« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月30日 (日曜日)

オイル交換をやってみた

Kのオイル交換をやってみた。ビューエルに乗っている時は、キャブをはじめ給排気系の交換やオイル交換はすべて自分でやっていたが、先代のロードスターからなぜかやらなくなっていた。で、Kの走行距離が4000になり、オイルレベルもMinより下がっていたので(おいおい)昨日ディーラーに行ってドレンのパッキンを買い、今日ライコでオイル等買い込んで来た。

Kのオイルドレンは8ミリのヘックスである。コーケンのソケットが600円くらいしやがった(-_-;)

さて、交換である。まずアイドリングを、ファンが回るまで続ける。大体10分くらいでファンが回り始めた。エンジンを止め、ドレンを回す。当然トルクレンチはないので、この時の力加減を覚えないと・・。で、結構な固さに締まっている。30ニュートンくらいで、とディーラーの店長は言っていたが、それくらいありそうだ。いったん緩むとあとは軽く回っていく。下に廃油ポイを置いてオイルを受ける。

SANY0042 結構いつまでもダラダラと出てくるオイル。1リットルじゃきかないような感じ。

SANY0045 ドレンボルト。掃除した後の状態。丁度砂鉄のような感じでかなり金属カスが付着していた。

SANY0046 ドレンのパッキン。材料費としては1円玉より安いのではないだろうか (^_^;)

車の場合は銅製が多く、つぶれた方をひっくり返して2度使ったりしたが、これはどうもダメらしい。1度きりの使い捨てである。

SANY0048 で、オイルタンクのホースを外してオイルを排出する。これもいつまでもダラダラ出る。

ドレン、ホースともに気長にやればいつまでも出ていそうな感じである。両方で40分くらいかけて抜いたところで暗くなってきたのでドレンを締める。まあ、ほとんど残ってないはずだ。

交換用のオイルはCastrolのActivとか言う半合成で4L4000円のやつ。オイルは入れずに今日はおしまい。この次走る時はまずオイルを入れるのを忘れないようにしないと大変なことになるぞ。ディーラーの話では、オイルを使ってカムチェーンのテンションを取っているとのこと。素人にはわからんが、そういう方式があるらしい。だからオイルがないとカムチェーンが踊って内部に傷がつくらしい・・・。

感想としては・・。誰でもできる、である。当たり前だが。時間がない、或いは時間をかけて完全にオイルを抜きたい、と言う場合は両方から同時に排出したらいいのかも。ただ、今回交換しなかったフィルターはかなり手ごわい感じだ。シフトリンケージとペダルを外さないとまずは話にならない。そのためにはアンダーカウルも外すか、ちょっとずらす必要がある、ソケットが入らないだろう。これらをクリアしてもフィルターは奥にあり、ハーレーエンジンみたいにドライバーで串刺しにして回すのは無理。フィルターレンチが必要。この次トライしてみるか。

なお、BONZOさんのブログにはこの辺の一部始終がありました、参考になりましたです、ハイ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2005年10月26日 (水曜日)

モーターショーに行ってきた

この前の土曜からモーターショーが開催されている。自分も一応業界人(^_^;) その気になれば金曜の特別招待日やその前にも行けたのだが、今日午後行って参りました。しかも自腹で。自腹でモーターショー見に行くのはいつ以来か、覚えていない。それにしても新宿から行くと結構時間がかかるよ海浜幕張。ほー、BMジャパンってこんなところに本社があるんだ、などと思いながらてくてくと歩いて北ホールへ。いきなり二輪館だ。しかし素通りしてまずは東ホールの自社ブースへ。どうもパットせんな。こりゃあかん。車はさらっと流していそいそと二輪館へ行く。まあ、トヨタは金のかけ方が違う、ホンダが元気、BMWの人気も結構なもんだ、というくらいの印象だった。

で、二輪のほうはというと。

P1000039P1000056 P1000057 まずはヤマハ。MT-03とスクーターのコンセプトモデル2台。白いほうはパラレルのハイブリッドらしい。

P1000059 P1000060 カワサキZZR1400。実物は写真ほどのインパクトなし。こりゃすぐ市販だな、ってレベル。

P1000053 スズキはやっぱりこれ。バイク全体で一番人が集まってたのはこれだったように思う。ショーモデル的な雰囲気は強いが、完成度はなかなかのレベルのような・・。

P1000052 ドカはこの1000SPORTSとPAUL SMARTの二台を大盤振る舞い。自分はまたがらなかったが、このライポジじゃ無理というのがよくわかった。

P1000051 わがBMWはインパクト不足。注目はこれだけ。どちらかと言うと純正ウェアを売る気マンマン。

P1000045 P1000046

埼玉シニア軍団(?)向けサービスショットww

片方はアルピナのスーパーチャージャー。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2005年10月24日 (月曜日)

埼玉軍団誕生か!?

10月23日、高坂SAにてプチオフを開催した。参加者はYOSさん、にしさん、KSRIDERの三人。そもそもYOSさんから自分のブログにコメントをいただいたことが発端で、BBSで告知したところ、近場にお住いの(^_^;)にしさんもご参加くださった。

自分は出る直前にバタバタしてしまい、予定より10分ほど遅れて出発。高坂SAには5分ほど遅れて到着。既にYOSさんとにしさんは合流していた。早速お二人から名刺を頂戴する。自分はそんなもの持ってない。恐縮。今度作ろうかな・・・。会社のじゃない、オフタイム用のやつ。

その後、三人であれこれしゃべりながら時間を過ごし12時過ぎに解散。

YOSさんはHPを持っておられて、事前に学習してからお会いしたが、HIDやオンボードカメラ用のブラケットなど、なかなか参考になることが多かった。特にオンボードカメラ用のブラケット、ワンオフでいい仕上がり、自分も作ってもらおうか・・。

また、YOSさん、にしさんともに写真(カメラ?)に対して非常に造詣が深いことが判明。バカチョンから入門デジカメしか使ったことが無い自分にははっきりいって全くついていけない、プロフェッショナルな話だった。うーーん、釣りのことならなんとかなるのだが・・・(^_^;)。

さらに、にしさんが昔は奥多摩でブイブイ言わしてたことも判明。大人数のツーリングではなかなかこういう話はできないし、大変楽しい時間だった。

ということで、3人でK1200S&R埼玉軍団結成の運びとなりました、というか勝手に宣言してるだけだが(^_^;) 埼玉だけでなく、群馬在住の方もぜひ一緒に楽しみましょう。

P1000038 携帯で撮ったため、どうもピンぼけです。

ロッシレプリカが光ってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2005年10月18日 (火曜日)

K1200S&Rオーナーツーリングその2

パノラマラインは、嬬恋村の丘陵地帯(というかキャベツ畑)を横断する道路である。地図によっては記載されてないのが何とも不思議に思えるほど良く整備されたコースだ。途中フェラーリとすれ違った。多分前橋ICで見かけた車だと思うが、日本では高速道路くらいしかその真価を発揮できない車でもこの道なら楽しめるだろう。道がいいだけでなく、とにかく車が少ないのは、地図にないからだろうか。東方面から入ってしばらくは谷越えの峠道っぽいレイアウトで、比較的見通しもよくその気になれば全部のコーナーでタイヤのサイドを使いきれる。ここでもヴィデオ撮影にトライしたのだが、ズーム状態での撮影ができないことになかなか気づかず(恥ずかしい限りです)前半はまた満足に撮影できず(T_T)。全く情けない話だ。皆さんごめんなさい、この次こそちゃんとやります、はい。

SANY0032 SANY0033片パニアはぐっちさん、そしてottoさん。ぐっちさんに続いて直線からつっこむ時にブレーキがガガガガッと異音を発したため、ややセーブ気味。そのためあまり接近できてません。動画からの切り出しなので不鮮明な画像です。お二人とも気合入っておりました(^_^) 予想通り丘陵地帯からは路面にところどころ泥が乗っている場所があったため、ペースダウン。そのまま国道に入って今度は湯の丸高原を越えて佐久方面へ至る道へ分岐。ここもSS区間。ところがワインディングに入ってまもなく霧が出て、上のスキー場ではほとんど前が見えなくなる。視界10メートル以下だ。しょうがなく前を走る車のテールランプをたよりにして山下り。ふー、残念。これで今日のSSは終わりだな。国道18号に降りて見上げると、山は雲に覆われており、つまり霧ではなく雲の中を走ってきたということだ。その後は順調に国道を走り、お昼を食べに丁子庵へ。まあ、大人数での食事なので外さないところ、ということでこの有名店を選んだ。新館があり、13人全員が一列に向かい合わせて座れたのはよかった。着いたのが1時頃、予定より30分ほど遅れたため、清里でのソフトクリームは無しとする。

