« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月25日 (日曜日)

きっかけ鳥ぶれる;;

カワセミ・・・鳥写真にハマっている人たちの間では、きっかけ鳥と呼ぶらしい。この鳥を撮るまでは、何とかして一枚でも撮りたいと通いつめ、撮ってしまうと、今度は少しでも大きく綺麗にその姿を写しおきたい、そう思ってますます写真にハマるきっかけを作る鳥・・・。恐ろしい(笑)

Dsc_01840001 てことで、見沼田圃で撮ってしまいました。ボケッとしてると目の前を青いものが横ぎり、6,7メートル先の枝に止まりました。思わずカメラのモードをオートにしてバシャバシャと7ショットしました。

Dsc_01860001 これもひどい写真だけど、背中が写っているので載せてみました。しばらく待っていると、ツーッという鳴き声とともに森から現れてさらに離れた枝に止まりました。あの翡翠色が目の前を通り過ぎていくのは、何か感動でしたよ。

上の写真にしても、ブレブレです。テレコンつけているからか、SSは1/125秒。VRがちゃんと機能していれば大丈夫なはずだけど、腕でしょうか・・どうもAFが迷うようで、テレコン無しに比べてちょっと不安がある。やはりもう少し明るいレンズ・・・300F4とか300F2.8とか・・。でもまあ、機材に頼る前に腕を上げんとなあ。・・・・今度こそ(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

ご近所探訪

自分の家の近辺には、走って楽しい道がない。まさかコーナーひとつだけと言うわけにも行かないからねえ。最低でも赤城の麓あたりまで行かないと。途中にも面白い道はあるのだろうが、探す元気も無いし。

そんなことを思ってたら、何気無く通った近所の道が結構面白そうなことを発見。どうみても2,3年前にはなかった、田圃の真ん中の農道で、近くにある大学のキャンパスも、単純だが冬場の軽い遊びにはなる感じ。

Neibor1_001_0001 右側の動画に入れておきます。ちょっとファイル大きいですが、今は光回線時代なんで問題なし。自分のところはADSL2M程度です(爆)

とりうみさんはもっとすごいムービーが撮れるはず(ボソッ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年2月24日 (土曜日)

ケンコーデジタルテレプラス300

300超える望遠レンズが欲しいっていう場合、サードパーティー製は手ブレ補正がなかったり、D40ではAFが効かなかったりなので、色々考えた結果、テレコンという安易なところに行く(笑)

Dsc_00920001

ケンコーのデジタルテレプラス×1.4。純正は高すぎてパス。シグマも考えたが、やっぱり安さに負けました^^;

Dsc_00940001 思ったよりも薄かった。こんなもので焦点距離が1.4倍になるんだろうかと感じたり。

Dsc_01020001 Dsc_01010001

ということで、オモチャが手に入ると一刻も早く試してみたいコドモみたいなもの。

同じテレ端で、テレプラス無しと有りの比較です。1.4倍っていうより1.2倍くらい?

ちなみに、テレプラス付きの場合、AFは効かず、VRは作動。Exif情報には焦点距離、絞りともにテレプラスの影響?は表示されていないと思われます。

まあ、昼間の太陽の下、いい条件で試してみます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2007年2月20日 (火曜日)

墨攻を見た

20061219002fl00002viewrsz150x 「墨守」という言葉がある。頑なに守る、ひたすら守る、と言うニュアンスの言葉。それとの対比で「墨攻」というタイトルに、おや?と思う。

どうも日中韓合作の映画らしい。原作は日本で、マンガにもなっている。予備知識はそれくらいで、実に久しぶりに劇場で映画を見た。「ラストサムライ」以来だ。

「墨攻」というタイトルは、どうも墨家を攻撃する、くらいの意味のようだ。あまり書くとまずいので控えるが、結構突っ込みどころはある。おいおいそれでいいんかい?みたいな。それでもまあ、及第点かな。結局、支配者の傲慢さ、暗愚さ、戦いの悲惨さ、そんなものを描きたかったのだろうか?墨家の思想ってよくわからなかった^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年2月18日 (日曜日)

バッテリーがやばい

昨日バイクのセルを回したら、「グインググッ」と断末魔の叫びを上げて止まった(爆) 

ドライヤーでバッテリーを温めて再トライか、それともジャンプスタートか・・しばし悩んだあとダメモトでもう一度セルを回す。「グイ」といったところでアクセルをあおると・・無事にかかった(ホッ)

Widder着ていたがスイッチは入れず、グリップヒーターも我慢して走る。それでも、指先以外はそれほどつらくもない。昨日は何回か止まりながら80キロ程度走ったが、これくらいでは充電してないだろうなあ。

ということで、ショップに電話してみる。何でも低電圧で10時間以上かけて充電するらしいので、後日ということにする。ただし、料金は1050円だ。安い。

040526001l これ買おうかと思ったが、1050円なら充電してもらった方がいいや。乗らないウィークデイにやってもらうことにした。かなり弱ったバッテリーでも回復するらしいし、そう何回もやる必要ないだろうと思われるので。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

見沼田圃をウロつく(続き)

浦和くらしの博物館民家園は、国道(越谷街道)沿いにあるものの、ひっそりとして人の気配は無い、土曜だと言うのに。ここを基点に芝川沿いに歩いてみようと思ったが、第一調整池という広大な湿地を造成工事していてダンプの往来が激しいため興ざめしてしまい、結局バイクでまた移動。見沼代用水東縁沿いに走って通船掘あたりまで行って蕎麦を食べて帰ってきた。

Dsc_03170001 この鳥は非常に警戒心が強くて中々近づけない。頭が黒くて背中から長い尾羽根にかけて青い。

Dsc_03700001 「木曾呂の富士塚」のまん前の蕎麦屋さんで食事。店構えがいい感じ。しだれ梅もさいていたので(笑)入ったが・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (1)
|

2007年2月17日 (土曜日)

見沼田圃をウロつく

見沼田圃、つい最近まで知らなかった。さいたま市になった時に「見沼区」というのができたので、見沼の名前は知っていたが。田圃とは言いつつ、実際は水田はあまりないようでほとんどが畑や湿地のようだ。首都圏から20キロ程度の距離だが武蔵野の自然が残り、市民の憩いの場である。

当然花もあれば鳥もいる^^; 一度行ってみようということでバイクで出かけた。しかし、何せ広大な地域であり、とても一日くらいでは回れない。とりあえず東側を北から南下することにする。

Dsc_00670001 浦和ICのすぐ近くの公園にバイクを置いてスタート。公園内の湿地周辺には大砲を三脚にセットして談笑するお年寄りの皆さん。

自分はVR70-300手持ち。しばらくはこのレンズでやってみる。テレコンは使うかもしれないけど(笑)

Dsc_01420001 梅にメジロ。逆光アングルでしか撮れず、残念。

Dsc_02181 梅がきれいに咲いております。

Dsc_02361 見沼の有料道路のあたりまで歩いたが、結構距離がある。日ごろの運動不足がたたり、徒歩を断念。スタートの公園まで取って返し、バイクで行くことにする。

軟弱だ^^;

Dsc_02371

鳥は木に止まってることが多い。そうすると、枝が手前にかぶって、AFが迷う。AFエリアをセンターに絞ってもあまり変わらない。実際撮って見ないとわからないことって多いなあ。

Dsc_02390001 バイクに戻り、とりあえず浦和くらしの博物館民家園ってところを目指す。

歩きつかれた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2007年2月13日 (火曜日)

KSRIDER改めWell-U(ウェル)

先週より引っ張って参りましたHNネタ ^^;

色々とご意見をお寄せいただいた皆様、ありがとうございました。いただいたご意見も参考にしつつ、紆余曲折あり^^;やっとHNを決めました。

今後は「Well-U(ウェル・ユー)」ということでお願いします。今度もちょっと長いので、ウェルとお呼び!って感じです(笑

さて、HNも新しくなったところで今後の当ブログの運営方針ですが、特に決めてません(爆 本当はもう1台、KSR110とかAR125(うは)あたりを買ってパチンコ屋の駐車場で基本的なライディングスキルを磨きたい、みたいな願望はあるのですが(おかしいか?) それよりも、どうせならトライアラーで練習して深山幽谷にデジイチ持って分け入る・・。けど、2台目を置く場所がないんですねえ。KSとレガシィとスクーターで我が家の駐車スペースは満杯です。ウッドテラスをつぶせば何とかなるけど(爆

ということで、当面はKSと付き合いながら写真もボツボツって感じで、一人で行く日帰りツーや朝練のパターンが変わりそうです。

それでは、皆さんのブログにもWell-Uでお邪魔しますので、知らない奴だとシカトせんといてください。

| | コメント (14) | トラックバック (0)
|

2007年2月12日 (月曜日)

AF-S VR Zoom Nikkor 70-300mm

Dsc_0103 大貫カメラは、いまどき珍しい丁寧な礼状を同封してきた。左側のレンズクロスはサービスでついていた。なんかちょっといい感じである。送料が妙に高かったが、異常なくらいの厳重包装だったし、よしとしよう。

Dsc_0105 左がVR18-200mm。一回りまでは行かないが大きくて重い。

Dsc_0108 テレ端まで伸ばしたところ。やはり倍率が大きい分、長さの差が縮まっている。どうでもいいことだが。

昨日70-300一本持って公園に出かけたが、風景を撮るにはあまりに画角が狭すぎ。18-200の万能ぶりを改めて実感した。やっぱりバイクで出かける時は18-200だなあ。でも、それ以上の望遠が欲しい場合、自分にとっては今のところ選択肢はこの70-300しかない。他の純正レンズはバカ高いし、サードパーティーのシグマから手ぶれ補正付きの80-400が出ているが、高いしでかい。

そう考えると、やはりボディに手ぶれ補正がある方がいい。まあ、三脚使うのが面倒なだけなんだが(笑  

Dsc_00290001

Dsc_00360001

まだじっくり比較していないので、印象だけだが、何となく18-200よりカチッとした写りで好印象だ。

Dsc_00160001 今はどの写真サイトを見ても梅だらけです。

参考までに、鳥は18-200、他は70-300です。

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

2007年2月10日 (土曜日)

お散歩

ちょっと遅めに起きると、まだ路面は濡れている。今日はバイクは無し、ブラブラするということで決まり(笑)

Dsc_01540001_1 近くの大きな池のある公園。霧でかすんでいる。ホワイトバランスの調整ってどうもよくわからないで、中々目で見たような感じに写らない。これはまだうまく行った方の写真。

Dsc_01550001  ここの鴨君の方がきれいです。種類が違う?

Dsc_01630001 Dsc_01690001何の花ですか?

これ椿?

花の名前も鳥の名前も知らないのに写真は撮れるわけですね。

Dsc_01350001 これツグミ?

地面を走っていたので何とか撮れました。

Dsc_01890001 知らない間に梅がかなり咲いてます。

Dsc_01910001 お隣の庭の梅だったりします。

灯台元暗し^^;

写真は全てRAWデータをCapture NX(試用版)で現像してJpeg吐き出し。若干補正を加えているものがありますが、トリミングはしていません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年2月 9日 (金曜日)

鳥をトリますか・・

自分がデジイチを買った直接の動機は、もうちょっといい写真を撮って、プリントして残しておけないかな、ということだった。ツーリングの写真、バイクの写真、何気ない日常のスナップ・・・。

それで十分なのだが、せっかくだからわざわざ何かを撮りに行ってみるか、ということもあるわけで。それは基本的に風景や飛行機だったりする。しかし鳥や花もいいよなあ。

Dsc_08690001 Dsc_08720001

近くの川に鴨君がいる。手軽なところでVR18-200を試してみる。5メートルくらい離れてこの感じ。やっぱりもうすこし望遠側が欲しいなあ。

この上、200以上の焦点距離を持つ純正レンズは、ズーム、単焦点ともに数種類あるがいずれも高い。中には100万超えるのもあるし、軽自動車程度のものは珍しくも無い。すごい世界である。

しかーし、安くていいレンズもあるんです。VR70-300mm。実売6万強で、価格コムではVR18-200mmに次ぐ人気レンズ。18-200と画角が相当かぶるのが唯一引っかかるのだが・・。どうもズーム倍率が18-200より低くて設計もやや新しいからか、写りの面でもかなりいいらしい。VRの効きも良く、300手持ちOKというんだからそそられます(爆 機動性、という面でも価値があるなあ。

ちなみに、VR200-400mmはCB1300、VR80-400mmはKSR110、VR300mmはCB750が、それぞれ買えるくらいのお値段です。中古だろうと何だろうと手が出ませんよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年2月 5日 (月曜日)

ハンドルネームを考える

KSRIDER・・・口に出すと、呼びにくい名前である。語呂も良くない。意味なんか「KSに乗る人」ってそのまんまやないか。このHNはきっと不評に違いない、とりあえず自分はあまり好きくない(爆

自分でつけておいてアレですが、このブログ立ち上げた一昨年の4月時点で、このバイクに乗ってる人なんてほとんどいなかったし、今みたいに多くの方々とお付き合いさせていただく状況も想定していない。従って、挨拶やら会話で自分のHNが呼ばれることも、自分でしゃべることもあまり考えていなかった・・・と言うのが言い訳(笑

まあ、HNなんて変えてしまえばいいわけだ。日本語は2つ、3つ、せいぜい4つくらいの音が発音しやすい。 アカとかクロとかミドリとか。オヤジはいいけどハゲオヤジは呼びにくい・・・。KSRIDERって日本語では7音になる、そんなの呼びにくいに決まってるがな。

ということで近いうちにKSRIDER改め「○○○」ってことにしたいと思いますので。

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

2007年2月 4日 (日曜日)

語り継がれるモノ(笑)

今日は鮟鱇鍋ツーリング。どうもとりうみさん、しまさん、Kさんに会えるらしいので楽しみにしていた。目的地は平潟漁港のそばのまるみつという旅館なので、常磐道で行くことになる。自宅からこの方面に行く場合は、R125を通って千代田石岡ICまで行くのが一番早い、と言っても約1時間はかかる。以前良く通っていた久慈漁港に寄ってみるつもりで早めに出る、と言っても8時過ぎだ・・。

千代田石岡からは乗らずにそのままR6を走るが、どうも時間的に危なくなってきたので那珂ICから乗ってしまう(笑)。強風に弄ばれつつ、久慈漁港はパスしてなんとか11時頃に目的地着。

Xdsc_0058 暇なので平潟漁港まで行って海を撮る(笑)

風が強いので白波が立っている。こんな時は釣りは厳しい。そんなに大したことないようでもいざ沖に出てみると大変だったりする。

Xdsc_0069 有名な第15隆栄丸。この時間に港にいるということは今日は出船せず、或いは時化で早上がりだな。そんなに大きい船じゃないな。

Dsc_0074 「まるみつ」向かいには別館もあり。

そうこうするうちに皆さんが到着。とりうみさん、しまさん、Kさんと挨拶。ShuuさんとTEBさんは新春三浦半島ツーリング以来です。お、マービーさん1年ぶりですねえ。ん?KIYOさんは遅刻?まあいつものことらしく特にコメントなし(笑)。鮟鱇の前にまずは風呂ということで4階の露天風呂に皆で繰り出す。冷えた手足に温泉がしみわたる・・・。うーーん、最高。ずっと入っていたいもんだ。しかしそれを実行したとりうみさん、このあと脱衣場で・・・・。しまさん、相当慌ててました。しかしさすがにドクターマービー、落ち着いた対応でした。心強いです。やっぱり語り継がれるんでしょうねえ、とりうみさん(爆) あとから入ってきた人はびっくりしただろうなあ。遅刻のKIYOさんも目が点になってました。

なんとかとりうみさんも復帰し、気を取り直してメインイベントの食事だ。

Xdsc_0081 それ何人前?というくらいの刺身の盛り合わせがドンドン来る。なんと一人に一つだ。東京の居酒屋だったら3000円は下らない(笑)しかも東京の居酒屋と違ってネタが新鮮!エビのおいしかったこと。メインの鮟鱇鍋も最高でした、写真撮り忘れたけど(爆)

身はフグに似てる感じで、ヒレ周りのゼラチンは初めて食べました。鮟鱇鍋、フグに並ぶ美味じゃないかと思いました。先付けやメヒカリ、デザートもついてこれで5000円は安いですよ旦那。しまさんに感謝!

さて、あとは帰るだけだが、茨城のヤマを攻めて行くらしい。しまさんの暴走っぷりに期待していたが、途中融雪剤らしきものがまかれていたり、一部濡れていたりで、どうもペースは上がらない。自分が先頭だったらもっと慎重だっただろう、特に日陰は。とある峠の温度計は2℃だった・・。ということでそこそこに楽しみつつ常磐道へ。

Xdsc_0094

友部SAで休憩、ここで解散。

目が悪いので高速道路では皆さんについて行けません(爆)

結局6時半頃帰宅。走行距離は380キロ、ちょうどいい感じでした。風呂にはいったおかげでそんなに冷えなかったですね。一冬に一度は鮟鱇食べたいと思いましたよ、皆さんありがとうございました。またよろしく。あ、とりうみさんは想像していたとおりシャイでクールでした、語り継がれます(爆)

| | コメント (9) | トラックバック (3)
|

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »