« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月28日 (日曜日)

オーナーズミーティングはパス

ちょっと色々とやることが立込んで来た今日この頃。なんとか調整して本日長野安曇野で開催される第一回K1200S&Rオーナーズミーティングに参加するつもりでいた。

朝六時前に起きると外は雨。NHKの天気予報によると、関東は午前中で雨が上がるが、長野は午後かなり降るということ。どうも行く気が削がれてしまう。あまり気が進まない時に無理に参加してもロクなことは無い。ブログ等で知り合い、実際にお会いしたい方は何人もいらしたのだが、今回は見送らせてもらう。ステッカー、Tシャツは次の機会に・・っていうと8月のバイカーミーティングだろうか?勝手に決めるわけにはいかないが。

二度寝して(^_^;) 午前中1件雑用をすませる。これからまた出かけないと・・。現在埼玉は曇りだが、もう雨は降らないだろう。

ご参加の皆さん気をつけて、楽しんできてください。次の機会にはよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年5月23日 (火曜日)

クラッチ握り比べ

この前の日曜、快晴だったのでタイヤの皮むきもかねて軽く走ってきた。自宅からR254→R462→R299と、神流湖から秩父を経由して所沢のショップへ。

ショップにはR1200Sが展示されていた。思ったよりポジションはきつそうで、やっぱりファーストバイクには無理だなと言う感じ。ホントにドカとぶつかりそうなバイクだ。K1200GTも展示してあった(売約済み)。RTもあったので、クラッチを握り比べてみる。

R1200S→軽くてフニャッとした感じ。R系乾式クラッチだ。

K1200GT→新車の時点で既に自分のKより軽い(^_^;) ただ、バネを押しているような感じの抵抗感がある。

R1200RT→やはり軽いがやや手ごたえがあり、ワイヤークラッチのような感触。ただ、絶対的にはSより軽い。

ということで、わがK1200S/Rは現在のBMWバイクのうちでもっともクラッチが重い、という結論を得た(^_^;) 当たり前か。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2006年5月21日 (日曜日)

RAMマウントによる走行ムービー

年賀ハガキのお年玉で当たったデジカメ(1月24日記事参照で^^)、ムービーもとろうと思っていたがなかなか機会が無かった。ひとつにはカメラのマウント方法の問題があり、いろいろ調べていたのだが、結局RAMマウントの5インチアームを使うことにして先日それが届いた。

Cimg0380 取り付け用のステーはハンドルの付け根にゴムの板をはさんで固定。すこしでも防振になるかと・・。

Cimg0381_1 5インチアームをとりつけたところ。アーム右側はカメラの三脚穴用のネジがついたボール。振動対策か、薄くゴムで包まれている。

見てのとおり、中心より少し左にオフセットされた感じになる。もっともデジカメの三脚穴とレンズとの位置関係によっても変わってくるが。

この状態でカメラを取り付けて撮ってみたのが右側の「国道299号」と「工業団地」というタイトルのWMVファイル。確かに左側にずれているが、まああまり問題にはならないレベルかと思う。

それよりスクリーンのゆがみというか、デザインがそうなっているんだけど、これの方が気になる。カメラ位置を上げてもいいが・・。まだ試行錯誤が必要なようだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2006年5月20日 (土曜日)

試乗車がないR1200S・・・

今日明日のどちらかでR1200Sでも試乗しようと思い、ショップに電話してみた。ついでに任意保険の継続もやらないと。

店長によると、「展示車はあるんですが、試乗車まではデリバリーされてないんです」とのこと。ディーラーによっては、展示車すら割り当てられてないところもあるらしい。はっきりとは言わなかったが、当分はこの状態が続くようだ。

K1200GTも同様らしく、初期配車の2台はもう売約済みで試乗車はなし。アドベンチャーも今の受注分だけで年内終わりらしい。

「新車には頼らないで下さい」ってBMW-Jに言われてるらしい。この状態は何なんだろう。メーカーの生産能力の問題だろうか?それともインポーターとしてのBMW-Jのだらしなさ?

こんなことじゃ、代替はともかく他銘からの乗り換えは期待できない。200万もする「バイク」を試乗もせずに買うなんて自分としては信じられん。雑誌の試乗記なんて、それほど信用できないし、やっぱり自分で乗ってみないと。R1200Sなんて、ドカあたりから乗り換える人が結構いそうなんだけどな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2006年5月17日 (水曜日)

BoxerJournalに載ってました

Item3566p1 15日発売だったが今日買ってきた。田舎に転勤になったので新宿みたいにすぐ本屋に行けない(^_^;)

この本の61ページの一番下に、先日の芝浦オフの集合写真が載っている。そうか、あのめちゃ図々しい編集は寺西さんって言うのか(^_^;)

一応1段組みで載っていた。ここでもファニーなK-Tさんの話が出ている。写真で一番目立っているのは両腕突き上げてるQ氏か・・・。

それと、モトコルセで取り扱うスリッパークラッチが紹介されていた。20万!!!!これは手が出ません。

この本読んで何となくR1200Sに乗ってみたくなった。週末試乗に行くか・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2006年5月16日 (火曜日)

HYOD ST-Xジャケット到着

ライコランドに注文していたST-Xジャケットが届いたので受け取ってきた。
去年の夏にBMW BikersMeetingで見かけてから9ヶ月、途中ツナギに逝きかけたりしたもののやっと手に入れた。
ネックガード付にするかどうかは少し迷ったが、せっかく高い買い物だし1Kの価格差ならいいか、ということで。
Cimg0373 皮とメッシュとニットの組み合わせ。この材質の使い分けが良く考えられていて、肘の内側から腋、パンツのひざ裏などにニットを使って動きやすさを確保している。

一方肩や肘、腰ヒザなどのプロテクションが必要な部分は皮だ。
Cimg0376 デザインについても、それぞれの色に染めた皮を縫いつなぐことによってデザインを表現するという、ツナギと同じ手法がとられている。
さて、ST-Xジャケットとパンツが揃ったということで早速100キロほど走ってみ
た。
上下ともフルメッシュではないが、結構風が入ってきて涼しい。ツナギはLサイズで丁度良かったので今回もLサイズにしたが、ツナギよりはややゆったりしたつくりになっているようだ。ジャケット下にバックプロテクターを背負えるくらいの余裕がある。
印象としては、ツナギと同様動きやすく、また各プロテクターのフィット感も悪くない。
パンツの太ももあたりから上のメッシュが効果的で、かなり走行風が入り気持ちがいい。
今までは夏場にジーンズしかなくて汗だくになっていたが、かなり改善されるように思う。
気づいた点として、
ヒザに汗をかく・・・太ももから上が涼しいのに対して、ヒザのカップ裏の熱さが際立つ。プロテクターが入っているため如何ともしがたいが。ヒザの皿側だけ汗をかくというのもなんか気持ち悪い・・・。
ジャケットとパンツをファスナーで繋げるようになっているが、これによってセパレートのツナギのように使えるのかというとそんなことはない。
連結ファスナーはジャケット内側の伸縮性のある生地についているため、双方のズレを防ぐとかタイトなフィット感を得られるとかいう効果はほとんどないと思われる。
あってもなくてもどっちでもいい?
といったところか。
第一印象としては、デザインの良さと機能が高レベルでバランスしていて、価格なりの価値は十分にある。
個人的にはオススメです。ものがあるかどうかは知りませんが・・・。
自分は、在庫が無いとか脅かされたものの、結果的にはシーズン前にちゃんとゲットできた。

Hyodさん、けなしてゴメン。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2006年5月14日 (日曜日)

ライテクの新常識25だそうな

ライコに注文していたHyodのST-Xジャケットを取りに行き、モトGPのDVDでも買おうかと思って眺めていたら

Big_ritec こんなのが目に入った。新垣さんのDVDだ。

アラカキさんなんですな、アラガキさんだと思ってた。

内容は、タイトルの通りで、現代のマシンで安全に速く走るためのノウハウもの。昔のマシンとは違うというわけだ。

それなりに参考になった。特にリアステアを意識しすぎないとか突っ込みすぎない、ステップワークなど。そして如何にしてタイヤにすばやく荷重をかけていくか・・。

それにしても、伊豆かどこかのワインディングを、しゃべりながら涼しい顔をしてヒザを擦っていく姿が一番すごかった。本気は出してないんだろうけどものすごいペースだ。やっぱりモノが違う、プロはすごい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2006年5月13日 (土曜日)

まるわかりBMW届く

先日の芝浦オフミで取材された、例の雑誌だ。

Cimg0368 昨日には届いていたらしいが、開けてみたのは今朝。

まだ発売前なので紙面を載せるのはやめよう。それにしても笑いすぎだよオレって感じだ。

ottoさん、かっこいー!!これアングルとポーズは自分で決めてたりして・・。いわばセルフプロデュースの一枚?写真出せないのが残念だなー。TETSUさんなんか「ファニーでいい人」なんて紹介されてた(^_^;) いや、そのとおりなんですけどね。

ottoさんもブログで書いてたが、まあいい記念ということで・・。それにしてもお互い恥ずかしいっすね・・。ありゃ、そういえばオフミの様子ってどこにも載ってなかったような・・。BIKESの方に載せるのかな?

| | コメント (8) | トラックバック (1)
|

ST-X メッシュパンツ到着

先日ST-Xパンツが届いた。GW中に在庫ありのメールが届き、振込みを待って発送された。送料はサービスのようだ。それでも、Hyodにとっては小売店に仕切り販売するよりはずっと儲けが厚い。だから流通在庫がないのか(^_^;) まあ、意地悪はこれくらいにして・・。

Cimg0355_1 意外と大きな箱に入っていた。

Cimg0356 カタログとステッカーも同梱。

Cimg0361_1  全体のシルエットはカドヤのパンツに似ている。こちらの方がちょっと裾が細いが。

Cimg0358 パンチングメッシュの皮

Cimg0364 ヒザ裏。

今回はブーツアウトの黒を選んだ。もう一本のカドヤのパンツもブーツアウトなんだが・・。

ラインナップには白もあるのだが、さすがに恥ずかしいのでやめました。

そういえば、今日ライコランドから連絡があり、ジャケットも届いたらしい。GW中に、月末発送のものを押さえるという連絡があったのだが随分早いな。在庫がないとかいう話だったが結果はそんなことなかった。ブログでけなしてしまったのはまずかったか・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2006年5月10日 (水曜日)

DiMSPORT RAPiD BIKE

先日の芝浦オフミでのこと。好青年編集氏に「この次はどんなカスタムを考えてますか」と問われ、「燃調をいじって遊びたいですね~」などと深くも考えず答えた。一応外装も足回りも一段落で、カーボンパーツはまだまだ先でいいや、と思っているので。「でも、このバイク用のサブコンってまだ無いんですよね、パワコマも出てないみたいだし」という自分に対し、「確か○○○スポーツっていうメーカーから出てるらしいですよ」と彼は教えてくれた。何回も聞き直し、当日は覚えていたつもりが何故か翌日にはすっかりその○○○の部分を忘れていた(^_^;) やっぱり年には勝てない。

で、ひょんなことから見つけた。「DiMSPORT」だ。どうも四輪では長く実績のあるメーカーらしい。

Dim_lite_008 これが本体。車種へのアプリケーションは専用のハーネスキットを用いる。

つまり、本体は汎用ということ。価格は5万強。

Dim_lite_009 これがそのハーネスキット。

ほとんどの車種で価格は1万強。

6万ちょっとならパワコマとあまり変わらんなー。日本のメーカーだしコッチの方がええかも・・。

で、BMの最近の車種、R1200系とK-S,R用は本体が何故か7万強。ハーネスと合わせて8万強の買い物だ。ここでもBM価格か・・・・。

さてどうしよう。8万は高いぞ。でもサブコン遊び(^_^;)ってやったことないしなー、やってみたいなー。ドンつきが消せるのなら価値があるが・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2006年5月 5日 (金曜日)

アンダーカウルに・・

アンダーカウルを白く塗って後悔したことがひとつ・・。

Cimg0348 前輪が跳ね上げる汚れだ。黒いがこれは何だろう?洗車するときれいに落ちてしまうからあまり気にしてはいないが。

とは言っても、今のところは走ってすぐに洗車しているが、これが何回か洗車しないままだとどうなるのだろう?今度試してみます。

純正は無塗装のつや消しだが、洗った時にこんな汚れが付いていたと言う記憶がないなー。

ところで、今回Laserのバッフルを外してしまったが、やたらうるさくなった。アイドリング付近なんか、まるで旧車会のオニイサンが乗っているゼファーのような音がする。こりゃだめだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2006年5月 4日 (木曜日)

茨城北部へ

SSCのツーリングは6日らしい。自分は病院に行く日なのでダメ。明日も予定が入ってしまった。7日は翌日からの仕事に備えてゆっくりしたい。となると、走るのは今日しかない。ということで、思い立って軽く走ってきた。どこに行こうかとしばらく考えたが、rocketⅲdashさんのブログで紹介されている茨城北部広域農道を走ってみることにした。ここなら途中に袋田の滝や道の駅奥久慈大子もある。ついでに地ビールの店もある。

10時前に出発。4号線から4号バイパスに入り、50号線を笠間へ。50号線に入ってからは片側一車線の区間がほとんどだが、延々と車の列が続く。やはり世の中GWだ。車のナンバーを見ると群馬やとちぎ、宇都宮など海無し県が多い。やはり大洗か・・・。ただ、道幅は広くて路側帯が確保されているため、ほとんどストップせず車の脇をすり抜けて行ける。

笠間から県道を走って国道118号へ。袋田の滝をめざす。さすがに3桁国道は道幅狭く思うようには走れない。やや疲れて来たので、袋田の滝も道の駅もスルーして、目指す広域農道への分岐点の手前にあるファミレスで休憩と食事。ここまで丁度3時間、走行距離135キロだ。

さて、広域農道を走る。rocketⅲdashさんのご紹介のとおり、かなりスピードの乗る道だ。特に後半はアップダウンもありなかなかおもしろい。ここを本気で攻めようと思ったら、直線は4速6000rpm以上でつながないと・・・などと思うが今日はコーナーを覚えてないので抑えて走る。路面も概ね良く快適な道だ。自宅からちょっと距離があるが、また来ようと思う。今日は疲れ気味なので2往復しただけで帰ることにする。帰りは反対側の349号をひた走る。こちらの方が信号が少なくて走りやすい。

途中、常陸野ネストビールの木内酒造に寄ってビールを仕入れ、那珂インターから千代田石岡インターまで常磐道を走り、国道125号を経由して自宅へ。5時丁度に帰宅。320キロ弱の旅、やはり疲れた。

Cimg0342 木内酒造さん。昔ながらの造り酒屋だが、ビールとワインも作っている。

ここの常陸野ネストビールはなかなかおいしいと思う。

Cimg0351 疲れたがこのビールで吹き飛んだ(^_^;)

まだ指が痛いため、左手は4本がけで握っているが、まだ握力が足りないためか、親指に非常に負担がかかるようだ。他にもいままでと違うところが痛くなる。指1本の不調が色々なところに影響を及ぼしているのだと思われる。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »