« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月25日 (木曜日)

J-SOXに思う

アメリカのSOX法に倣う形で導入されたJ-SOX法。
企業の粉飾決算や不正を防止し、投資家の判断材料としての財務諸表(外部報告資料)の健全性を確保する、というような目的。
日本の場合は対象が売上や売掛金、棚卸資産に限られ、決算報告に直結する部分を主として扱う。
自分の勤める会社でも既に二年近く取り組んでいるが、さて効果のほどはどうなのか?

<利点>
・何気なく行っている業務の本来の意味を理解し、その中で行われるべき統制に関して確認できた
・リスク(例えば報告数字が何人もの手を経るうちに間違ってインプットされてしまう、ような)に対し、それを防ぐためのコントロールを確認できる(不備を修正できる)
・経営者も含めて、企業のガバナンスに関する問題点や重要な点を認識できる

<問題点>
・事務局、プロジェクトメンバー等の工数を除外しても、コピーやら会計士コストなど、多大(数億レベル) の費用が必要。会計士やコンサルのいいメシの種になっている
・会計士は最後のところで責任を逃れているにも関わらず、現場実務を知らないが故の杓子定規な要求しかしてこないため、結果的に現場で生きるコントロールではなく、絵に描いた餅になる恐れが大きい。コントロールを維持するためのコストを考えていない(というかコスト度外視)。
・経営にとって財務報告数値が間違う程度では済まない大きなリスク、例えば新製品開発のリスク、事業拡大のリスク、或いはこれらリスクの見落とし等、要は経営陣のミスジャッジに対しては何ひとつ対策されない(まあ、それはJ-SOXの対象じゃないだろうが)

こう考えてくると、結果的にかけたお金に対する見返りはほとんど無い、と言っていい。
この法律を考えた官僚や、証券市場関係者、会計士は喜び、自己満足を感じるが、企業は全く幸せになれない。それがJ-SOX法だろうなあ。

本家のアメリカの場合は、日本よりもずっと細かく厳しい法律のはずなのに、サブプライム問題が出てしまったのはナゼなんだろう?

いくら事務処理上で間違いやモレが無いように対策しても、社長に「つべこべ言わずにヤレ」と言われて、「いやそれは内部統制上まずいです」、といえるサラリーマン(子供は大学生で家のローンが10年残っている)が何人いるんだろう?

いやまあ、情けない話ですけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年9月24日 (水曜日)

自ビール5回目

今回はBREWFERMのトリプル。修道院ビールだそうです。

Dsc_4242 スーパーサイヤ人も思わず見入る(笑

泡がきめ細かくて消えにくく、味は非常にしっかりした苦味とコクがあり、今まで作った中で一番おいしいです。

現在は同じメーカーのGoldというのを仕込中。今回はちょっと違うセットを頼んだんだけど、一次発酵のスピードがすごく速くてびっくり。今までと違う。なぜ違うかというと、砂糖の代わりにモルトをいれたため。よくわからんけど、なんとなくできばえが期待できそう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2008年9月23日 (火曜日)

ああ、2万円(笑

キャリバー120、手こずってます。

製品添付のマニュアルやHPを見ても、まともに飛ばない時のトラブルシューティングは無いですね。台湾や中国ならともかく、日本のメーカーなのになあ。

色々やってみまして、何とか浮かせることはできるものの、止めることは全く無理、もちろんコントロールもほとんどできません。何度か落としているうち、テールのステーは折れました(爆 浮いている時に、機体がガクガク揺れます。たぶんトラッキングが合ってないとか、そんな感じだろうけど、よくわかりませんなあ。

Dsc_4215 これを見る限り、スワッシュが傾いていても問題ない、というか、サーボは正常な状態なのかな、という感じはありますね。ただ、これで飛ばすと全くコントロールできませんけど。

うーん、何とかしないと。2万です(爆 やっぱり一万くらいの怪しいヘリを買っとくべきだったか。

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

2008年9月21日 (日曜日)

キャリバー120 練習

今日は早朝ラジコンとばかりに、早起きしていつもの場所でT-REXを飛ばすつもりが、どうも動きがおかしいなあ、とおもっているうちにテールが左右に揺れだす。どうもラダーサーボの動きがおかしい。他のサーボみたいに歯欠けかなあと思ってばらして見るが、それは確認できない。

ショップに持ち込むと、そりゃミソスリと言われ、メインマストかスピンドルあたりが怪しいと言われる。そのあたりに関してはまったく心当たりが無いが(笑 とりあえずばらして交換してみる。テストするとやっぱり同じ。出かける用事があったので時間ぎれ、仕方なくショップに預ける。

帰ってきて、やることないからキャリバー120で遊んでみる。

何とかまっすぐ上にあがるようになったが、浮いてからは横に流れたり、前に突進したりで全くと言っていいほどコントロールできない。

Dsc_4152 スタビが簡単に回るので、それを地面と平行にするのが一つの注意点。

スワッシュは相変わらず前右方向に傾いている。しかしどうやって調整するのかわからない。部品があまりにも華奢なので怖くていじれない。

Dsc_4158 一応アメンボも付いていて、やっぱりこれがあった方が練習は楽である。ちなみに、付属のステッカーの中に透明な部分があり、それを切って貼り付けて固定(笑 

ビデオを撮ろうと思ったけど、一回5秒くらいしか浮かせられないのであきらめる。

京商さん、HPでスワッシュの調整の仕方を教えてください。でないと、投げ出す人がいっぱい出ると思いまっせ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年9月19日 (金曜日)

京商 Minium AD キャリバー120

先日ポチった京商のミニラジコンヘリ Minium AD キャリバー120 噂だと今月末の発売ということだったが、18日にHPをチェックすると、「18日発売」となっていた。

で、帰宅すると、ちゃんと届いてました。発売日にちゃんと届くなんて素晴らしい>京商&洛西モデルさん

Dsc_4135

Dsc_4136 パッケージはごくシンプル。中身は送信機と本体、マニュアル類だけ。

Dsc_4142 iPhoneに乗るキャリバー120。右側にある送信機の背面にバッテリー充電用のジャックが。充電中。1セル150mmAhなので40分程度で充電できるらしい。乾電池4本が送信機の電源で、一回バッテリーを充電すると、0.4Vくらい下がりましたよ。

Dsc_4145 真ん中にはメインローター用のモーター。基盤がびっしり。

Dsc_4144 見えにくいが、テールブーム付け根の両側にはサーボが。左側がエルロンで右がエレベーターだったかな。

一応スワッシュもあって、ピッチは変わらないけど、ちゃんとエルロンやエレベーターは作動します。スワッシュが平行でないのが気になるけど。

Dsc_4147 テールローターは専用のモーターで駆動。

で、大きさはともかく非常に軽いです。以前、赤外線で飛ぶ2チャンネルのトイヘリで遊んでましたが、あれを一回り大きくしたくらい。それで4チャンネルなんだから大したもんだと思います。まともに飛べばの話だけど。

どうも強度とか剛性とは無縁の部品でできている感じ。意外と難しいかもなあ、と思ったり。で、バッテリーの充電が終わったのは12時過ぎだったので、ちょっと飛ばすだけにしたけど、ちゃんと浮きませんでした(爆

T-REXより数段難しそう。大体エンコンスティックがセンターなのは妙に違和感強いです(笑

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

リポバッテリー比較

リポバッテリーってよくわからん。どうも高性能であるのは間違いないらしい。

Nob_4108 上から、MaxPower アストロプロダクツ アライン純正(T-REX同梱品)。

価格は、アライン>アストロ>Max Maxはアラインの半額程度(ヤフオクで)

Nob_4114 左から、アライン アストロ Max アラインが妙に薄い

Nob_4117 体積は右端のMaxが最大と思える。左端のアラインがもっともコンパクト。

Nob_4119 もっともずっしりときたMaxは176グラム。

Nob_4121 アストロは185グラム。あれ?意外と重い。

Nob_4123 最軽量はアライン純正。群を抜いて軽い。やはりコンパクトな分軽くできている。

アストロとアラインは25回程度、MAXはまだ5回しか充放電してないので、耐久性は何ともいえないが、パワーが似たり寄ったりのようなので、結局はバイクの部品と同じように、軽さに金を出すみたいなことかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年9月14日 (日曜日)

駿河湾、戸田の青物

3連休初日、朝3時に起きて出発。

首都高5号線が工事中なので、大回りになるが6号線から外回りで3号線へ。東名のETCゲート通過は惜しくも午前4時を3分過ぎてしまった(泣

今日は同僚の所有するボートで釣り→そのまま同僚の別荘で宴会と宿泊という素晴らしいコース。釣れなくてもOKだ、こりゃ。

6時半頃に出港して戸田湾へ。小さい港なのに大小様々な20隻以上の船が集まっている。皆青物狙いだ。釣り方はサビキ仕掛けを下してイワシを釣り、そのまま餌にして青物を狙う。戸田は天然の良港で、岸からほんの20メートルくらいしか離れてないのに水深は50メートルある。北以外は風にも強そうで、手漕ぎボート屋も営業しているらしい。

同僚の船には魚探もあり、イワシのタナが判るのでイワシをかけるのは楽だ。イワシがかかるとそのまま少しタナを下げて、本命を待つ。

いよいよ期待の第一投。イワシはすぐかかる、楽勝だ。でも本あたりは来ない。まあ、そう簡単に釣れるものでもない。回りの船も大型の釣り船から伝馬船みたいな船までいろいろだが、どこも釣れているようにはないなあ。

そうこうしているうちに自分にアタリ。ガツーンと来てギューンとしめ込む。よっしゃきたー、絶対青いぞ! ロッドは50号ハリス5号なので遠慮なく巻くが、途中結構な抵抗がある。海面近くで横ばしりするがなんとかタモ取りしてもらう。カンパチだあー。でも思ったより小さいなあ。せいぜい0.8キロってところか、45センチ。

続いて同僚が同型のカンパチ、1キロのイナダと連釣する、さすが船長だわ。イワシが結構大きく、3匹もかかるとかなり引く。何となく本命に追われているような感じもするが、よくわからない。もう少し柔らかいロッドを持ってくれば良かったかな。

時間は経過するものの、それから本命のアタリは無し。あきらめかけたところで、ずっと沈黙していた今日のゲスト、会社の上役(笑についにアタリが。 かなり強い引きで、無事にワラサ級をゲット。3人で大喜び(笑 まあ、イナダとの中間って感じだけど、つり情報でもこれくらいをワラサって言ってたし(爆

ということで11時頃にムツを狙うべく戸田を後にする。

012 真ん中あたりに数隻の船が写っていますが、朝がたはこの3倍くらいいました。皆釣れなくて移動していきました。

さて、移動した深場ではピクリとも反応がなく、砂浜でキスを狙うことに。

ところがキスにも振られ、全く反応なし。メゴチさえ釣れない。自分がワッペンカワハギを釣っただけ。針を飲んでいたので仕方なくキープ。

結局12時頃に帰港。ちょっとだけキープしたイワシを干したり、船を掃除したりしてウダウダ過ごしてから熱海へ移動。

013 かかったイワシを全部キープしていたらとんでもない数になっていただろうなあ。

煮付けとか刺身ででてきそうなイワシも結構いたので急にもったいなくなって干している図。

019 ワラサとカンパチ。カンパチはコリコリの刺身で非常にうまかったです。

温泉に入り、刺身や煮付け、カマ焼きを肴に宴会に突入するも、早起きがたたって9時には全員ダウン(爆 翌朝はおとなしく帰って来ました。

同僚の優雅な暮らしはほんとにうらやましかったです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2008年9月 7日 (日曜日)

新キャノピーで

最近テラスでは飛ばしてなかったんですが、キャノピー新調記念で(笑 逆舵や、さらにその逆舵の意味がなんとかわかってきて、動いた直後に打てるようになりつつあります。 まあ、上空に行くのもまだまだ先ですが。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

少し上達??

夏休みをはさんでこの一か月、休みの日には早朝ラジコン(笑 バッテリー2本だと調子が出始めたところで終わりになるので1本追加したり。

ただ、天気は結構不安定で、思うようには練習できなかったですね。

今週、土曜は3本目で調子に乗って対面ホバをやったら、エレベーターアップとダウンを逆に打ってしまい、それがきっかけでノーコンになって地面にグシャ・・。最近は横ホバでちょっと乱れたくらいだったら立て直しできていたんだけど、やっぱり対面はまだ無理かあ。

修理に手間取って土曜は終わり。ショップに3回も行ったり来たり(笑 たまたまラジコン命の若い衆にいろいろ教えてもらう。メトロノームや背面ホバだから役に立たないけど(爆 どの世界でも、すごい人はいるもんだなあ。Dsc_4103

修理中。テールブーム、フライバー、スピンドル等。結構手間がかかった。

で、今日は5メートルくらいの上空でホバってて、なぜか急に10メートルくらい横に走ってしまい、田圃まで行きそうだったのでとっさに木に持っていく。思ったほど損害は無かったけどキャノピーが割れた・・。ショップにいいのがあったので、ちょっと派手だけど星条旗バージョンを。

Dsc_4106 派手だけど、ある程度目立たないと見失う恐れあり。

ケツホバならほぼ1メートル以内に収められるようになりましたけどね。まだまだ先は長いです~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »