« キャリバー120帰還 | トップページ | カワハギ玉砕 »

2008年10月 5日 (日曜日)

イオンレイクタウンに行ってきましたよ

10月2日にオープンしたイオンレイクタウン。こういう場所が大好きな人に引っ張られて行ってきました(笑 

今日までは9時オープンなので、7時過ぎに出発。駐車場には8時着。

002 ご覧のとおり、平置きの駐車場もまだまばら。羽生に比べて駐車場はそれほど広くなく、立体駐車場中心の感じ。手前の建物がKAZEでその向こう側がMORI。二つのモールを結ぶ通路が見えます。

003 ⅰPhoneのカメラはそれほど広角ではないですね。

004 武蔵野線に駅までできてしまいました。朝一でどこに行くか、そりゃクリスピークリームドーナッツでしょ、と気合は入っているけど、場所が分からない。案内図を見てもどうも位置関係がわからないけど、野性のカンで、駅のすぐ前にある通路から入ってみると、ビンゴってことで正面にすでに行列が。

005 開店から10分ほど経ったところで、サービスのドーナツが配られました。甘いけど、ふんわりしていて口当たりがいい。「これで満足して帰ろうか」などと思ったが、そりゃ食い逃げか・・。詰め合わせを買う場合は優先的に別レジに案内してくれるということなので、ほぼ全部入りの12個詰め合わせを買うことに。

結局10分並んだだけでドーナツにありつく。

あとは、買い物というよりは見物ということで、二つの建物をブラブラする。

006 開店直後、ドーナツ屋の前。こちら、KAZEは回廊形式で、やや丸い三角形に近い形の通路の内外に店が並ぶ感じ。ちょうど入間のアウトレットモールに近いが、こちらの方が通路が広くて歩きやすい。

007 二階から。三階建てになってます。やっぱりちゃんとしたカメラ持って行くんだったなあ。

で、通路を渡ってMORIのほうへ。この通路から外を見ると、如何にも人造という感じの池がある。それでLakeTownか。越谷ってこんなに田舎なの?ってくらい周囲には何もないです(笑

MORIはゆるやかにカーブした吹き抜けの両側に通路があり、その通路に沿って店があるという感じ。

端まで来るともう11時が近い。メシだメシ、KAZEの三階に戻ると、どの店もかなりの行列。すぐに入れたステーキ屋で食事を済ませる。出てくるときにはここもすごい行列に。

そして通路はかなりの人混み。特に二つに分かれた通路が合流するところは新宿駅西口改札の6時頃の混みようだ(笑

12時過ぎに帰ることに。周辺道路は渋滞中。たぶん駐車場待ちだな。

さあっと一回りしただけなんだけど、入間に比べてずっと居心地がいいというか、イオンの手なれた店作りに感心。羽生に入っている店のほとんどはここにもあり、そういう意味ではわざわざここまで来てでも見たいと思わせるような店は自分としては無いけど、きっとあと数回は足を運びそう。あ、入間に入っていた自転車屋がここにもありました。Pinarelloを見て眼の保養(笑 24万くらいからあるんですね。

そうそう、電動一輪車?に乗ったスタッフが巡回しているとかいう噂がありましたが、そんな人は見当たりませんでした。10時ごろまでは空いていたんですけどね。

|
|

« キャリバー120帰還 | トップページ | カワハギ玉砕 »

コメント

行きましたか!
亀さんも行こうかと思いましたが、混雑を避けて、イオン浦和美園にしました。
ところで、亀さんちの近くの見沼田んぼ・芝川調節池の近くに多くの人が野鳥観察・撮影に来ていましたよ。「タゲリだ!」なんて歓声をあげていましたよ。

投稿: 亀さん | 2008年10月 5日 (日曜日) 23時42分

入間のアウトレットモールを

にんげんのアウトレットモールと
読み間違えて、

それって色んな民族の人が集まってるって事?

それとも色んなメーカーの人がそのビルに入ってるから?

と勝手に想像を暴走させてしまった自分です<(_ _)>(笑)

投稿: 辰ニイ^^ | 2008年10月 6日 (月曜日) 08時47分

>亀さん
毎度です。もう渡りの季節ですねえ。最近さっぱり鳥見に行けません。見沼が呼んでいる・・・。
レイクタウンは、平日をお勧めします(笑
>辰ニイさん
そうそう、色んな人間が放り出されてま・・って違います!
イルマですよ~。

投稿: Well-U | 2008年10月 6日 (月曜日) 19時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99702/42695979

この記事へのトラックバック一覧です: イオンレイクタウンに行ってきましたよ:

« キャリバー120帰還 | トップページ | カワハギ玉砕 »