« HP2 SPORT | トップページ | やっぱりBMか »

2007年10月 6日 (土曜日)

渋谷→厚木試乗旅   

11時丁度に家を出る。

渋谷のモトコルセでDB6Delirioの試乗だ。三連休の初日とあって首都高の墨田あたりからずっとすり抜けを強いられる。久喜インターに入っていったMagniBMWのサイドカーを、新井宿から高速に乗った自分がパスする。まあ、サイドカーだからしょうがない。

ということでかなり時間かかって12時半にモトコルセ着。

Dsc_0586 ドノーマルのDB6。1000DSエンジンに乾式クラッチ。

渋谷→恵比寿の街中を乗ってみたところ、印象としては、とにかく軽いことと、思ったよりよく走ること。ハンドリングも軽くて非常にダイレクトだ。シフトストロークも短くてカチッカチッと気持ち良く入る。ブレーキはブレンボタッチです。

Dsc_0594 乾式クラッチは以前のR1150Rで慣れていたから特に不都合は無かったが、なんかウルサイ(笑) ガラガラガラ→クラッチ切る→シャーっというのはなんとなく嫌いじゃないけど。

で、試乗終わって担当者と話していると、店長から「良かったら厚木のラボにDB6Cがあるので試乗しますか?}というお誘い。天気もいいし、行ってみるかということでモトコルセの厚木ラボへ。

えらくわかりにくい場所にある厚木ラボ。しかし、中にはアグスタやらビモータやらお宝バイクばっかり。

Dsc_0614 その代表のTesi3Dです。

まあ、500万以上するモノには見えませんが、世界限定29台のうち半分近くが日本で売れたらしいですよ。

Dsc_0615 どうなってんのハブステア。この太いアクスルシャフト、実は奥に縦方向のシャフトが通っていて(つまりパイプを十字型に組み合わせたもの)そのシャフトを軸に左右に動くようだ。ということはホイールも普通とは違う、専用のものが必要なんだろうな。

Dsc_0617 Dsc_0619

Dsc_0620 Dsc_0622

やっぱり500万には見えない(爆)

コスト的にはDB5とほとんど同じ?ハブステアの技術料ってやつか。まあ。カーボンは結構使ってるけど。

Dsc_0598 DB6C。1100DS湿式クラッチ。試乗車毎に微妙に仕様が違ったりするモトコルセ(笑) これはまだ500キロくらいしか走ってない新車で、DB6C基本仕様にフレームペイントとラジポン、クラッチレリーズ(くらい?)。100CCアップでパワーもアップしてます、という話だったけど実際乗ってみると差はない(爆)

それよりブレーキのタッチが素晴らしい。ラジポンの効果のようで、差は歴然だ。なんやかやで10万って言われるとちょっと萎えるけど(笑)

Dsc_0605 ハンドル周り。外車にありがちなバカ長いハンドルバーではなく、ちょうどいい感じ。振動もほとんど来ない。

Dsc_0606 デザイナーさんが最もこだわったらしいタンデムステップのステー。確かに他には無いよ。

Dsc_0610 このリアビューにはグッときますなあ。

DB6、それぞれ10分ちょっとの試乗だったので、あまり大したことはわからなかったが、軽さとハンドリングの素直さ、そして思った以上に低速からの力強さがあることが印象に残った。そんなにアクセルを開けなくても100キロくらいまでの加速はKといい勝負じゃないかな。そうそう、このDB6Cはドリブンスプロケが38Tで、ノーマルは40Tらしい。差が無かったのはそのせいか。あとはそう・・・、シートの座る位置がほとんど決められてしまう。前後にはほとんど動けない。

今回の試乗を通じて、Kの良さを再認識したり・・。ほんとに総合的に良く練られたバイクで、細かい欠点はあるもののそれを補ってあまりある美点に溢れたものだ。いやいや、できれば両方欲しいです。

|
|

« HP2 SPORT | トップページ | やっぱりBMか »

コメント

是非増車お願いします!! Kはホント良いバイクで全天候で速い 手放せません!!
でも優等生過ぎて飽きる時 こんな魅力的なバイクがあるといいですね。 

投稿: yos | 2007年10月12日 (金曜日) 08時42分

yosさん、毎度です。
ほんと、2台持ちたいですよ~。
でも場所が無いんですよねえ。残念。
DB6、ちょっと乗っただけですけどワインディングでは相当楽しいバイクだと思います。
ブルとガスガスまとめてこれ1台でOKかも(笑)

投稿: Well-U | 2007年10月13日 (土曜日) 18時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99702/16679112

この記事へのトラックバック一覧です: 渋谷→厚木試乗旅   :

» メルセデスのレース参戦 [メルセデスで行こう!]
メルセデス・ベンツの車両は第二次世界大戦前からモータースポーツに盛んに登場していた。1934年から1939年の第二次世界戦勃発まで、メルセデス・ベンツとアウトウニオンのドイツ勢は、ヨーロッパのモータースポーツ界を完全に席巻した。メルセデス・ベンツチームは偉大なレース監督アルフレート・ノイバウア (Alfred Neubauer)(サインボードの発明者である)により、まさに軍隊的規律の元でレースに臨み、結果を出しつづけたのである。戦前のグランプリ・レース用主要マシンはW25(1934年~1936年)、... [続きを読む]

受信: 2007年10月 7日 (日曜日) 03時44分

« HP2 SPORT | トップページ | やっぱりBMか »