« ナビとタイヤのテスト(簡便編) | トップページ | 田圃を歩く »

2007年5月 5日 (土曜日)

SSCプチツー(らいむさん歓迎)

タイトルどおりのツーリングに行って来た(笑)

Cimg0875 集合場所の羽生PA。

SSCからの参加者はらいむさん、yosさん、TETSUさん、秀さん、自分の5人。ゲストはだんだんさん、さらにTETSUさんのお知り合いで何度かSSCツーに参加しているお二人(でいいですか?)去年のBMWミーティングで酒盛りしていた人達と思われ(笑)。

全員揃ったところで出発。コースは粕尾峠から足尾を経由して日光へと言うことなのでとりあえず栃木インターを目指す。高速は適当に走って栃木インターを降り、県道を粕尾峠へ。ここを走るのは二回目だが、前回と違って路面状況も悪くなく、登りはローでのヘヤピンコーナリングも練習しつついい感じで走ることが出来た。

Cimg0879_1 粕尾峠のてっぺんで休憩。途中TETSUさんの知り合い(Yosさんやだんだんさんとも顔見知り)をパスしてきたようで、ここで合流し、合計11台となっていろは坂へ。

久しぶりのいろは坂、この前走ったときは邪魔で辟易したギョーザ(キャッツアイ)が取り除かれ安全に走りやすくなった。タイヤのテストに丁度いいと思ってそれなりのペースで走るが、途中左コーナーの立ち上がりで2回続けてリヤが滑る。パワーをかけた途端にズルッと逃げてグリップ。んーー???これくらいで滑るのはおかしいよなあ、なんでやろ?? こけてもアレなんでペースダウン。するといつの間にか後ろにバイクが・・。TETSUさんじゃないし、さっき栃木インターで見かけたMotoMoriniか?いや、yosさんのBrutale Garaでした。最後尾から追い上げて来たらしい。何に乗っても速い人は速い、で、あっさり抜かれたところで明智平到着(爆)

Cimg0880_1 明智平で休憩中。ここまでのいろは坂もクルマが多く、ここも賑わっていた。ゆばソフトを食べたがかなり微妙。湯葉じゃなくて豆乳でも混ぜてるんじゃ?まあ、冷たい湯葉食べてもうまくはないし、いいか。

Cimg0882_1 Cimg0884_1

粕尾峠→いろは坂を走ったあとのDiablo CorsaⅢ。コンパウンドの違いが磨耗状態の違いとなってはっきりと出ている。実にわかりやすい。

ここから中禅寺湖畔を左に折れ、昔は有料道路だった道を走る。行き止まりが展望台になっている道で、確か27年近く前に初めて日光に来た時に700円くらい払って走った覚えがある。この道本来ならなかなか楽しい道だと思うのだが、なぜかそこいら中路面が波打っている。これがなかなか肉眼ではわかりにくく、コーナーのアプローチでどーんっと突き上げを食らったり、コーナリング中にフロントが跳ねたりで走りにくいことおびただしい。勢いペースは上がらない。残念である。

Cimg0886_1 行き止まりの展望台で休憩中。今日はパンチングレザーとメッシュのHyod HSL-701とHSP-702なので日光では涼しいかと思ったが、丁度いいくらいの陽気だった。

ここでyosさんのGaraを試乗させてもらう。軽くて小さいバイクだ。手の真下にフロントタイヤがあるような感覚で、扱いやすい。パルス感の強い排気音で、慣らし中のため6000で止めたが、回せばいい音しそう。ハンドリングは、フロントの接地感が強くややクセのある感じか。でも、振り回せて楽しそうだ。

Cimg0889_1 中禅寺湖。やっぱりD40持って来るんだったと後悔。

湖畔で食事して、ここで解散。自分は足尾を経由して下道で帰ることにする。

第一いろは坂はクルマのインやアウトから抜き放題でトリッキーなコースを駆け下りる。20代の頃を思い出したりする。

Cimg0894_1 帰宅は5時少し前。思ったより時間がかかった。

この写真、一応タイヤは端まで接地しているものの、磨耗の度合いで色が違う。仮に、黒い部分までが荷重がしっかりかかっていて、それなりにアブレーションが起きているところだと考えると、まだまだタイヤは使えることになる。端までつぶして乗るにはかなりの覚悟が必要だ。ステップが接地するまで行けそうだ。いけませんけどね。

Cimg0899_1   リヤ右。かなりザラついた磨耗状態。2CTなしのPPとはかなり違う。

Cimg0896_1 フロント右。マークの位置が、リヤに比べて内側のような気がする。

さて、今日はらいむさん歓迎ツーと言いながら、らいむさんにご挨拶した記憶も無く、ご一緒した初対面の方々とも満足に話ができず(だんだんさんはいろんなおもしろ話のストックをお持ちの方とお見受けしました)、でもタイヤのテストがかなり進んだという複雑な一日でした(爆) まあ、こんな日もある罠。DiabloCorsaⅢ、PPよりは好きなタイプだがちょっと難しそう(笑)

|
|

« ナビとタイヤのテスト(簡便編) | トップページ | 田圃を歩く »

コメント

今日はおつかれさまでした、バイクの姿はHPなどで見てましたが、お話しするのは去年初めて会った所沢のダッツ依頼かな。
これからもよろしく願います。

投稿: だんだん | 2007年5月 5日 (土曜日) 20時59分

ウイルさんと走ると楽しい。ホント もちろん誰とは知っても楽しいですが、ペースが速い。私の知る限りk乗りでは多分一番速いと思います。 大胆素敵。。。 イテッ

タイヤ悩むなー リヤスライド パターンもなんかインテリジェンスがない感じ。やっぱり安くてグリップ感の掴みやすいクヲリファイヤーかななんて思ってます。 
だんだんさんのマシン 人が乗らないとなんか もうちょっとって感じでしたが、乗るとカッコイイ bmwってこういうのうまいなあ って感じました。
それとk-r-s あのナチュラル感というかまったり感rでもなくsでもない不思議な感じでした。でも乗りやすい。
ブルターレは フロントを軸に曲がる感じですね。そうモタードの用 
楽しかった 又是非行きましょう。
ライムさんもあの体で凄い f15にまたがってるようだった。 

投稿: YOS | 2007年5月 6日 (日曜日) 02時46分

>だんだんさん
コメントありがとうございます。自分の方はyosさんのHP等でずっとだんだんさんを拝見しておりましたので、一年ぶりという感じがしませんでした。こちらこそ今後ともよろしくお願いします。
>yosさん
いや、それ褒めすぎの褒め殺し(^^ゞ
自分が大胆ならyosさんは命知らずですか?(爆) 後ろから見ていてもスムーズで速い、素晴らしい走りですよ。またご一緒しましょう!

投稿: Welll-U | 2007年5月 6日 (日曜日) 08時58分

私 仕事でも 遊びでも思ってないこと言えないし書けないですから。褒めるの下手ってよく言われます。。だから偉くなれない。(T_T) 
だからほんと。
でも未だ未だ走ってない人いるからどうだろう??
kでリヤスライドして走る人はそうはいないと思います。(^。^)
でもみんな速くなってますね。 
私は命知らずというかこれは絶対に無くしたくないから結構慎重なんです。だからコーナの速度はあまり変わらないと思います。タイヤに掛かる力のベクトルを分析してタイヤのパフォーマンスの引き出しをを常に一定に保つような走りを心がけています。
ホワトボード激論したことも。。会社で...

あれでもマージンは2-3割あると思います。 
 

投稿: yos | 2007年5月 6日 (日曜日) 09時16分

見てました、しっかりと、滑るとこ(笑)
PP2CTよりソフト部分が広い感じでしたが。
煽る技量がないので着いていくのがやっとでしたが
楽しいツーでしたね!
近場だと気分的にも楽だし。
次回、また、是非!!

投稿: KR-TETSU | 2007年5月 6日 (日曜日) 11時25分

>yosさん
そうですね、命は大切に^^; 要はタイヤをどう使うか、どう使えるか・・。自分は未だにバイアスタイヤの感覚から抜け切れず(リターン後はラジアルですが)、もっと荷重を有効に使わないと・・。ベクトルとか、その方面は全然だめです、文系ですから。今度博士にご教授いただかないと!
>TETSUさん
久しぶりに前後を走りましたが、進化した走りに驚きましたよ~。ドカ乗りファッションもグッドでした^^
粕尾峠も昨日の状態なら十分朝錬に使えますね、またご一緒しましょう!

投稿: Well-U | 2007年5月 6日 (日曜日) 15時09分

肩書きは文系博士ですから でも理系
ベクトルは簡単です。タイヤの仕事は単純に路面との摩擦力μによるものですが。
そのタイヤの最大μは1.4だとします。
であればもしコーナをニュートラルで曲がるならμ1.4×質量の仕事そしてコーナを抜けていきます。
ブレーキ加速も同様 マックス1.4Gです
でも2つを同時行うと 例えば1Gの減速と1Gのコーナリングフォースを加えたとするとこれはタイヤの限界を超えますね。 でも計算上も実際にもこのタイヤの限界値は超えません。
モトGPの走りを見てるとそういった使い方の様子がよくわかります。とはいえ実際にやるとなると難しいですね。 

投稿: yos | 2007年5月 6日 (日曜日) 17時43分

yosさん、どうもです。
タイヤの限界を超えないのはベクトルの方向が違うからですかね?その二本のベクトルを足した方向に○△× わかりません^^;

投稿: Well-U | 2007年5月 6日 (日曜日) 20時00分

ウェルさん、今晩は。
しかし、関東勢の皆さんは凄いですね!
マスツー走行頻度と、一声かけた時の集まり具合が。。
徳島ではひょっとして私1台かも(笑)、てな具合なので、各人のBlog見るたびに驚嘆してます(^^)
BONZOさんとこのK-S/R OCのMeetingでお会いした方以外に、ここでお会いしていない(ウェルさんもお会いしたこと無いんですよね!(爆))方も多いので、その層の厚さに驚いてばかりです(^^;)
どうしても私の指向と土地柄でまったりツーが多く、速く走ることは私の目標では無いです。
でも速く走れるとカッコイイし、マスツーで上手い人がいてハシリに触発されて自然とレベルアップしていきますね。
凄いなー、と思いつつ、改めてK-S乗りさんはハシリ好きな方が多いと思っている所です(笑)
私もハノイ帰国後、全国ミーティング出る予定ですので、お会いしたら宜しくお願いします。

投稿: くろムル | 2007年5月 6日 (日曜日) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナビとタイヤのテスト(簡便編) | トップページ | 田圃を歩く »