« 新キャノピーで | トップページ | リポバッテリー比較 »

2008年9月14日 (日曜日)

駿河湾、戸田の青物

3連休初日、朝3時に起きて出発。

首都高5号線が工事中なので、大回りになるが6号線から外回りで3号線へ。東名のETCゲート通過は惜しくも午前4時を3分過ぎてしまった(泣

今日は同僚の所有するボートで釣り→そのまま同僚の別荘で宴会と宿泊という素晴らしいコース。釣れなくてもOKだ、こりゃ。

6時半頃に出港して戸田湾へ。小さい港なのに大小様々な20隻以上の船が集まっている。皆青物狙いだ。釣り方はサビキ仕掛けを下してイワシを釣り、そのまま餌にして青物を狙う。戸田は天然の良港で、岸からほんの20メートルくらいしか離れてないのに水深は50メートルある。北以外は風にも強そうで、手漕ぎボート屋も営業しているらしい。

同僚の船には魚探もあり、イワシのタナが判るのでイワシをかけるのは楽だ。イワシがかかるとそのまま少しタナを下げて、本命を待つ。

いよいよ期待の第一投。イワシはすぐかかる、楽勝だ。でも本あたりは来ない。まあ、そう簡単に釣れるものでもない。回りの船も大型の釣り船から伝馬船みたいな船までいろいろだが、どこも釣れているようにはないなあ。

そうこうしているうちに自分にアタリ。ガツーンと来てギューンとしめ込む。よっしゃきたー、絶対青いぞ! ロッドは50号ハリス5号なので遠慮なく巻くが、途中結構な抵抗がある。海面近くで横ばしりするがなんとかタモ取りしてもらう。カンパチだあー。でも思ったより小さいなあ。せいぜい0.8キロってところか、45センチ。

続いて同僚が同型のカンパチ、1キロのイナダと連釣する、さすが船長だわ。イワシが結構大きく、3匹もかかるとかなり引く。何となく本命に追われているような感じもするが、よくわからない。もう少し柔らかいロッドを持ってくれば良かったかな。

時間は経過するものの、それから本命のアタリは無し。あきらめかけたところで、ずっと沈黙していた今日のゲスト、会社の上役(笑についにアタリが。 かなり強い引きで、無事にワラサ級をゲット。3人で大喜び(笑 まあ、イナダとの中間って感じだけど、つり情報でもこれくらいをワラサって言ってたし(爆

ということで11時頃にムツを狙うべく戸田を後にする。

012 真ん中あたりに数隻の船が写っていますが、朝がたはこの3倍くらいいました。皆釣れなくて移動していきました。

さて、移動した深場ではピクリとも反応がなく、砂浜でキスを狙うことに。

ところがキスにも振られ、全く反応なし。メゴチさえ釣れない。自分がワッペンカワハギを釣っただけ。針を飲んでいたので仕方なくキープ。

結局12時頃に帰港。ちょっとだけキープしたイワシを干したり、船を掃除したりしてウダウダ過ごしてから熱海へ移動。

013 かかったイワシを全部キープしていたらとんでもない数になっていただろうなあ。

煮付けとか刺身ででてきそうなイワシも結構いたので急にもったいなくなって干している図。

019 ワラサとカンパチ。カンパチはコリコリの刺身で非常にうまかったです。

温泉に入り、刺身や煮付け、カマ焼きを肴に宴会に突入するも、早起きがたたって9時には全員ダウン(爆 翌朝はおとなしく帰って来ました。

同僚の優雅な暮らしはほんとにうらやましかったです。

|
|

« 新キャノピーで | トップページ | リポバッテリー比較 »

コメント

亀さんは、14日に銚子・犬吠埼に行き、戸川港の船宿が経営する料理屋さんで、新鮮な魚を食べてきました。
釣り客も沢山いましたよ。

投稿: 亀さん | 2008年9月15日 (月曜日) 22時45分

亀さんは、14日に銚子・犬吠埼に旅行し、外川漁港の船宿が経営する料理屋で、新鮮な魚を食べてきました。
釣り客も沢山居られましたよ。

投稿: 亀さん | 2008年9月15日 (月曜日) 22時48分

ご無沙汰してます。
釣りはこの夏は満席の船で夜イカのみでした。
しかも釣果はたったの6杯(苦笑)

優雅な釣りが羨ましいっす。

投稿: ぱぱ | 2008年9月18日 (木曜日) 07時17分

>亀さん
どうもです。銚子から南の九十九里にかけてはおいしい魚を食べさせてくれる店がかなりありますね。天津小湊の「いいとこ」あたりはボリュームもすごいしおいしいですよ。
>ぱぱさん
お久です。
イカは6匹くらいが丁度いいです(笑
大洗か鹿島ですか?夜スルメは久しく行ってません。
一夜干しや塩辛にすると最高ですね~。

投稿: Well-U | 2008年9月19日 (金曜日) 08時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99702/42477220

この記事へのトラックバック一覧です: 駿河湾、戸田の青物:

« 新キャノピーで | トップページ | リポバッテリー比較 »