« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月26日 (日曜日)

4+6=10

釣りは季節感の遊びですね。

秋口から本格的な秋に向かうこの頃、東京湾の釣りものと言えば、イイダコです多分。今までやったことないので、シーズンが終わる前にということで、25日土曜に行って来ましたよ。

江戸川区の船宿から、イイダコ→イシモチのリレー船です。リレー釣りも初めてだし、イシモチをわざわざ狙うというのも初めて。イシモチは、すり身の原料という印象しか無かったわけですが、以前金沢八景から仕立てで出た時に、外道で釣れたイシモチの刺身が予想外においしくて、それが印象に残っていました。

金曜は雨だったので、たぶん真水に弱いイイダコはだめだろうなあと思ったものの、やってみないとわからない。当日は6人の乗船者で、自分は左舷のトモに座ることができました。トモなんて何年ぶりかいな。左舷は2人、右舷は4人で出船。

江戸川を下り、一時間ちょっと走ってアクアラインの木更津側、盤洲へ。北風が吹いて多少波がある中イイダコスタート。

Cimg1128 仕掛けはスッテとテンヤでやってみる。テンヤにはほんとにラッキョウを付けてました。

第一投はスッテで。ポトンと落とすとすぐに着底、せいぜい4メートルか。ちょんと遊動仕掛けのハリス分をきいてみると、グニュウと・・。ありゃあっと竿をあおってみると、重い。そのまま巻いてくると、ちゃんとイイダコ君がついてきました。第一投から本命ゲットだ、こりゃ最高。今日は楽勝かなあ、うひゃうひゃ。 勢いづいた第二投は反応なし・・・。ちょっと重いなと思って上げてみるとノリやらゴミやら・・。やっぱり今日はだめかあ、と思っていると、船長はここをあきらめて移動。数百メートル南下してホテル三日月の真沖あたりで再開するも状況はあまり変わらず。ここでやっと2杯めをゲット。 船中あまりパッとせず。船長も竿を出すが、2杯釣った後は沈黙。操船に専念(笑

で、木更津の港内に移動。ここは少し深いが相変わらず反応は薄くて、テンヤで2杯を釣っただけ。しかし、後ろの右トモにはいった名人はかなりコンスタントに上げている。

結局何の盛り上がりもないまま11時頃にイシモチへ。自分は4杯。ミヨシの人は3杯。後ろの名人は17杯!「今日は最悪最低」と名人。イイダコ釣り、あまり面白くないです。アタリというか乗りを感知して合わせるというのは難しいし奥が深そうだけど、巻き上げてくるときにはただ重いだけなのがツライ。ある程度数を釣ってみないと魅力はわからないかもしれないなあ。

続いてイシモチポイントはアクアライン南側の20メートルダチ。イシモチは潮先が有利らしく、ミヨシの人が好調に上げ始めました。二本竿ともキャストして置き竿という、まるでカレイのような釣り方でダブルを連発。

こちらは単発(笑 アタリ自体はガクガクと竿先を叩くアジのようなあたりで、さらにアジよりパワフルに引くのでなかなか面白い。基本的に向こう合わせで勝手に食ってきますから置き竿でも十分かもしれませんね、確かに。

ミヨシの人は好調で20以上釣ったのではないかと。こっちは6・・。それも2時頃の潮どまり以降は沈黙。なぜかアジやキスが単発でかかったりしましたが。

で、3時頃納竿。結局イイダコ4のイシモチ6。両方合わせてなんとかツ抜けという、非常に情けない結果に。クーラースカスカ、気持ちは重く(笑 どちらもスソではなかったようですが、どちらも限りなくスソに近いという、「まあ、こんなこともあらーな」状態でした。

Cimg1138 こんな小物釣りで、俎板の上に収まってしまう釣果っていうのも考えもの。

次は気分転換に初挑戦スミイカか・・。これも数釣れるものじゃないしなあ。

そう、今回はあまり楽しくなくて、獲物も少なかったから気分が悪いんだなあ。タチウオやカワハギやフグは、数釣れなくても釣る楽しさがあるからなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

2008年10月23日 (木曜日)

キャリバー120の送信機

2.4GHZという最新スペックの送信機だが、多少の問題もあるようで。

Dsc_4160 まず、エンコン部分。通常のプロポと違って、スティックポジションで言うと中央から上が有効ストロークなので、ちょっと狭いというか、微妙なコントロールが難しい。さらに、このエンコンにリターンスプリングが入っていることがやりにくさに拍車をかける。普通の空用プロポから持ち替えると違和感アリアリ(笑

なぜこんな仕様にしたのだろう?おもちゃっぽくということか?

あとは充電。説明書にも「5V以下になると充電できません」と明記されているとおり、ある程度電池が消耗してくると、リポバッテリーの充電ができなくなる。ところが、送信機を機能させるのは4V以下でも十分できる。

結果、なんだか電池がもったいないことになる。このままだと、中途半端に使った電池と新品電池を入れ替えて充電と送信を行うことになる。単体の充電器が欲しいものだ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2008年10月19日 (日曜日)

タチウオ準備

平成12年ごろから去年まで、釣りに時間を割けなかった。そのため、今持っているロッドやリールはほとんどが10年近く前の物。とくにロッドは、今年2本買うまで10年近く買ってなかった。電動リールは去年電動丸の600Hを買ったので、当面これで行かないと。その前に買ったやつはどうも壊れたみたいで、PE6号を400巻いたまま放置(笑

つい先日小物用のリールも買った。

一番好きなのはタチウオなんだが、タチウオ用に使っているのは10年近く前のイカざお。去年の年末に久し振りに使ったけど、重い。中通しのロッドなので仕方ないけど、左腕が筋肉痛になったなあ。

ということで、新しいロッドを買おうかなあ、と上州屋やネットをうろうろしてみる。

タチウオ専用を謳うロッドも結構あるけど、目に留まったのはこの夏に発売されたダイワのAグリップ。コマセや置き竿系のネライと、文字通り手持ちのサソイがあるが、どうもタチウオにはサソイがよさそう。

Dsc_4307 ちょっと離れた上州屋で37%引きだったのでフラフラと持って帰ってきてしまいました。ネットを見てもこんなに安いところはありません。上州屋のセールが一番安いのか・・。

サソイの180。Hなのでやや固く、160号までの錘負荷。100号でもかなり曲がるので、相当胴に粘りがありそう。

タチウオのような釣り方だと、胴に張りがあって穂先の感度がいいロッドが適していると思う。できれば8:2くらいの調子が好みなんだが、100号下げられるロッドでそんな調子の竿は無いもよう。近いのはイカざおか。

このロッド、とにかく軽いです。最近はあまり中通しロッドを見ないけど、中通しだとこんなに軽くはできないだろうな。

タチウオだけでなく、オニカサゴとかにも使えそうなので今年は挑戦して見ようかな。

Dsc_4309 昔の感覚だと180は短い方なんだけど、最近はあまり長いロッドがないですね。

いっそ150でも良かったかな。

| | コメント (3) | トラックバック (2)
|

キャリバー120フラフラ

なかなか時間が無くて、京商から戻ってきたキャリバーを飛ばせませんでした。 その飛行の様子ですが、やっぱりフラフラです(爆 この機体は、軽く作ろうとしたあまり、安定感を大きく犠牲にしているようです。 メインブレードのセッティング次第で飛びが大きく変わります。 ちょっとずれると、ビデオのように機体がブルブル共振します。 テールブーム周りの安定化と、スワッシュの調整・・・かなりの改造が必要ではないかと。 ただ、ネットにはちゃんと飛ばしている映像もあり、すごい人がいるもんだと感心してます(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年10月11日 (土曜日)

カワハギ玉砕当日

金曜日に電話した船宿は、結局2名しか集まらず・・・。

羽田に行こうかと思ってたけど、急きょその手前の大井あたりの船宿に。

どうも久慈の時間が染みついていて4時半頃に出発したため、鮫洲の船宿には6時過ぎ到着。車を駐車場に止め、船に行ってみるとすでに両トモは押さえられている。早起きさんが多いのね(笑

定刻7時半に出船。雨模様だったけど10人ほど乗船。小一時間走って釣り場の竹岡沖に到着。

朝のうちはタタキ中心にちょっと中層を探ってみる。10時までに3尾をゲット。カワハギ、二回目だけど結構楽勝か?

ところがここからトラギスとベラの猛攻(爆 トラギスは30くらいは釣ったかなあ。午後1時頃に4枚目の25センチ級を追加したけど、それで終わり。

結局4尾。前回は8尾だったからなあ。隣の名人らしいベテランは同じく4尾。すそでなくて良かった。(船宿HPでは3~11)

11尾釣ったのは、たぶん自分の左隣、胴の間の人だろう。午前中は自分と同じだったのに、昼ごろにツボに入ったようで、5連釣。回りは唖然。1時半くらいに自主納竿して昼寝し始めました。

Cimg1106 海上自衛隊潜水艦航行中。

Cimg1113 帰りの羽田空港。

Cimg1115 20センチ台3尾。18センチ1尾。。今回船は空いていたけど、喰いも低調だったようで、まだ魚が固まっていないようです。

今回使ったロッドとリール、シマノBayGameカワハギM145とBiocraft300XHの組み合わせは軽くて精度も高く、なかなか良かったです。この組み合わせでフグやスミイカも行けそう。

次はスミイカ初挑戦か。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

カワハギ玉砕

Dsc_4266 釣りにはいい季節になりました。

LTのタチウオが終わってしまったので、さあ何にしよう?久慈漁港方面は最近青物で盛り上がっているようだけど、ハナダイとかイナダはあまり気が進まず、結局候補に残ったのは カワハギ、フグ、タチウオ、スミイカあたり。初挑戦のスミイカにかなり心が動いたが、準備している時間が無いようなので、カワハギかフグに絞った。Webをチェックすると、最近あまり釣れていないようだけど、人気はあるようで、専用のロッドとかリールもかなり揃っている。そういえば、カワハギ用のロッドを買ったんだった(笑 リールは、使えそうなのが3つあるんだけど、新製品を試してみたくて思わずネットでポチる(爆

結果がこれ。シマノのバイオクラフトXHの右巻き。170グラムというクラス最軽量リール。同じ店でほぼ同じ値段でダイワのスマックとかレッドチューンがあったんだけど、どっちかというとシマノが好きなので。 スマック機構には未練ありだったけど。

購入したのは神戸の店。PEライン付での販売なんだけど、発送の時に同梱し忘れたということで、ご丁重なお詫びの電話とともに、後日PEラインが2組送られてきた。そんなに気を使わなくてもいいのに(笑 フィッシングマックスさんおおきに。Dsc_4264

やはり軽量化を意識して、予想以上に小さい。スプールも穴だらけ。電動以外では自己新記録の高価なリール、使わないと。

さあ。では行ってみようということで、土曜日11日、カワハギに出撃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年10月 5日 (日曜日)

イオンレイクタウンに行ってきましたよ

10月2日にオープンしたイオンレイクタウン。こういう場所が大好きな人に引っ張られて行ってきました(笑 

今日までは9時オープンなので、7時過ぎに出発。駐車場には8時着。

002 ご覧のとおり、平置きの駐車場もまだまばら。羽生に比べて駐車場はそれほど広くなく、立体駐車場中心の感じ。手前の建物がKAZEでその向こう側がMORI。二つのモールを結ぶ通路が見えます。

003 ⅰPhoneのカメラはそれほど広角ではないですね。

004 武蔵野線に駅までできてしまいました。朝一でどこに行くか、そりゃクリスピークリームドーナッツでしょ、と気合は入っているけど、場所が分からない。案内図を見てもどうも位置関係がわからないけど、野性のカンで、駅のすぐ前にある通路から入ってみると、ビンゴってことで正面にすでに行列が。

005 開店から10分ほど経ったところで、サービスのドーナツが配られました。甘いけど、ふんわりしていて口当たりがいい。「これで満足して帰ろうか」などと思ったが、そりゃ食い逃げか・・。詰め合わせを買う場合は優先的に別レジに案内してくれるということなので、ほぼ全部入りの12個詰め合わせを買うことに。

結局10分並んだだけでドーナツにありつく。

あとは、買い物というよりは見物ということで、二つの建物をブラブラする。

006 開店直後、ドーナツ屋の前。こちら、KAZEは回廊形式で、やや丸い三角形に近い形の通路の内外に店が並ぶ感じ。ちょうど入間のアウトレットモールに近いが、こちらの方が通路が広くて歩きやすい。

007 二階から。三階建てになってます。やっぱりちゃんとしたカメラ持って行くんだったなあ。

で、通路を渡ってMORIのほうへ。この通路から外を見ると、如何にも人造という感じの池がある。それでLakeTownか。越谷ってこんなに田舎なの?ってくらい周囲には何もないです(笑

MORIはゆるやかにカーブした吹き抜けの両側に通路があり、その通路に沿って店があるという感じ。

端まで来るともう11時が近い。メシだメシ、KAZEの三階に戻ると、どの店もかなりの行列。すぐに入れたステーキ屋で食事を済ませる。出てくるときにはここもすごい行列に。

そして通路はかなりの人混み。特に二つに分かれた通路が合流するところは新宿駅西口改札の6時頃の混みようだ(笑

12時過ぎに帰ることに。周辺道路は渋滞中。たぶん駐車場待ちだな。

さあっと一回りしただけなんだけど、入間に比べてずっと居心地がいいというか、イオンの手なれた店作りに感心。羽生に入っている店のほとんどはここにもあり、そういう意味ではわざわざここまで来てでも見たいと思わせるような店は自分としては無いけど、きっとあと数回は足を運びそう。あ、入間に入っていた自転車屋がここにもありました。Pinarelloを見て眼の保養(笑 24万くらいからあるんですね。

そうそう、電動一輪車?に乗ったスタッフが巡回しているとかいう噂がありましたが、そんな人は見当たりませんでした。10時ごろまでは空いていたんですけどね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2008年10月 1日 (水曜日)

キャリバー120帰還

キャリバー120、どうにも難しいし、機体の調整の仕方が分からない、なんていう状況でした。

せっかく2万も出したので、京商さんにメールを出したところ、着払いで現物を送ってくれとのこと(どんなメールを出したかは秘密)。

土曜にヤマトに持っていくと、神奈川なので今日着きますよ、と言われたものの、今日って会社休みだろうなあ、いつ帰ってくるかなと思っていたところ、火曜には届きました。

開けてみると、どうも新品になっているようです。キャノピーが変わってないのは確認。しかし、サーボアームの角度も変わっているし、テール周りも新品だし・・。

Dsc_4248 スワッシュがまともな状態です(笑

同封されたメモには「機体ASSYを交換し、フライト調整しました。今後とも宜しくお願いします」とありました。 そうか、飛行調整したということは、おそらくちゃんと飛びますよ、ということだろうなあ。 

これで飛ばなかったら腕が悪い(核爆 

まだ飛ばしてませんが、スワッシュの角度は水平に近くなっていて、何かちゃんと飛びそうな雰囲気です。おまえ下手って宣告されそうで、まあそうなんだけど、ちょっとドキドキです。

ところで、今回の京商さんの対応、悪くなかったなあと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »