

といっても月に40セットとか、そういうオーダーですが、この手の商品にしては驚くような数字なんでしょうね。やはり、軽さやコストパフォーマンスの高さ、各種パーツによる拡張性の高さがうけているんでしょうね。

自分は既にサンヨンを使っていて、これとの比較等非常に興味を引かれて、さらにちょっとパーツを買い足せば天文にも使える(いや、そっちが本来)ということで買ってみたわけですが、仮にサンヨンを買う前にBORGを知っていれば、迷うことなくこっちにしたでしょうね。サンヨンの次に手が届くとしたら、せいぜいサンニッパだろうなあと思っていたところなので、とにかく軽くて安いというのは大きいです。もちろん、基本MFというのは高いハードルなんですけどね。超望遠でユラユラゆれるファインダー像の中でピント合わせるのはかなりつらく、3D酔いするんじゃないかと思うほどです(笑

ただ、先人の皆様がAF化或いは半AF化に関して大変な試行錯誤を行って結果を残していただいているので、それを頂戴して(笑 なんとかなるかなあというところです。それなりに試行錯誤はやはり必要ですが。

で、そういう状況の中、インプレスのデジカメWatchでBORGが取り上げられました。執筆者は通常の望遠レンズから始まって、デジスコなど大きく撮るための旅を続けておいでの方です。この記事の範囲では、あらたなトライなどは無く、自分が読んでも十分に理解できる手法です。さすがに、写真は結構いいデキで、レタッチしていないものとしてはかなりの写りだと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2009年2月 2日 (月曜日)

地元の人気店、竜神洞へ

羽生のイオンへの往復で通る道沿いに、かなりの頻度で行列を作っているラーメン屋があります。たぶんこの1年くらいのうちにできたと思います。

名前は「竜神洞」。変な名前ですが、たまたま時間ができたので行ってみることにしました。

開店は11時なので、5分くらい前に到着。日曜だったので、すでに5人くらい並んでいます。

開店後、食券を買ってテーブルへ。鶏そばを買うと、麺のゆで具合とスープの塩加減をどうするか確認されます。麺は硬め、塩味は普通で。

Img_0134 鶏そば680円。チャーシュー1枚100円。

見た目はなんとなく博多ラーメンのようで、のっているものも似てます。紅ショウガはないですが。メンマのかわりに変なものが乗ってました。

かなり油が浮いているのでしつこいのかと思ったら、非常にあっさりした鶏スープ。ちょっと物足りない人もいるかもしれませんが、万人受けする飲みやすいおいしさです。麺は細麺で、まあ普通です。

見た目は博多ラーメン風ですが味はあっさり、はっきりいってかなりおいしいです。完食しました。次はつけ麺だな。

もちもちの木もかなりの行列ができますが、この店は店内に10席くらいの待ち席があり、その分客席は少ないというかゆったりしています。外に並ばせて景気づけするか、それとも寒い中店内でゆっくり待ってもらうか・・。当日も、開店10分くらいで店内の待ち席はいっぱいになりましたよ。もちもちの木よりはこちらの方が客にはやさしいのではないかと思いました。もっとも、もちもちの木は店内狭いですけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年2月 1日 (日曜日)

KDSマウント改造→ジンバル化

先日手に入れたKDSマウント。先人の皆様がジンバル化の改造を多数実施し、その成果をネットにアップしておられます。

自分もいろいろと検討しましたが、工具を買い揃えたりする費用や、失敗するリスク(これが一番大きい)を考えると、とても自力改造は無理とあきらめました。工具を買っても、あとあとほとんど使わないような気がするし、第一金属を切断するなんて無理。タップを立てるなんて中学校の技術の授業以来やってない(笑

ということで、近場の鉄工所でも探そうかと思っていたところに、ヤフオクに同様の改造が出品されているのを発見。15、000円は痛いけど、結局お願いすることに。

Snp_5890 これです。フリクション調整ノブをプラスチックからアルミに交換し、アルミの削りだし部材で高さを加え、さらにアリミゾマウントの一部を三脚との接合部分に使用、のこりのアリミゾ部分を横向きに付けてジンバル化です。

Dsc_0380 BORGとD300を取り付けてみます。これはフリクションつまみを絞め込んだ状態です。

Dsc_0382 わかりにくいですが、フリクションツマミを緩めて、バランスをとっているところ。フリーストップの状態です。

ほんとにちゃんとどこでも止まります。不思議です。

Dsc_0386 真後ろから見たところ。

三脚の中心は下部の水平方向のフリクションツマミの中心と一致しているわけなので、少し重心からずれていますが、実用上これはあまり問題にならないような気がします。

何か不都合があれば、部材をかまして左側にずらせばいいわけです。

Dsc_0389 右側で使う場合はこんな感じ。ロングプレートをアリミゾにはさんで、それにクイックシューでも付ければいいかなと思っています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

AF-BORGの焦点距離

まだまだテスト、調整中のAF-BORG。露出補正や色あいの出し方に独自の設定が必要な感じ。特に色がよく出ないような気がする。

それは置いといて(笑 このAF-BORGの焦点距離はどうなっているんだろう?

ということで、強風の中ちょっと試してみました。強風のため水平を出すのもままならないんですが。

Brg_5932 ある公園の駐車場に行ってきました。

Brg_5942 上がBORG。

下がサンヨン+1.7倍テレコンです。この看板を切り出して大きさを比べてみると

BORGは2,865ピクセル。サンヨン+1.7倍テレコンは2,400ピクセルです。

水平が出ていないため、正確な数字ではないですが、比率は約1.194倍で、サンヨンをExifどおりの500ミリとすれば、BORGは600ミリ弱となります。

1.6倍テレコンが無ければ、このBORGの焦点距離は375ミリ程度となり、クローズアップレンズによって0.731倍に焦点距離が縮小されたことになります。また、F値は4.8程度となり、テレコン装着によって7.7強となります。 つまり、600ミリF7.7の望遠レンズということになりました。クローズアップレンズの番手を変えて、さらに純正の1.4倍テレコンなんかと組み合わせれば、AFが利く範囲でもう少し焦点距離を伸ばせるかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

TombRaider Underworld途中経過

先日買ったPCゲーム。まもなく日本語版が発売されるようだが、セリフが日本語になるくらいの違いしかないので、買う予定は無し。

さて、ほぼ真ん中あたりまで進めて来たので、ここまでの感想を。Image005

1.ゲーム内のムービーのクオリティが素晴らしい。細かい表情や動きを全てモーションキャプチャーしてるのでは、と思わせるほどリアリティ抜群。また、キャラのつくりも前作より数段進歩している。ララはそれほど大きな差はないが、スタッフ役の黒人や執事(笑 が格段にリアルに描写されている。

Image011

2.操作への反応や動きは相変わらず軽快で、不自然な座標ズレがあまり気にならない。前作までは結構あった。

Image012

3.難易度ノーマルでプレイしているが、易しすぎる。前作のように数十回トライしてやっとの思いでクリアする、というような敵や仕掛けが、今のところは無い。この難易度の設定で影響があるのは、多分敵の強さだけのようなので、ラスボスまで行かないと歯ごたえある戦闘は楽しめないかも。

4.グラフィックは精緻で美しく、キャラの動きもなめらか。マップの切り替えもほとんど意識することなく、非常に快適にプレイできるが、謎解きも含めて、自分のように1stからプレイしてきたものにとっては、易し過ぎ。というか、もう少しマゾっ気を満足させてほしい(爆

Image010 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »