« ポピーの咲く道 | トップページ | 日立カレイ釣り雪辱ならず »

2008年5月22日 (木曜日)

リムーバブルディスクでデュアルOS環境を構築

去年の6月くらいから大したニーズも無いのにVistaのHomePremiumを導入したが、最近どうしてもXPの環境が欲しくなった(理由はまたそのうち・・)。

ネットで情報収集し、現状Vistaを入れたHDDの別パーティションにXPを入れてみたが、XPインストールの途中にトイレに行って戻ってみると、「OSが見つかりません」みたいなメッセージが・・・。うひゃあってことで色々やってみるがダメ。情けないことにDOSコマンドもきれいさっぱり忘れており、ギブアップ。どうやらVistaのOSローダーと書き換えてしまったようで、対処方法もちゃんとメモってあったのだがどうにもならず。

結局あきらめてVistaクリーンインストールするハメに(号泣 まあ、おかげで色々導入してたもののあまり使わなくなったソフトやらデータを一掃する踏ん切りがついたので良しとしよう。

で、それでもXPが欲しいので、HDD2台使ってのOS切替(正確にはマスターHDDの切替か?)を検討。途中、HDDの電源切替器みたいなキワモノにも食指が動いたが、結局は無難なモバイルラックを導入することに。

Sarc1top ←これ。類似商品は色々あって、RAIDを組めるものに逝きそうになったがそんなにスピードを追い求める年でもないと踏ん張る(笑

ケースを5インチベイに取り付けて電源とケーブルをつなぎ、HDDを入れたケースを抜き差しするというもの。前面の鍵で電源のON、OFFができる。

Sarc1_hd ケースにHDDを取り付けたところ。ケーブルや電源の配線がきつく折れ曲がってやや不安ありだなあ。このケースをラック側の電源及びデータ端子にカチっとはめるわけだけど、精度が・・・・。自分の場合は抜き差しはほとんどしないと思うので問題ないけど、本来の使い方をするには結構苦しいように思う。

Hontai_i_con これがラック側の差込み部分。

Sarc1_key 前面のキーで電源切替。

このラックにはVistaの入ったHDDを入れて、マザボのSATAの第一ポートにつないだ。

もう一つ、XPの入ったHDDは内蔵してSATAの第二ポートにつなぐ。この状態でラックの電源を切ればXPが、電源を入れればVistaが立ち上がって目的達成(笑 ただ、Vistaは素直には立ち上がらず、一度ドライバの読み込みまで行ってから再起動することがある。やはり古いとはいえOSが二つある状態では迷うのかもしれない。

この逆のつなぎ方をしてラックの電源を入れてもVistaは立ち上がらず、XPが立ち上がってしまう。OSローダーで聞いてくることもない。Biosをいじればなんとかなりそうな気もするが、まあいいか。不都合が出てきたらまた考えることにする。久しぶりにPCいじって結構楽しかったです。XPのほうが使い勝手が良いということを実感。しかし、シャットダウンは圧倒的にVistaが早いです。

|
|

« ポピーの咲く道 | トップページ | 日立カレイ釣り雪辱ならず »

コメント

自分は二つのパソを切り替え器を使って
一つのキーボード、モニター、マウス
で使用してます。

でもマウスがね上手く切り替わらずに
動かないときがシバシバです。
そんな時は切り替え器をカチャカチャと
A,B切り替えると2回位すれば
マウスが上手く動き出します。
well-uさんのはHDDそのものを
切り替えてるんですね?

投稿: 辰ニイ^^ | 2008年5月23日 (金曜日) 10時59分

亀さんも、昔、似たような経験があって、パソコンに記憶させていた映像ファイルをすべてパーにしたことがあります。
それ以来、写真は、一切、パソコン内に記憶させず、MO(CDなども)に記憶させています。

投稿: 亀さん | 2008年5月24日 (土曜日) 00時43分

>辰ニイさん
毎度です。はい、HDDを切り替えているわけです。片方だけオンオフしているんですけどね、この製品は内蔵HDDとして認識されるのでそれができるみたいですよ。
>亀さん
パソコンって、わからないところが多くて楽しいですね(爆

投稿: Well-U | 2008年5月24日 (土曜日) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99702/41285647

この記事へのトラックバック一覧です: リムーバブルディスクでデュアルOS環境を構築:

« ポピーの咲く道 | トップページ | 日立カレイ釣り雪辱ならず »