« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月30日 (木曜日)

ステッカーこんな感じです2

今日もミドリデザインさんから送られてきました。1179  

左はこれでほぼ完成です。やっぱりKに見えにくいです(^_^;)プロペラエンブレムの上には「遁甲の術」と入ってます。同じく右側には「空蝉の術」と入っているはずです。カワサキじゃないんですけどね・・何となく貼ってみたかったということで。 

_181 これは「臨兵闘者皆陳列在前」という、いわゆる九字真言ってやつです。深い意味はありません。何となく字の並びがきれいだと思っていまして、この機会に貼ってみようかと。

それに、梵字(今ブームらしいですね)にも非常に魅力を感じてまして、そのうち自分の守護神の梵字をどこかに貼ろうかと考えています。

今まで何台もバイクに乗って来ましたが、ステッカーを貼るとか塗装カスタムをやる、という気持ちはあまりありませんでした。やってみると楽しいです(^_^;) なんかはまりそうです。これだけやってもらって、ちょっと信じられないくらいの良心的な値段なので、(まあ、実物の質感は確認できてませんが)そのうちまたミドリデザインさんに何かお願いしようと思ってますね。   

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2005年6月29日 (水曜日)

ステッカーこんな感じです

ミドリデザインさんで作業中の写真が送られてきたので・・。

_178 _177 Kマークがそれらしく見えない感じもしますが、カウルの凹凸の関係で貼る位置が制限されてしまうようなので仕方ないかな、と思います。アンダーカウルの黒い部分は表面がザラザラで全く貼れないらしいです(-_-;)。ここに何もないのはどうもバランス悪いような気がするんですが・・。

あとは、左側と、漢字(これがくだらないんですけど ^_^;)を何箇所か貼れば完成です。アンダーカウル部分はまた相談して何か考えようと思っています。    

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2005年6月27日 (月曜日)

K1200R情報

昨日納車して60キロ弱走ったところでちょっとしたトラブルが発生し、ショップに戻って来た時のこと。店長が、K1200Rを見せてくれました。2台ありましたが、1台はすでにナンバーが付いており、いくらか走っている状態。もう1台はリフトの上で新車整備中でした。いずれも広報用の車両で、全部で10台程度をこのショップで整備する予定らしいです。

今後の日程ですが7月ど真ん中に発表発売で、その前に価格がアナウンスされるらしいです。税込みで200万くらいにならないかな、と店長の希望的観測でした。

ちょっと眺めた感じですが、ハンドルは思ったより広く、しかもグリップ部分が開いていますね。ほとんどロックスター並みに見えました。変わってるのは、車体のカラーによってメーターバイザーが違うこと。黄色だとほとんどそれとわからないような小さなメーターカバーみたいなモノしかついていません。シルバーだと、ミニスクリーンというか、それなりに効果がありそうなモノになっています。あくまで店長談ですから確かな情報ではないものの、なんでやろ?と思いましたね。 (残念ながら写真はありません ^_^;)

実物を見ての結論は、「これならベネリのTNT買います」でした。以上。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005年6月26日 (日曜日)

おかげさまで納車です

夕べは良く眠れたなー。今日はいつもより少し遅く起きたが、それでもまだ7時前だ。これからロードスターと最後のひとっ走り。それからKの納車です。

ロードスターで走りなれた正丸峠を数往復。それにしても最近エンジンの回り方が軽くなったなー。ほんとに次にこのバイクに乗っていただける方のために慣らしをしたような感じがするよ。それはそれでいいですけどね。

で、昼前にショップに到着。ショールームに私のKが置いてあります。パニアとセンスタがちゃんとついてる。センスタをかけてみたが、なんというか、右手でどこをつかむかが問題。シートレールの部分はどうもうまくいかない。力が入りにくい。で、しょうがなくてタンデムグリップをつかむ。力は入らないがなんとかスタンドは上がりました。スタンドを上げた状態で明らかに重心は前で、前輪を持ち上げるのにかなり力が必要です。とりあえず前輪は持ち上げられませんでした。ガソリンも入ってたし(^_^;)ということで、このセンスタは自分としてはあまり必要ないかもと感じました。それよりサイドスタンドを強化した方がいいかと思います。傾きが非常に大きいし、頼りないです。

いよいよ自分のKで走り出す。関越に入り、60キロくらい走ったところで下道に下りてしばらくすると、インパネに変な表示。コーションマークとバルブ切れのサインです。ウィンカー、ブレーキ、ヘッドライト等確認したがどうもちゃんと作動しているような感じ。しょうがないのでショップに帰り診断してもらうと、リアのスモールが切れていました。スモールが切れると、ストップランプを減光して作動させるようになっているらしいです。それでわからなかったんだな。そんなちょっとしたアクシデントがあったものの、無事に220キロくらいを走り、ミドリデザインさんに預けて帰りました。ライポジは思ったよりいいです。何にしてもすごいバイクです。インプレはまたいずれ。

S-IMG_0072 新旧の愛車です。Kの低さがよくわかります。

続きを読む "おかげさまで納車です"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2005年6月24日 (金曜日)

納車日決定

今日、お昼過ぎにショップの店長から携帯に電話。「日曜日に納車できるよう準備しておりますのでご来店ください・・」留守電に吹き込まれた店長氏の声、こころなしか震えてどもっている。別に恫喝していたわけではありません。しかし、自分としては爆発寸前。もし夕方までに連絡が無ければキャンセルかな、と正直思ってました。

というのも、注文書には「25日納車予定」とあり、自分もそのつもりで納車後のステッカー作業とかガラスコーティングの手配をしていたわけです。ところが、17日に電話で確認すると、「20日に入ってくるはずなんですが確定ではない」ということ。「じゃ、確認してね、いろいろ段取りしてあるから」との電話でのやりとりを最後に、さっきまで全く音沙汰が無かったとくれば、いくら大人な私でも怒っちゃおうかな、となるわけで (^_^;) これで、「納車は来週」とか言われたら、まあ、間違いなくキャンセルですね。店長氏もその辺の雰囲気を感じていたのではないか、と思います。電話一本入れておけば済むのにね。

まあ、何はともあれ26日には納車です。いやー長かったなー。一回だけの試乗と妄想で繰り広げてきたこのブログも、ついにリアルなネタをお届けできそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2005年6月15日 (水曜日)

接地感とは何ぞや

題名からしてオヤジくさい (^^ゞ

弟のブログを読むと、K1200Sはコーナーでこける気がしないらしい。RIDERS CLUB誌のネモケン氏の試乗記にも全く同様、というか安心してヒザがすれる、みたいなことまで書いてあった。実際、自分も試乗した感じは同様である。コーナーリングらしいものはひとつのコーナーの往復一回だけだったが今乗っているロードスターとの違いは明らかだった。左コーナーには路面横方向にペイントが何本か入っており、これが微妙なデコボコが連続する状態を作っている。ロードスターでここを通過すると路面のデコボコが伝わってきて車体が不安定になる。つまりこわい。寝かせれば寝かせるほど、こわい。まあ、こけるかも、というほどのものではないが。

ところが、K1200Sで同じ場所を通過しても、何も起きないのである。これは接地感というよりは車体の安定感ということで、この場合はサスがよく動いているということだろうと思う。さらに、バンク中の、タイヤがべったりと地面についている感じは今まで味わったことがないもので、新鮮な驚きだった。これはタイヤのせいか、とも考えた。ロードスターにM1履いて走ってみれば答えが出るが、残念ながら経済的余裕もなく、かなわないことである。以前弟のアグスタF4Sに乗ったが、その時もこんな強力な接地感はなかったなー。アグスタも多分M1同等のタイヤを履いてるんだろうし、やはり車体の差っていうことなのだろう。

で、この接地感というやつだが、やはり自分レベルではハンドルから伝わる前輪の接地感こそが接地感であり、後輪はほとんどわからん。 すべれば慌てると言う程度である(^^ゞ ということは、フロントのサスペンションが主たる要因だということかなー。つまり、強力な接地感はデュオレバーならではということになる。

では、デュオレバーのどこがすごいのだろう?ちょっと研究してみます。続編はいずれ・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2005年6月11日 (土曜日)

K1200R

ネタもないし、K関連のサイトをうろうろしてたら、Rの写真がまとまって出てた。どうも、ドイツでは発売されたようだ。Motorradサイトにもちゃんと出てる。100キロに達するのに2、9秒だと。

K1200R K1200R1 でも13,000ユーロ。170万くらいだ、安い。ただ16%なんとかって書いてある。日本の消費税に該当するものかもしれない。とすると200万近くになるわけだ。日本ではいくらくらいになるのかな。

Sも日本で消費税込み220万強だから、これより高い価格はつけられないだろうな。210万位かな。良く見ると、シートとシートカウルがSと違うものになっていて、なかなか好みである。ただ、全体の印象はおとなしいデザインだよな。ライトだけ浮いてる(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005年6月10日 (金曜日)

こんなスタンドもあり

海外のKサイトを見ていると、こんなものを見つけた。

K k ベタな感じではあるが、自作したのかな。

これなら、2万もかからずに作れそうである。もちろん、自分ではできないが。よく見ると、ハンドルらしきものもついており、どうやらホイールに差し込む、白い部分が上下するようだ。

とりあえずセンタースタンド頼んではあるけど、これもいいかな。かっこよくはないけど。それと、もちろん出先には持っていけないが(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005年6月 9日 (木曜日)

ETC

弟のBLOGでETCの話が結構盛り上がっていた。私も詳しくは知らないが、以前ディーラーにいたこともあり、また現在もクルマ業界人なのでちょっと触れてみたい。

そもそも日本のETCは受信機とカードのセットで使うようになっている。カードは、料金を引き落とす口座情報があればよく、人のクルマでも受信機に自分のETCカードを差し込んで使うことができる。

受信機であるが、これは通常セットアップという手続きを経ないと使うことができない。セットアップとは、ナンバーや所有者、車体番号、車体寸法等々の車両情報を暗号化してインプットすることで、ORCEの指定した特定の業者でしか行うことができない。通常はこのセットアップ業者が、該当するクルマへの受信機取り付けも行うわけだが、セットアップだけを依頼し、取り付けは個人で行ってもかまわない。

ここまでは原則論。世の中にはいろんなことを考える人がいて、例えば軽でセットアップした受信機をダンプなどの大型車両に取り付けて使ってやろうと言う場合、それはほぼ無理である。ゲートのバーは上がらない。自分も3年ほど前うっかりしてカードを入れ忘れてゲートに入ったことがあるが、あのバーがフロントガラスに当たるとバシッと結構大きな音がする。心臓に悪かったりする。やはり、行政側としては高速道路の料金は適正に徴収しないとまずいので、ゲートでちゃんとチェックしているのである。その内容をここでバラスと、いくら匿名の業界人とはいえ倫理的苦痛を覚えるので(^_^;)、やめますが。すくなくとも複数の方向からカメラで見てますよ。

ところでバイク用ETC、どうなっているんでしょう?今実験中みたいだなー。以前は、専用のゲートをつけて、そこで止まってカードを読み取り機械にタッチさせて・・・という方式だったと思うが、今現在はクルマと同じような受信機をつける方式に変わっているようだ。なんとなく危ないなー。うまく運用して欲しいものだ。自分もぜひつけたいとは思っているが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2005年6月 5日 (日曜日)

弟には納車

さっき弟から電話があった。金曜日にグレーのK1200Sが納車されたそうな。奴は試乗もせずに注文し、初めて100キロくらい乗ったらしい。奴の車歴は、ドカ900SS→アグスタF4S→トラボンネ→K。この間も大体サブマシンを持っていて、ヤマハXJとかBMのK100とか、自分に比べて相当お盛んである (^_^;) その弟が「BMはやっぱりすごいバイクを作る」って言ってた。アグスタで55キロくらいで立ち上がってた下りコーナー、Kだと楽々60キロ以上で行けるって感心してたなー。 はー、自分にはいつ来るのやら。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2005年6月 1日 (水曜日)

ステッカーデザイン決まり

かねてよりミドリデザインさんに依頼していた、K1200Sのステッカーデザインが決まった。いろいろとわがままもお願いしたが、快く聞いていただいた。多謝。今はデータの段階だが、このブログにさりげなく写真を置いてあります(^_^;)

納車後に実物に施行するわけだが、実際のバイクは凸凹やエッジ、曲面などがあり平面な写真とは若干異なる仕上がりとなるかもしれない。また、実物を前にして新たなイメージが湧いてきたりして、現場合わせ的なところもでるだろう。できあがってみるまでわからないけど、このデザイン、自分は結構気に入ってます。ちょっと品が無いって意見もあり(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »