« キャリバー120フラフラ | トップページ | キャリバー120の送信機 »

2008年10月19日 (日曜日)

タチウオ準備

平成12年ごろから去年まで、釣りに時間を割けなかった。そのため、今持っているロッドやリールはほとんどが10年近く前の物。とくにロッドは、今年2本買うまで10年近く買ってなかった。電動リールは去年電動丸の600Hを買ったので、当面これで行かないと。その前に買ったやつはどうも壊れたみたいで、PE6号を400巻いたまま放置(笑

つい先日小物用のリールも買った。

一番好きなのはタチウオなんだが、タチウオ用に使っているのは10年近く前のイカざお。去年の年末に久し振りに使ったけど、重い。中通しのロッドなので仕方ないけど、左腕が筋肉痛になったなあ。

ということで、新しいロッドを買おうかなあ、と上州屋やネットをうろうろしてみる。

タチウオ専用を謳うロッドも結構あるけど、目に留まったのはこの夏に発売されたダイワのAグリップ。コマセや置き竿系のネライと、文字通り手持ちのサソイがあるが、どうもタチウオにはサソイがよさそう。

Dsc_4307 ちょっと離れた上州屋で37%引きだったのでフラフラと持って帰ってきてしまいました。ネットを見てもこんなに安いところはありません。上州屋のセールが一番安いのか・・。

サソイの180。Hなのでやや固く、160号までの錘負荷。100号でもかなり曲がるので、相当胴に粘りがありそう。

タチウオのような釣り方だと、胴に張りがあって穂先の感度がいいロッドが適していると思う。できれば8:2くらいの調子が好みなんだが、100号下げられるロッドでそんな調子の竿は無いもよう。近いのはイカざおか。

このロッド、とにかく軽いです。最近はあまり中通しロッドを見ないけど、中通しだとこんなに軽くはできないだろうな。

タチウオだけでなく、オニカサゴとかにも使えそうなので今年は挑戦して見ようかな。

Dsc_4309 昔の感覚だと180は短い方なんだけど、最近はあまり長いロッドがないですね。

いっそ150でも良かったかな。

|
|

« キャリバー120フラフラ | トップページ | キャリバー120の送信機 »

コメント

亀さんは、小さい頃、よく太刀魚を食べましたし、好きでした。
東京に来て、関東の人はあまり食べず、店にも売っていないのを驚いた覚えがあります。
最近は、スーパーでも売っているので、みんなが食べるようになったんですね。
大漁をお祈りします。

投稿: 亀さん | 2008年10月19日 (日曜日) 22時09分

オニカサゴは、小網代港の新谷丸に通ってました。
久しぶりに行きたいなぁ。

投稿: ぱぱ | 2008年10月19日 (日曜日) 22時21分

>亀さん
毎度どうもです。
瀬戸内海には小型のタチウオが多かったですね。
自分も子供の頃たまに食べました。見てくれと違ってかなりおいしい魚ですね。
>ぱぱさん
オニカサゴ未体験です^^; おいしい魚らしいので、この冬はぜひ挑戦してみたいもんです。

投稿: Well-U | 2008年10月20日 (月曜日) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99702/42841798

この記事へのトラックバック一覧です: タチウオ準備:

» カレイ釣り [やっぱり海釣りは楽しい!]
平らなからだで、色のついた、上の面と、下になる白い面をもり、上の面にふたつとも目がある、独特な形をしている魚。その目は腹を下にしたときに右側になる魚といったら?そう、カレイです。からだを海底にぴったりとつけ、からだの色を回りの色に似せる習性があります。砂をかぶり、目だけを出して、えさをじっとまっていることもあります。実は、カレイは、生まれたときにはほかの魚と同様に目はからだの両側についているのですが、... [続きを読む]

受信: 2008年11月12日 (水曜日) 22時35分

» アナゴ釣り [やっぱり海釣りは楽しい!]
海釣りの楽しさは、いろいろな魚を釣ることができる点です。特に投げ釣りでは、シロギスやイチモチ、クロダイ、カレイ、ヒラメといった魚が一般的で、人気がありますが、実際、釣り場に行くと、狙った魚がきちんとえさに食いついてくれるわけではありませんよね。ぎょっとするような形状の魚が食いついてきてびっくりすることもあります。お寿司でお馴染みのアナゴも、その一種かもしれません。狙っていたわけでもないときにあの�... [続きを読む]

受信: 2008年11月12日 (水曜日) 22時37分

« キャリバー120フラフラ | トップページ | キャリバー120の送信機 »