« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月25日 (日曜日)

日立カレイ釣り雪辱ならず

前回スソをひいてしまったカレイ釣り。原因は竿と言うことにして(笑 もうちょっと小突きの釣りに合った竿を握りしめてリベンジに行って参りました。

07002_04_2 買ったのはこれ。去年のフグ釣りでカワハギ竿折ってしまったし、カレイもカワハギもフグも同じようなもんやろ、ということで、ヤフオクに妙に安いのがあったので落札。バットは上州屋でゲット。なんだかシマノの戦略にはまってやったようでちょっと悔しいが。

金曜に電話したら、前回乗った船は休みということなので、以前ムラソイで何度かお世話になった船に。水温は依然上がらず、状況はあまり良くないらしい。

土曜早朝、港に着くとすでに同乗者が4人。まだ船は回ってきてなかったのでブラブラして帰ってきたら船は着いており、すでに四隅を押さえられていた(爆 仕方ないので空いている胴の間に入る。船長によると、左隣のミヨシの人は「名人」らしい。

ほお、こりゃ勉強になるかも、という思いと、全部釣られて俺には分け前まわってこないかも、という思いが交錯してしばし複雑な気持ちに(笑

Cimg1066_2 今朝の日立はモヤが凄かったです。

低速で1時間ほど走って釣り場到着。

さあ、名人はどんな釣りをするのか・・。眼は無意識に左隣を盗み見る(笑

竿は・・普通の和竿だけどオーダーメイドかもしれない。仕掛けは・・3本針の手作りっぽいなあ。

いよいよ投入。小突きは・・普通だ、俺と変わらんのじゃないか?と思っていたら自分の竿にアタリ。船中1枚目をゲットする。ここまでは名人に勝っている、まだ30分くらいだけど(笑 心なしか名人の小突きに力が入ってきたような・・・。と思っていたらポンポンポンと3枚連続で上げた。さすがだ。

自分は、1枚上げた次の投入でいきなりアタリがあるがエサの尻尾をちぎられただけ。しばらくしてまたアタリがあり、今度は途中まで上げたところでバラシ・・・。どうも喰いが浅いようだ。こういうときは、アタリやモタレ、ノリを察知してからさらに送り込んで食い込ませる、ヒラメとか喰いの悪い時のタチウオのような対応が必要・・と頭では理解する(笑

名人もそこはさすがで、竿を水面に対して垂直にしてしばらくおき、ゆっくりと聞き合わせて針がかりさせるという動きで順調に釣っている。ほんとにさすが。自分はそもそもアタリが取れない、またはモタレを察知できない。タチウオみたいにエサがぶら下がっているわけではなく、キスみたいにスポっとエサを吸い込むわけでも無いようで、小突きの途中に前アタリを取るのは結構難しい。カレイの奥深さを垣間見た思いがしたり。

昼過ぎに納竿。結局自分は4枚。数は不満だが(前回より悪い)、ちゃんとモタレというか前アタリを取って2枚釣ることができたので、スソでもないしまあまあ満足。完全リベンジというわけには行かなかったけど。

名人はさすがの10枚。あの状況でつぬけは大したものだと思う。自分の隣のトモの方は完全ボウズ。左舷のお三方も自分と似たような結果だったと思う。

Cimg1069 35センチ、30センチ、30センチ、25センチ。25センチって東京湾では良型だけど、ここではやけに小さい。自分がこの久慈漁港に通っていた頃は、カレイなんてやる船はほとんどおらず、大洗の船が何隻かやっていた程度だった。そのおかげでこうした大型揃いが釣れるのだと思う。今でも4、5月限定のようなので、ムラソイのようにうまく保護して末永く楽しませてほしいものだ。

カレイの煮付け、おいしかったですよ。明日は塩焼きで。天気が良くなくて一夜干しにできなかったのが心残りだなあ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2008年5月22日 (木曜日)

リムーバブルディスクでデュアルOS環境を構築

去年の6月くらいから大したニーズも無いのにVistaのHomePremiumを導入したが、最近どうしてもXPの環境が欲しくなった(理由はまたそのうち・・)。

ネットで情報収集し、現状Vistaを入れたHDDの別パーティションにXPを入れてみたが、XPインストールの途中にトイレに行って戻ってみると、「OSが見つかりません」みたいなメッセージが・・・。うひゃあってことで色々やってみるがダメ。情けないことにDOSコマンドもきれいさっぱり忘れており、ギブアップ。どうやらVistaのOSローダーと書き換えてしまったようで、対処方法もちゃんとメモってあったのだがどうにもならず。

結局あきらめてVistaクリーンインストールするハメに(号泣 まあ、おかげで色々導入してたもののあまり使わなくなったソフトやらデータを一掃する踏ん切りがついたので良しとしよう。

で、それでもXPが欲しいので、HDD2台使ってのOS切替(正確にはマスターHDDの切替か?)を検討。途中、HDDの電源切替器みたいなキワモノにも食指が動いたが、結局は無難なモバイルラックを導入することに。

Sarc1top ←これ。類似商品は色々あって、RAIDを組めるものに逝きそうになったがそんなにスピードを追い求める年でもないと踏ん張る(笑

ケースを5インチベイに取り付けて電源とケーブルをつなぎ、HDDを入れたケースを抜き差しするというもの。前面の鍵で電源のON、OFFができる。

Sarc1_hd ケースにHDDを取り付けたところ。ケーブルや電源の配線がきつく折れ曲がってやや不安ありだなあ。このケースをラック側の電源及びデータ端子にカチっとはめるわけだけど、精度が・・・・。自分の場合は抜き差しはほとんどしないと思うので問題ないけど、本来の使い方をするには結構苦しいように思う。

Hontai_i_con これがラック側の差込み部分。

Sarc1_key 前面のキーで電源切替。

このラックにはVistaの入ったHDDを入れて、マザボのSATAの第一ポートにつないだ。

もう一つ、XPの入ったHDDは内蔵してSATAの第二ポートにつなぐ。この状態でラックの電源を切ればXPが、電源を入れればVistaが立ち上がって目的達成(笑 ただ、Vistaは素直には立ち上がらず、一度ドライバの読み込みまで行ってから再起動することがある。やはり古いとはいえOSが二つある状態では迷うのかもしれない。

この逆のつなぎ方をしてラックの電源を入れてもVistaは立ち上がらず、XPが立ち上がってしまう。OSローダーで聞いてくることもない。Biosをいじればなんとかなりそうな気もするが、まあいいか。不都合が出てきたらまた考えることにする。久しぶりにPCいじって結構楽しかったです。XPのほうが使い勝手が良いということを実感。しかし、シャットダウンは圧倒的にVistaが早いです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2008年5月21日 (水曜日)

ポピーの咲く道

先週末は人間ドック(+脳ドック)のあとおとなしく家にいて、PCをデュアルブート環境に変えるためにいじくったり、XRBを飛ばして墜落させたり(笑 熊谷まで部下の陸上競技の応援に行ったり。

しかし、日曜はいい天気でどうにも退屈になり、ちょっと近場をうろついてきました。

Dsc_3590

町内の用水路沿いに花を植えています。もともとコスモスを植えていたわけですが、春にはポピーということにしたようです。

Dsc_3596 なかなかきれいに咲いていて、たくさんの人が散歩がてら楽しんでいました。

Dsc_3592 影を作らずに撮影するのは意外と難しいですね。

マクロレンズがあってもいいなあと思ってみたり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年5月20日 (火曜日)

XRB 浮遊する箱?

XRB SR シャトルは大きく分けて3つのパーツから成り立っている。

中心はモーターやジャイロ、メインマスト等が集まった部分。それに取り付ける形のキャノピーとテール部分。で、キャノピーとテール部分を取り外しても、ちゃんと飛ぶらしい。テールローターは飾りで、二組の反転するブレードで反動トルクを打ち消しているから、大丈夫なわけ。

で、実際に確かめてみた。まずキャノピーとテール部分を外してみる。

Dsc_3341 テール部分は14グラム。意外と重い。

Dsc_3343 キャノピーは9グラム。

Dsc_3344 前後23グラムの部品を外すと、ただの箱(笑 けど、機能的にはこれでおk。

Dsc_3348 飛ばしてみると、いきなり前方に向かって猛ダッシュして慌てた。

後ろが重かった分重量の前後バランスが崩れたようだ。

で、なんとか調整して無事浮上。プロポ操作しながらなので不鮮明ですが。

Dsc_3351

スキッドのところにのぞいている黒っぽいものはバッテリー。これを後ろにずらしてバランスを取った。

こんなことして何にもならんけど、23グラム軽くなったXRBはいい飛びでしたよ。できればこれで飛ばしたいが、ちょっと前後の見分けがつきづらい(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年5月14日 (水曜日)

ペットロスト症候群か?

5月10日早朝、愛犬が逝きました。

腫瘍摘出手術の麻酔から醒めることなく、13年と3ヶ月の命を終えました。13年間、家族のように一緒に暮らしたラブラドール・リトリーバー・・・。

小さいときはヤンチャで手を焼いたこともありましたが、庭のサークルからリビングに入ってからは、ほとんど吠えることも無く、静かに、しかし愛嬌と元気よさを振りまいて、いつも家族を元気にしてくれました。

今年1月に腹部にシコリが見つかり、検査では良性か悪性かはっきりしないまま、高齢ということと以前の麻酔手術で体調を崩してしまったことから、手術は見送る決断をしました。

しかし、腫瘍はどんどん大きくなり、ソファーに飛び上がれなくなったり、走るスピードが遅くなったりと目に見えて影響が出てきました。いつも一緒にいるため、腫瘍が大きくなっていることはわかっていても、こうした影響が腫瘍よりも年齢のせいと勘違いしていたところもあり、結果的に手遅れにしてしまったのではないか、そう思います。

食欲は全く衰えていませんでしたが、動作の端々につらそうな様子が見えはじめ、このままでは可哀想だ、やはり手術しようということになり・・。獣医にもかなりのリスクを覚悟してくれと言われ、手術への立会いを要請されました。

そして、9日の夜から始まった手術は12時半ごろ終わったものの、麻酔から醒めず、10日の午前2時前、獣医に心臓マッサージをやめるようお願いしました。

このままだと1,2ヶ月のうちに腫瘍が破裂して命を落としていただろう、腫瘍はリンパ節にも転移していて、それが切除しきれなかったので、そのうち転移して長くは生きられなかっただろう・・・。

獣医はそう説明しました。多分そのとおりだったでしょう。仮に麻酔から醒めても、手術の痛みや転移の苦しみや、そういったことを知ることなく逝ったのは愛犬のためには良かった・・・。知人からはそう慰められたし、自分達もそう思うことにしました。自分の腎臓移植より3倍くらい大きな手術創を見ると、確かに目が覚めなかったほうが良かったと。

ただ、やはり飼い主としての注意力に欠けていたと思うし、もちろん早い段階で手術すればうまくいったのかそれはわからないにしても、すまなかったという気持ちは消えません。いつもリビングをうろうろしたり昼寝したりしている姿が無くなり、その喪失感の大きさとともに悔悟の思いは強くなります。

今はただ、あちらの世界で、自由に走り回り好きなものを一杯食べて幸せにしているであろう姿を想い、慰めとするだけです。

Marin_108_2 ありがとう、リリー。

ほんとうにごめんなあ。

P1000068_2 

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2008年5月 7日 (水曜日)

XRBかなり行けるようになりました

ラジコンヘリは、坂道ではなく階段を上がるように上達する、らしいです。

これを実感できた今日この頃です(笑

一週間くらい前から急にうまく(というかあまりミスせず)に飛ばせるようになりました。正確には、壁や家具にぶつける前に着陸させたり、そもそも安定的にホバリングが続くようになってへんなほうに流れていくことが少なくなったり、ということです。現在は横向きホバリングを練習中。

こうなってくると飛ばすのが楽しくて、このGW中は一日に何回も充電する日もありました。

Jacket_150 そこでこんなものも買ってみた。

「1時間で学べるホバリング講座」DVDです。

操作自体はDVDで覚えられるようなものでは無いですが、メカニズムや練習ステップは役に立つと思います。

特に、XRBのメカニズムや、どうやってラダーやエルロン、エレベーターの動きを出すのか、ちゃんと理解できました。やはり理論がわかってないとダメですな。

それはそれとして、やはり広い空間が欲しいです。プレッシャーの少ない、広い部屋で練習すればもっと上達早いだろうなあ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2008年5月 5日 (月曜日)

茂林寺に行って来ましたよ

GWなのに特に遠出もせずにいましたが芝桜とかイチゴとかうどんとか、そのあたりを目当てに出かけて来ました。

芝桜のある野鳥の森公園は、東武伊勢崎線の茂林寺駅の近く。クルマだと自宅から小一時間の距離。周囲には分福茶釜で有名な茂林寺があるし、昼は有名な館林のうどんでも、ということで出発。

Dsc_3122 芝桜はもう終わりでした(爆)

やはりこの時期は羊山公園に行けってことですね。

ここから湿原を越えて徒歩で茂林寺へ。

Dsc_3138 山門からタヌキが両側でお出迎えです。

時節柄こいのぼりも登場(笑)

Dsc_3154

Dsc_3155 いったい何匹のタヌキがいるのやら

かなり賑わっていましたが、こういう場所の常で、一回見れば十分でした。

館林うどんは冗談みたいに混んでました。うどんはまずまずおいしかったですが、つゆはいまいち。値段もご立派。ここも一回行けば十分でした。

| | コメント (3) | トラックバック (1)
|

2008年5月 1日 (木曜日)

マゾイ万歳

先日日立で釣ってきたマゾイ。

ソイというのはカサゴ系の根魚で、日立あたりではムラソイ、マゾイ、クロソイが釣れる。そもそも寒流系の魚のようで、千葉まで下ると釣れないはず。

このソイの中でもレアで、おいしいのがマゾイらしい。ムラソイは一昔前には何回も通っていて、50センチを釣って釣り新聞に載ったこともあったりする(笑) 腹からタコが出てきて心底驚いた。釣りものとしては人気が高いムラソイだけど、食べてみれば普通のカサゴ系の味で、しかし刺身はやっぱりカサゴの方がおいしい。大体ムラソイ釣りに行くとカサゴやメバルも釣れるので、刺身はカサゴ、煮物はムラソイという住み分けだったなあ。

で、今回釣れたマゾイ、煮て食べてみましたよ。

Kitsunemebaru やっぱりカレイよりかなりおいしかったですよ。カレイと同じような淡白で上品な白身だけど、カレイよりも歯ごたえがあって旨みも上。

マゾイ恐るべし。今度釣れたら刺身で食べてカサゴと比較だ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

Garmin Vista HCx

Mio C323のような大きなものはチャリには使いにくい。Garmin eTrex Camoは地図が入らない。

ということで地図が入ってコンパスや高度計も付いていて、カラー液晶でmicroSDも使えるというやつを買ってみました。

Dsc_0208 もちろん英語版。値段が倍くらい違いますよ。

Camoと比べてインターフェイスは変わっているもののメニュー構造は継承していて、そんなに違和感無いです。

デフォルトで入っている地図は世界地図のようで、全く使い物になりまへん。高速道路らしき線が引いてあるだけ。地名もKukiとかTatebayashiどまり。やっぱり日本地図を追加しないとダメだな。まあ、UUD製作所のやつを注文済みだけど(笑)

Dsc_0211 液晶の上にジョグダイアルがある。機能が増えた分、操作系も追加。

GPS感度はCamoに比べて劇的に上がっており、室内でもちゃんと衛星を5,6個捕捉する。Camoは一つもできなかった。

操作に対する反応も良く、今のところそのあたりの不満は無し。

注文した地図は「日本詳細1:25000道路地図+TOPO(20m等高線付き)」 ルート案内機能付きらしいですよ期待してないけど(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »