« さぬきうどんめぐり その2 | トップページ | iPhone3G逝きました »

2008年8月17日 (日曜日)

生まれ育った町

大学で神戸に出て以来、年1回程度帰省するだけだが、何故かホッとする風景が故郷にはある。

Dsc_4006 かなたに瀬戸大橋が見える。夏場にしては視界がいい。ちょっと白波がたっているのも珍しいことで、今日は風が強いようです。

たぶん橋脚の下あたりが与島のPAだろう。

Dsc_4014 海からほんの100メートルくらいしか平地がなく、すぐに低い山地につながる、ミニチュア神戸みたいな土地。農地もあまりなく、典型的な漁師町。

Dsc_4005 すぐ沖にある島。自分が子供の頃はほんとの島で、10年近い歳月をかけて干拓工事が行われた。当時は干拓によって造成された土地に企業を誘致し、地元に経済効果と雇用をもたらすという触れ込みだったらしいが、できあがってみると一軒の工場もない惨状・・。

福祉関係の専門学校と、コンビニと、宅地と、ほとんど使われないコンベンションホール。まさに役人による税金無駄遣いの象徴だ。島は陸続きになって、50世帯くらいの住民の利便性は上がったんだけど。

港が統合されて大規模になり、干拓地ができて、そして人口が減ったのがここ40年くらいの変化か。

田舎ではあるけど、田舎にしか無いものがたくさんある故郷だ。

|
|

« さぬきうどんめぐり その2 | トップページ | iPhone3G逝きました »

コメント

若い頃は、故郷の良さが殆んど分からなかったけど、年齢を重ねると、故郷がいいなあ~と思うようになりますね。
ただ、平成の合併で、隣町が同じ町になって、その辺の出身の人から「同じ町の出身ですね。」と言われると、戸惑うことがあります。(浅口市も合併市ですよね。)

投稿: 亀さん | 2008年8月17日 (日曜日) 22時16分

故郷って…
歳を食うほど
郷愁を呼び起こしますよね^^
特に遠ければ遠いほど…。

投稿: 辰ニイ^^ | 2008年8月18日 (月曜日) 18時01分

ああ、ここ昔に児島在住だった頃、川崎アネーロで散歩したことがありますね。
なんだろう、この埋め立て地はって(笑)
あの頃はホント何にも無かったように思います。
この辺りの海沿いの神社が興味深かったことを思い出しました。

投稿: くろムル | 2008年8月19日 (火曜日) 19時58分

>亀さん
昔は浅口郡だったので、浅口市って言われてもあまり違和感はありません ^^; 市になって何か変わったんでしょうかねえ?家族の話では同じらしいです
>辰ニイさん
埼玉からだと遠いです。年に一回だからいいのかもしれませんね。
>くろムルさん
児島にお住いだったんですか。応神天皇が今は陸地になったこの島に立ち寄ったという言い伝えがありますので、それなりに歴史があるんでしょうね。確かに暮らしやすい土地柄だと思いますよ。

投稿: Well-U | 2008年8月19日 (火曜日) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99702/42189943

この記事へのトラックバック一覧です: 生まれ育った町:

« さぬきうどんめぐり その2 | トップページ | iPhone3G逝きました »