SANY0015 SANY0018 丁子庵での昼食。そばはまあ、おいしかったです。ただひとり、グラスで天然水を飲んでる方がいらっしゃいます(^_^)

幹事挨拶など勝手にさせていただいたが、後から考えるとこのとき皆さんに自己紹介をしていただくべきでした・・・。うーーーん、情けない。立ちゴケのショックがまだ尾を引いていたのか。

そうこうしながら2時に出発。あとは国道を通って須玉ICから中央道に乗るだけである。予想はしていたが非常に退屈というか、車の後ろをおとなしく着いて行くだけ。睡魔が襲う。途中にところどころ紅葉が始まっている場所がある。そういえばかなり涼しい、というよりはっきり言って寒いよ。 11℃って温度表示を見て目が覚める。この頃、タバヂさんは「グリップヒーター、フゥ~~~」だったのだろうか(^_^;) 先頭を走っていたので、山越えの登坂車線の区間だけは車をごぼう抜きして思いっきり走り最後の休憩場所、道の駅みなみ清里に到着。

SANY0021 これだけ揃うと壮観です。

ここで休憩後、解散した。あとは各自帰還ということだが、途中の談合坂SAで多くの方に再会。私は同じ埼玉方面のにしさんと鶴ヶ島までご一緒していただきました。ちなみに帰宅すると走行距離502キロ。皆さんお疲れ様でした。

さて、幹事としての反省です。

①追尾撮影に失敗。全員の走りを撮影できなかった。理由は準備不足。先週走れず実地検証ができなかったことが大きいです。ズーム状態ではヴィデオ撮れないとか、操作があいまいとか、振動が思ったより大きかったことなどは実際使ってみないとわからないところ。それと、電池寿命。ヴィデオ主体だと30分くらいだろうと踏んでいたがやはり未確認だったため、思い切ってSD512MBをフルに使うことができなかった。こういうものの電池って急激になくなるのが常だ。実際当日は撮影と確認で25分ほど使い、帰宅してから編集等で5分ほど使ったら電池切れ。この次はちゃんと準備して色々試してみたい。いっそ撮影隊を組織するか・・(^_^;)  ヴィデオはちょっと時間をいただいて、CDに焼いてディーラーに置くなどして皆さんの手にお届けできればと思います。

②せっかく参加いただいた皆さん、やはり全員お互いにご挨拶する場を設けるべきだった。昼食や、それまでの休憩時間で十分かなとは思っていたのですが、それはそれとして自己紹介タイムは必要でした。

③コース設定として、前半が濃すぎた(^_^;)。昼食後はただ帰るだけになってしまい眠くなった。

こんなところだろうか。次のツーリングは別の方が幹事をやってくださると思いますので、参考にはならないでしょうが・・・・。

こんな適当な進行でも無事故無違反で帰ってこれたのは(立ちゴケいち・・)、参加してくださった皆さんの大人な走りと対応のおかげです。本当にありがとうございました。これに懲りず、また走りましょうねー。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2005年10月17日 (月曜日)

K1200S&Rオーナーツーリングその1

天気予報はいまいちの中、前日土曜日の12時頃になると雨もやんだので安心して就寝。ところが雨の音で目が覚める。時間は4時。このままウトウトして5時半に起き出して準備。丁度6時半に出発。雨は本降りである。RSタイチの1万くらいの雨具だが、2年前に買って今回初めて袖を通したりする(^_^;)今までできるだけ雨の走行は避けてきたが、まっすぐ走るぶんには何の問題もない。案外雨の走行も大丈夫だ。ただ、シールドが曇るのは困りもんだな。

1時間弱で高坂SAに到着。チャッキーさん、タバヂさんとご挨拶、うーん、ほとんど想像していたとおりの人だ>タバヂさん。その後ぐっちさんや70&92さん、さとしさん、にしさん、すーさん、ottoさん、かずさんが。ここで8時になり、雨もやまないのでかずさんに残ってもらってひとまず前橋ICに向けて出発。ここで「高速通行券紛失」に気づく。

SANY0001 前橋ICで集合。通行券については、自己申告で通してもらう。住所、名前、℡、も自己申告させられたが(^_^;)

ここでかずさん、ちびさんと合流。お友達はまだのようなので、お二人に残っていただき最初の休憩ポイントのセブンイレブンへ。

ここで風雷さん合流かと考えていたがそれらしい人はいなかった。お仕事ですね、残念、また次の機会にお願いします。

かずさん、ちびさん、そしてお友達のベルさん(R1150Rに乗る女性!!)と合流し、全員揃って軽井沢への山越えへ出発。この道は2回走っているので、感じはなんとなくわかっている。路面は多分ハーフウェットだろう。MPEGカメラをセットする。先週雨で走れなかったため、実走テストは無し、ぶっつけ本番である、いい加減な幹事だ。

最初はタバヂさんが突っ込み(^_^;)自分が着いて行く。後ろにはグレーのS、多分すーさん?ハーフウェットにも関わらず結構なスピードで走るタバヂさん。途中ですーさんと入れ替わって引き続き追尾。なかなか気合の入った走りである。あれ、いつのまにか画面から撮影中のアイコンが消えている!!! 止まって確認。二人はそのままかっとんで行く。

あとで確認すると、直線から峠区間に入ったところで電源落ちている。振動か?というわけでタバヂさん、すーさんごめんなさい、写ってませんm(__)m この次はちゃんと撮ります、はい。以下の写真は動画からの切り出しなのでやや不鮮明です。

SANY0023 SANY0026

ちびさん、かずさん、にしさん、さとしさんと思われます(^_^;)SANY0027  

sanyo0034 カメラをいじっている間に3,4台の集団が抜いていったので追尾開始。ここは順調。で、全員を撮り終えたところで後続集団を待つため、停車。と、左足が砂利でズルッときてそのまま立ちゴケ。うっそー(T_T) 。坂道ということもあるのか、一人では起こせない。立ちゴケもそうだが起こせないのもショックだった。ほどなく後続集団到着。ぐっちさんに手伝ってもらって何とか起こす。パニアのおかげか、思ったよりはダメは少なく、カウル2箇所に小傷程度。後続の皆さんご心配おかけしました・・。停車→こけるまでちゃんと写ってましたよ。画面に写る草はそよ風にゆれ、涙を誘いました・・・。

SANY0024 SANY0029

タンデムは70&92さん。それとロードスターのベルさん。ベルさんの後ろにずーッと着いてたのは秘密だ・・。

SANY0028

路傍の草・・・。なぜか90度回転。涙を誘うなあ。

気を取り直して追尾撮影を続け、そのまま北軽井沢の分岐ポイントへ。さらにガソリンを入れたりしながら二つめの休憩ポイントのセブンイレブンへ。ここからいよいよ本日のお楽しみ、K向きのコース、パノラマラインである。(続く)

続きを読む "K1200S&Rオーナーツーリングその1"

| | コメント (5) | トラックバック (2)
|

2005年10月12日 (水曜日)

Hyodはしっかりした会社・・と思う

昨日帰宅すると、Hyodからまたカタログが届いていた。ST-XWのカタログだ。℡でこのカタログをお願いしたのはもう一ヶ月近く前になる(本ブログ内 Hyodは商売熱心だ を参照ください。) お願いした直後に革ツナギのカタログ(これがメインのカタログのようだ)とステッカーが送られてきた。なかなか商売熱心だな、と感心したのだが、それから時間が経過し店頭にはST-XWが並ぶようになったので、てっきり忘れているものと思っていた。まあ、同社のツナギを買っちゃったのでもうどうでもいいのだが (^_^;)

そんな頃に、またステッカー入りでカタログが送られてきたわけだ。何と言うことはない話ではあるが、こういうことができない会社が多いのだ。特に自分の業界では。顧客或いはその予備軍(見込み客)との約束が守れない、覚えてないことから発生するトラブルは多い。それは従業員各人の資質の問題と並んで、会社としての管理の質に根ざす部分もかなり大きい。

多分Hyodはまだ従業員も少なく、自分の℡に出た人がたまたましっかりした人だったのかもしれない。しかし、自分としてはHyodには高得点をあげたいし、今後もがんばって欲しいものである。まあ、買い物するとは限りませんが (爆

P1000035

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2005年10月10日 (月曜日)

ottoさん逝って来ましたよ・・・

今日は10日。ライコランドの10%セール最終日である。15万の買い物なら当然のことながら、1万5千円安くなる。グローブが買えるじゃないか。よし、やっぱり今しかない今日買うぞ、すぐ買うぞ、ということで逝って来ましたライコランド埼玉。

はい、無事にHyodのSports Pro AdonisのLサイズを注文してきましたよ。在庫が全くなく、すべて受注生産になっているので、申し込み時に半金必要と言われていたため、カードを持っていったのだが現金以外ダメらしい。無いものはしょうがないと言うことで待ってもらうことになった。別に自分は構わない、ただカードというだけだ。納品になるまでに払ってしまおうとは思っているがあては無い・・・(-_-;)

ライコの担当者の名前を聞き、Hyodのサイトからカラーオーダーをして申し込むことにした。2万で色を変えられるのは安いと思う。土曜に千葉で試着した結果、袖を15ミリ詰めることにしたが、これが5500円プラス消費税。結果、16万弱となった。金策します、はい。いろいろなメーカーを試着したわけではないが、Hyodはいいと思う。クシタニも、と思ってはいたが結局行かずじまい。まあ、そんなに差は無いだろう。これからカラーを見直して、明日にでもオーダーしようと思う。

あー、なんだかすっきりした。こういう買い方は久しぶりだが、とにかく10%引きに背中をおしてもらっていいものを買えたのではないかなと思う。あ、ottoさん、Hyodは33サイズあるので、多分既製品でも合うと思いますよ、一緒に逝っちゃいましょうよ。

hrs004-01b これをベースにして色を変える予定。Kとあわせるなら青ベースですが、ツナギは10年以上ですからね、汎用性を考えました。

納品は12月頭のようですが、未確定です。 んー、物欲が消えた。とりあえずマフラーいらん(^_^;)

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2005年10月 8日 (土曜日)

また試着

今日はHyodの試着イベントが「ライコランド千葉」で開催される。先日、「ライコランド埼玉」に行ったとき、HyodのMWサイズを着たがちょっと着丈が小さく、RSタイチを着てみたものの、やはりHyodのものを着てみたい。ということで、わざわざ電車に1時間以上乗って出かけて来ましたよ。ライコランド千葉は「世界最大」を謳っているようだ。外から見ると埼玉の方が大きい。敷地面積にしても、建物にしても埼玉の方が大きいのは明らかだ。しかし、千葉は二階建てである。中に入ってみた感じだと、確かに「売り場面積」でいうと埼玉より広いようだし、品揃えもいい。埼玉には無かったGaerneのG-RSもある。2Fに上がるといきなりST-Xのパンツが目に入る。これ、バイカーミーティングの時に衝動買いしそうになったブーツアウトのパンツだ。売るほど置いてある(^_^;) 追加生産したんだな。で、奥のほうのツナギコーナーに行くとHyodのスタッフがいる。どうみても50歳以上の腹の出たおじさんが試着して喜んでいる。「ああいう人が走ると早いんだよな」とか根拠の無いことを考えたりする。

で、ちょっと待って「Sports Pro ADONIS」のLサイズを着る。LLサイズのインナースーツを貸してもらって、である。着てみた感じは、「RSタイチよりいい」である。自分は170センチ(ミリ単位で足りません)、体重60キロ、体脂肪率16%、BMI20%、基礎代謝1470キロカロリー、ウエスト78センチ(多分プラスアルファ)だが。個人情報出しすぎか・・。ちなみに肉体年齢35歳(^_^;)。ひざのプロテクターの位置がぴったりで下半身の動きやすさは素晴らしい。上半身は、肩というか首まわりがややきつめ。最初はスーツ付属のパッドも外した状態から、RSタイチやコミネの脊椎パッドを背負って着替えること5回。Hyodのスタッフの方は非常にフレンドリーでいい対応をしていただきました。RSタイチの、結構高いやつより自分にはあっていて、はっきり言って欲しくなった。こりゃヤバイ。ライコでは10日まで10%オフだ。今申し込むと、納期はやっぱり12月らしい。「もう少し早いとは思いますが・・」と言葉を濁すHyodスタッフ。12月じゃ、もらってもそれから先ほとんど使えないままに3ヶ月が経過するような感じが・・。ライコ情報によると、12月にもまた10%オフをやるらしい。どうしよう。早く楽になりたい気もする。ottoさんやちびさんにあおられずに済むし (^_^;)

どうしよう。金は無いぞ。HyodのWebでカラーデザインなんかやって遊んでおります(-_-;) 後日報告できればと思いますが・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2005年10月 4日 (火曜日)

スズキGSX-Rのマフラー

Webをブラブラしていると、スズキのHPに新しいGSX-R750と600の写真が。スズキのHPは初めて見たわけですが (^_^;)

05suzuki 写真ではちょっとわかり難いがこのマフラーは素晴らしい!ビューエルの、エンジン下に取りまわされたマフラーも好きだったが、この短いのもいい。デザインはともかく後ろが非常に軽そうだ。実際、仮にKのマフラーでこんなのが出たら相当魅力的。フルエキで作らないと触媒関係等無理があるだろうが。どこぞのメーカーで作らないだろうか。そう言えばヨシムラは年末か来年始めにK用のスリップオン(?)を出すらしい。

いや、GSX買う気は全くないですけどね、そういえばホンダとスズキは所有したことがないな、自分。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

一応コース図を

16日のコース図をアップします。高速道路区間は除き、関越道前橋ICを降りてから中央道須玉ICに乗るまでのコースになります。Map Digital Mappleで作りましたが、どうもきれいに表示されません。特に上の方の部分。何か下の道から行ったり来たりみたいになっています。実際はパノラマラインの区間ですが、地図上はちゃんとした道として認識されていないのか、下を走る県道や国道を通ろうとするようです。まあ、こんな感じか、という参考までに。縮尺の関係で須玉ICの直前で切れてます(-_-;)

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2005年10月 3日 (月曜日)

革ツナギを試着

日曜日、ライコランド埼玉店に行った。どうもセール期間に当たったらしく、非常に混雑していたが、目的は「革ツナギの試着」である。買うわけではありません、すくなくとも今日は(^_^;)

HyodのSports Proなんとかっていう147,000円のMWサイズを着る。胴回りがMサイズに比べてゆったりしているが、どうも着丈が短いようで肩というか首が窮屈。胴が長いってことか(-_-;)

続いて、RSタイチのLサイズ、180,000円(?)を着る。これはやや胴回りがスリムだが着丈はちょうど良い。自分はどうもLサイズのようだ。これを着たのはHyodの在庫にLがなかったためで、今のところRSタイチは選択肢に入っていない。

20年前にクシタニのツナギを買って以来、ひさびさに最新鋭のツナギを着たわけだが、その進歩はたいしたものだ。動きやすいし、プロテクトも強化されている。何よりツナギを着ることによる「緊張感」というか「気合」は、やはり革ジャンと革パンツの組み合わせとは違うなあ。やっぱり、安全のためにもここは一発清水の舞台から飛び降りるかなあ・・。(何をいまさら、それを想定してブーツ買ったじゃん、という突っ込みは無しです^_^; )

で、店員さんに聞いてみると、「Hyodは既製品も含めて在庫は全くありません」「先日注文された方の納期は12月頭とのことです」ときた。Hyod、すごい人気である。確かにRSタイチと比べて動きやすいように感じたけど反面やや重い。グレードの高いものは違うのかもしれない。そんなに時間かかるんなら、もうちょっと考えてみるか、金も無いし、という結論でお店を後にしましたとさ。10%オフは10日までです^_^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2005年10月 2日 (日曜日)

K1200S&Rオーナーツーリング開催します

9月4日のオフミに続き、2回目のイベントとして、K1200S&Rオーナーのツーリングを10月16日に開催します。コースは以下の通りです。

関越自動車道 高坂SA 8時出発→前橋IC<60キロ、1,500円> 高速道路は自由走行とし、料金所出口で集合します。

国道17号→(上並榎町交差点右折)→県道29号→国道406号→セブンイレブン倉渕三ノ倉店 27キロ セブンイレブンで小休止(合流ポイント) 9時頃到着の予定です。

国道406号→(権田交差点)→県道54号→(北軽井沢交差点右折)→国道146号→(羽根尾交差点右折)→国道145号→(大津交差点左折)→国道292号→セブンイレブン(道の左側、店名不明) 約55キロ セブンイレブンで小休止します(合流ポイント)。10時半頃到着です。

県道59号→パノラマライン→国道144号→(田代交差点右折)→県道94号→湯の丸高原→(牧家交差点左折)→国道18号→(西原交差点右方向へ)→丁子庵で昼食 約56キロ

丁子庵→国道18号→(平原交差点右折)→国道141号→清里→セブンイレブン山梨清里で小休止 約58キロ 時間があれば八ヶ岳牧場へ寄ってソフトクリームを食べたいと思います (^_^;)

国道141号→中央道須玉IC→中央道談合坂SA 約105キロ 集合・解散とします 

一般道は210キロくらい、高速道が大泉・前橋間が91キロ、須玉・調布間が123キロです。大体都内の方ですと450キロくらいでしょうか。

途中参加の方は、休憩ポイント等から適当に合流してください(^_^;)

皆さんキャリアも豊富で今更なんて言われそうですが、少し注意事項を

①高速道路は基本的に自由にマイペースで走ってください。

②一般道では、基本的に千鳥隊形で走ります。それほど厳密ではありませんが、あまりばらばらになったり、一人だけ離脱したりはしないようにお願いします。区切りとなるポイントでは随時集合を待ち、できるだけ分断しないように走ります。

③途中信号等で隊列が分断された場合、先行組は待つこととします。従って、殿の方は合流時にパッシングで合図をお願いします。まあ、このあたりの進め方というか決め事は当日の流れでも変わってくるので柔軟に対応したいと思います。

④コース文中下線をつけた赤字の区間はSS区間です。自由に走ってください。しかし、当然一般道ですので無理な追い越しとかスピードの出し過ぎには注意してください。ここでは、KSRIDERによる追尾撮影(^_^;)を行う予定です。自分の走る姿を確認しましょう(後日提供予定)。

⑤全員が無事にツーリングを楽しめるよう、皆さんのご協力をお願いします。幹事も力不足ながらがんばります(^_^;)。なお、道中の交通違反や事故については、自己責任での対応をお願いします(一応確認です)。

お気づきの点、不明な点についてはコメントいただくか、或いは掲示板への書き込みをお願いします。

なお、コース図についてはできるだけ早く掲載したいと思います(地図ソフトの関係で、無理かもしれません)

昼食は一応丁子庵としていますが、すぐ近くのそば七になるかもしれません。また、そばがダメと言う方がいらっしゃる場合は、佐久の藤蔵屋にします。ここにはうどんや丼もの、鯉料理があります。その旨お知らせください。折角のお昼ですから、場合によっては二組に分かれて、後ほど合流というのもアリかと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (2)
|

2005年10月 1日 (土曜日)

下見ツーリング2発目

宣言どおり行って参りました。前回と同じく8時に出発、しかし金が無いので、前回のように関越には乗らず、裏道を通って17号に出てこのまま下道で。上並榎町の交差点を、今回は左折して時間を見ると9時20分。高速使うより早いよ、なんでやねん。

前回とまったく同じコースで軽井沢への山越え、国道146号から国道292号を経由し、県道59号へ。パノラマラインがMioMapに載ってないと書いたが、同じくMioにバンドルされていたMappleにはちゃんと表示されているのですよ。ということでMappleに切り替えて走る。もうすぐ分岐点だー、Mappleマンセーとか言ってるうちに分岐点。なんだ、ちゃんとパノラマラインって表示がある・・。でもちょっと目立ちません、前回はきれいに見落としておりました。で、パノラマラインはどうかというと。

051001_005 051001_006 なんというか、前半は山間を走る超ハイスピードコースです。三桁のスピードで余裕で入っていけるコーナーが多いです。で、ある程度上りきったところで、丘陵地帯になり、道の両側にはキャベツ畑が・・。今週仕事だと言ってWRCをちょっとだけ覗きに行った帯広の空港近くの風景に似てるんですよ、これが。驚いたのは車の少なさ、ほんとに北海道並、いやそれ以下。自分が走ったのはパノラマラインのうち、国道144号より上の北コースとも言うべき部分だったのですが、すれちがったのは4,5台、追いついたのは2台。追いつかれた車はありませんけどね(^_^;)。ちょっとオーバーですが、「本州にもまだこんな道があるんだなー」と思いました。ただ、丘陵地帯は農作業用のトラクターが走っていてドロが乗っているようで、ちょっと気になりますね。そうこう言っているうちに国道144号に合流。上田を経由して小諸を過ぎ、国道254号をしばらく走ってから信越道に乗り、帰って来ました。5時前帰着。走行距離370キロ。ということで、コースを決めました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »