« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月28日 (火曜日)

またカーボンネタ

こんなサイトを見つけた。

確かに外装一式、カーボンパーツが発売されているようだ。ざっと計算しても4600ユーロ、約60万・・・。日本から輸入できるのかどうかわからないが、それができたとして70から80万かなー。

まあ、フレームもへこんだことだし、当分乗る予定なので、そのうちコツコツとカーボン外装を導入したいな、と思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年2月27日 (月曜日)

フルカーボン・・逝けません

転倒を機に色々考えているが、金が無い(-_-;)

外装も、当初は右側はそのまま残して左側だけ変えようか、などと思っていたが、人脈フル活用でなんとか単色全塗装は安くできそうだ。

で、今のところは全塗装+ステッカーというお得意のパターンに収まりそう(^_^;) カーボン外装も一瞬考えました、ハイ。ライトカウルが7万、アンダーカウルが14万。バッテリーカバーとそれにつながるタンクセンター部のカバーのセットが4万。ここまでは、ユーロネット等で扱っているが、サイドカウルやタンクカウル、フロントフェンダーはまだどこにも無い、と思っていたら、ありました。

k1200s_meet05_06 ドライカーボン外装一式。8キロの軽量化、値段は3000から4000ユーロ。つまり50から60万ということだ。

やっぱり逝けません。バッテリーカバーくらいでやめときます・・。でもミラーが出ないのかな。カーボン化して一番映えるのはミラーのような気がするが・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2006年2月19日 (日曜日)

クラッチ握れず

今日はディーラーに行って来た。クラッチのリザーバータンクとハンドル周りを修理し、とりあえず走れる状態になっているので、できれば走行チェックをやろうということで。

しかし、中指が動かず、人差し指と薬指にも少し痛みがある状態なので、クラッチレバーを動かせない・・。こんなに重かったっけ?って感じ。当分バイクには乗れそうにないことを改めて認識した。スクーターとはわけが違うよなー、やっぱり。

先日の報告以外の破損箇所は次のとおりです。

CIMG0091 CIMG0093 CIMG0094

写真がないが、左ステップも当然削れており、ヒールガードもやや内側に入っている状態。あとはスイングアームの下側に何箇所か削れた部分があり。

ハンドルバー交換、サイドミラーアッセンブリー交換(レンズとランプは継続使用)、クラッチリザーバータンク交換で〆て10万也。

カウルが無ければひとこけ15万くらいで収まりそうですな。

左カウルはスライダー部分に穴が開いているので、これを修復して塗装するつもり。

右はそのまま、左は違う色にしたい。右側も含めて全塗装してもいいのだが、Kマークに愛着あり。せっかくだから違うことをやろうかな、という予定です。

bolt2 こんなこと考えてます(謎)

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2006年2月13日 (月曜日)

痛いではすまないかもしれないサーキットデビュー

ショップに連絡して愛車の状況を聞く。

「外観では大したことないかと思ったんですが、どうもメインフレームにへこみがあります」と店長。「それ、ひょっとして廃車ってこと?」と自分。もう真っ青である。ローンがまだたんまり残っとるがな、どうすんねんワレ、と関西弁が脳内を駆け巡る。

まあ、電話で話していてもアレだしということで見に行ってきた。

CIMG0082 CIMG0083                                   

左側の、丁度シリンダーの上あたり、普段はカウルに隠れて見えない部分だが、見事にへこんでいる。カウルが当たったとしか考えられない。このフレームは中空だし、へこんでもあまり影響はないのでは、と思っている。一応、ハンドルとクラッチ周りを修理して走れる状態にし、試乗して異常なければこのまま乗るつもりだ。フレーム損傷あり、ということで正規ディーラーでは下取りは難しいらしい。乗りつぶすしかないのか。まあ、気に入ってるからいいけど。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2006年2月12日 (日曜日)

サーキットデビューは痛かった 2

バイクは車と違ってコケる。その時、ライダーはほとんどの場合、一緒にコケる、というか路面と接触する。

CIMG0074 CIMG0081 CIMG0076

左手のグラブ。しっかりとスポンジパットが入っているHyodのレーシンググラブは縫い目からパッド部分がめくれている。当然、中身の中指も相当な被害。今もズキズキ痛むが骨折はしていない模様。

ショックだったのがヘルメット。左側を路面でこすったので当たり前だが、完全におシャカ状態だ。丁度買おうと思ってたので、ま、いいかというところだが。新品でなくて良かったということか。

今思うと、何かに突き飛ばされるように肩と頭が路面にぶつかったような気がする。ハイサイドの慣性力のなせる業か。ムービーを見ると、転倒の瞬間左手をカラダの内側に引いている。だから肩、手の甲側がダメージを受けたということだろう。コーナリング中のスリップダウンなら手を突いているのではないかと思う。ハイサイドの怖さを思い知った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年2月11日 (土曜日)

サーキットデビューは痛かった

今日、桶川スポーツランドでサーキットデビューをした。そしてハイサイド転倒を喫した (T_T)

Yosさん、ニッシさん、KR-TETSUさん、K口さん、自分の5人。ただし、ニッシさんは皮のウェアが無いため、プロの腕を活かして写真撮影。11時前に現地に着くと、暖かいということと、2月のバイク走行はこの週末2日間しかないということもあって大変な盛況である。大型バイクは11時から。通常20分のところをミニバイクが多いためか、15分に短縮された。大型バイクは20台位出走したが、コースが狭くスピードも低いため、モタード軍団と250軍団がやたら早い。こちらは初めて走るのでコースもわからず、ラインも思うように取れず(インからアウトからガンガンつっこんでこられる)3週目にはツーリングモードに入った(^_^;) まあ、最初だしこんなもんだ、それにしても結構危ないなーなどと思いながらの5周目(多分)。第一コーナーからヘアピン、そして左ヘアピンと続き、右ヘアピンの立ち上がりでリアが大きく流れ、あっと思うまもなく左側に叩きつけられた。ヘルメットがザーっと路面をすべる。うわー、20年ぶりの転倒だ、などと思いながら立ち上がる。Yosさんがすぐ駆けつけて助けてくれた。うう、恥ずかしい(-_-;) 路面に散らばった部品を拾い集め、走行時間終了にあわせて押しながらピットへ。恥ずかしいやら痛いやら。

車両の損傷はこんな感じ。

CIMG0066 CIMG0067 CIMG0069

なんで、右コーナーなのにオレ左にこけてんだー、などと思ったものの、走っててこけたんだからこの程度は無理ないか、という程度ではある。しかし、クラッチのリザーバータンクはなんで?どうもミラーが倒れて直撃したようだ。鏡面に何か当たったための割れ方をしている。

まあ、30万コースでしょうか・・・。車両保険入ってません。参りました。

人間の方は、財布を別にすれば左手中指第一、第二関節の打ち身、右手人差し指の打ち身。相当腫れて痛い。あとは右肩の打ち身くらい。ただ、腰もひねったのか、相当の筋肉痛。

とりあえずディーラーに電話してバイクを引き上げてもらい、5人で食事に行ってYosさん撮影のムービーを見たが、丁度転倒の直前に自分の真後ろについてくれてたようで、バッチリとその瞬間が写っていた。典型的なハイサイドだ。原因としては、ギアをローに入れてたことか。未熟だ・・・。普段はローなんてワインディングでも使わない。路面のグリップを過信したということか・・。それにしても、スピードは20キロも出てないはずで、回転数にしてもパワーバンドというか3000にも届いてないはず。それなのに・・・。

辛気臭い報告ですみません。また色々検証しつつご報告します、なんて、空元気だなー。

SSCの皆さんには怪我の対応方法を教えていただいたり、元気づけていただいたり、すっかりお世話になりました。特にニッシさんには車で自分の家まで送っていただき本当にありがとうございました。せっかくの休みにすみませんでした。

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

2006年2月10日 (金曜日)

オイルフィルターレンチ

平日の夜、アストロプロダクツ桶川店に寄ってみた。さすがに店内はガラガラだ。

目的はオイルフィルターレンチ。チェーンタイプはうまく使えないことがわかった、というか自分の技量(といっても整備に関してはズブズブの素人ですが・・)では無理。で、こんなのはどうかと。

filterrench 例によって安く、700円ほどだ。対応するフィルターの直径が60~73ミリとなっているということは、調整機構があるのかと思って眺めてみたが、どうも見当たらない。推測するに、写真の丸いバンドでフィルターをはさみ、ハンドルを立てる。ハンドルはバンドの下側二ヶ所のねじのうちの右側の方でバンドに止まっている。左側のねじもバンドの片方にとまっている。つまり、このバンドはハンドルの二箇所に止められており、このハンドルを立てることによって長さを調整するようになっているわけだ。回そうとする力でバンドを締め付ける仕組みになっている。

しかし、こんな金属のバンドでオイルフィルターをはさんで、うまく回るのか?以前のチェーンレンチで試してみた結果、フィルターを回すのに結構なトルクが必要なことはわかっていたので、結局買わなかった。やっぱりカップタイプのものでないとだめなのかなー。

Kの場合、オイルフィルターに重なる位置にシフトペダルやその取り付けベースがあり、カップタイプだとこれらを外さないと回せないようなので、できれば外さずに済むやり方がないかと模索してはいたのだが・・・。結局700円ももったいなく思ってしまい、870円のマグネットトレイを買って帰りましたとさ・・・。貧乏人だなー^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年2月 5日 (日曜日)

ちょっといじってみた

先日、チェーンタイプのオイルフィルターレンチを買ったので、使えるか試してみた。といってもオイル交換はやらない。そもそもオイルがない(^_^;)

CIMG0061 アンダーカウルを左半分だけ下にずらす。このために5箇所のネジを外さないといけない。

手が入るようになったところで例のレンチを使ってみるが、結局うまく行かず。要は、もう少し空間がないと使えないことが判明。1/2インチのレンチヘッド?があればもう少し何とかなるかも知れないが・・。別の方法を考えよう、390円だし・・・。

CIMG0062 なんと(?)アンダーカウルは左右二分割でした。エキパイの少し前あたりにネジが二箇所ある。多少は整備性を考えている、ということだろうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

ノートPCを買った

先日、約5年間使ってきたノートPCが突然昇天した。USBにプリンタをつないだ途端に落ちて、それっきりウンともスンとも言わない。多分電源関係だろうと思ったものの、OSはMEだし、もう修理して使うほどのこともないということで買い換えることにした。

昨日、近くのY電機にいって色々と物色。ニョーボは、小さめの軽いものがいい、という。自分としては、メインで使うものではないので、まあ小さければ出張に持って行って遊ぶこともできるか、くらいの気持ちで同調。そこそこのCPUパワーがあるもの、ソフトの充実しているものということで選択した。

FMVMG55RT

FMV-MG55RT。PentiumM740(1.73GHZ)、DDR2-PC4200を512MB積んでいる。メモリー周りはメインマシンより高性能だ(^_^;) OfficeもCDで付いているし、DVDマルチドライブ。おまけにTVチューナーも付属(これはあまり使わないとは思う)。

思いがけず、地図ソフト(Pro Atlus)も付いている。今はネットで随時更新できるものを年額2,000円ほどで使っているが、そんなに最新情報もいらないし、こちらに切り替えて節約だ。

それにしてもY電機、なかなか安い。携帯で価格Comを見て比べたのだが、この機種の最安値の通販業者がざっと192,000円(送料、代引き手数料込み)。「ポイント要らないから値引きして」で提示された金額が195,000円。すぐ使えることを考えると、十分対抗できるのでは。ちなみにポイントをつけるともっと安くなってほとんど差がない。だが、40,000近くも買い物する予定が無いのでポイントつけず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »