« BORG AF化へ | トップページ | AF-BORGテスト »

2009年1月26日 (月曜日)

クローズアップレンズを

BORG77EDⅡはF値6.6。1.6倍のテレコンをつけると10を超えるF値となり、AFはまず機能しない。

通常はレデューサーを付けて明るくするわけだが、これが高い。3万とか10万とか、どうも手を出す気にならない金額なので、先人の皆様のHPを参考にしてケンコーのACクローズアップレンズNo3を買ってきましたよ。ヨドバシで4,000円弱。

Dsc_0377 BORGは内径51ミリ前後、57ミリ前後のパーツが多いので、52ミリのものにした。

クローズアップレンズというくらいなので、凸レンズである。一応2枚で収差を補正してあるらしい。

これを筒の中に入れるというか、固定して使うわけで、いろんなやり方があるようだけど、とりあえず延長筒の先端にねじ込みました。

たぶんこれによって焦点距離が縮まるはずなので、何かをはずさないとだめだろうなあ。

|
|

« BORG AF化へ | トップページ | AF-BORGテスト »

コメント

亀さんは、ただ感心して、読んでいるだけです。
感想もいえない状態です。
亀さんの今の課題は、D90と望遠ズームレンズの習熟という初歩的なことです。

投稿: 亀さん | 2009年1月27日 (火曜日) 00時19分

お久しぶりです。
やーーー、安く遠くをというひたむきな(?)努力からすると、やっぱりCMOSがAPS-Cサイズなのはメリット大きいですねぇ。
フルサイズだと、もう一段のさらなる努力が必要なわけだし。

投稿: チャッキー | 2009年1月27日 (火曜日) 20時36分

>亀さん
D90も結構機能が多いので、マニュアルも分厚いのではないですか?自分の場合、とてもD300の機能を使いこなせるものではないので、2年くらいでなんとかものにしようというペースです。
>チャッキーさん
ご無沙汰です。自分的には、高感度は必要ないので、フルサイズなんていらないです。
フルサイズでちゃんとした写真撮るには100万単位の出費ですからねえ。それよりフォーサーズのほうに興味津々です。

投稿: Well-U | 2009年1月27日 (火曜日) 21時41分

コメントでは、有りませんが、少しお尋ねしたく、思いメールさせて頂きました。初めまして、私、早期リタイヤー10年経過の高齢者(癌歴4年)のKonsanと云うものです。何時も、ではありませんが、最近になって、貴homepageを知り、秘かに楽しく、拝読させて頂いています。私の趣味の1つに、鳥類撮影があります。今まで、Vixenを使い、D300、GH1、PowershotG10で、楽しんでいました。しかし、どうも、シャッター時のレリーズワイヤーを伝わる微振動が気になり、GH1、Powershot用のワイヤレスシャッターを自作し、撮影をしてきました。しかし、それでも、画像にメリハリが無く、何とかもっとシャープな写りの良い画像が得られないか・・・と思っていました。つい最近、Borgの存在を知り、早速、協栄へ行き、77EDを発注してきました。入荷は来週で、楽しみにしています。貴homepageは、このBorgとの出会いによって、知った次第です。
実は、貴homepageで述べられていたBorgのAF化ですが、どうも、その作成の詳細が理解できず、お尋ねさせて頂きたく思っています。
そこでは、大きな流れとして、①オリンパスZD25(F2.8)を分解し、その中のレンズを取り出し、内部の穴系を拡大する。②2倍テレコンに改造してAF化を行う・・・と思います。
判らない事は、①から②への工程で、2倍テレコンに改造するとは、どのように行うのでしょうか?です。多分、改造したZD25を2倍テレコン(例えば、KenkoのMC―7)とドッキングさせているのでしょうけれど???。この詳細を知りたくお尋ねさせて頂きます。
又、Borg77EDのAF化はF値が暗い為、こ方法では、駄目なのでしょうか?
以上、宜しくお願いします。

投稿: 近藤繁雄 | 2010年2月12日 (金曜日) 08時57分

近藤繁雄様
いらっしゃいませ。こちらこそ初めましてです。
早速ご質問にお答えします。
まず、私がBorgで使っているAF化手法は、ニコンのTC-16Aという、今は生産していないAFテレコンを改造してD300で使用可能としたものです。ちなみにこれは2倍ではなく1.6倍です。
おっしゃっているような、ZD25の改造は私は実施しておりません。私はZD70-300の改造です^^;
ZD25を使ったAF化に関しては、デジスコドットコムと言うサイトにある掲示板「Lounge Digiborg」で伊藤さんという方が提唱されているものです。これはレンズの前玉をとって別のレンズを取り付け、Borg等の対物レンズを使った場合でもコントラストAFを可能にしたものです。その別のレンズにBorgの1.4倍テレコンを使ったりしています。取り付けの関係で穴を拡大したりしていると思います。本来のカメラレンズを改造し、テレコン用のレンズをつけるので、結果としてAFテレコンのような働きをするものだと理解しいています。ただ、私はこの方法に関しては実践しておりませんので、申し訳ありませんがお答えのしようがありません。上述の掲示板をご覧頂くのが一番だと思います。もう半年くらい前からの話題なので、過去ログを検索されたほうがいいと思います。
なお、カメラや状況にもよりますが、F値が8くらいになると位相差AFでは合焦は厳しくなります。Borgに限らず、望遠鏡は凸レンズを入れる必要があると思います。ただし、コントラストAFの場合はレンズの明るさにはそれほど影響されないというか、気にしなくてもいいと思います。BorgでのAF化は十分可能です。
以上です。何かありましたらまたご質問ください。

投稿: Well-U | 2010年2月12日 (金曜日) 18時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99702/43855724

この記事へのトラックバック一覧です: クローズアップレンズを:

« BORG AF化へ | トップページ | AF-BORGテスト »