2018年2月14日 (水曜日)

燻製器にサーモスタットを

 燻製器で温燻を作る場合、素材を60℃程度に保つ必要がある。自作燻製器の場合、以前から持っている電熱器を使ってチップを燃やすと60℃を超えて上昇していく。その都度、煙を抜いたり電源オフしたりで温度を下げていたけど、やっぱり面倒なのでサーモスタットを導入することに。

サーモスタットというと、あまり安いイメージが無かったんだけど、最近はアマゾンで格安品があるらしい。当然中国製。

P2110152

思ったよりもコンパクト。
1400円ほど。

P2120158

ネットを参考に配線。
本当は端子台というものを使ってスマートに済ませたかったんだけど、見当たらなかったのでハンダ付け。
写真に写っている器材合計で2000円以下。
家庭用電源を使う機器をいじる場合、電気工事士の資格が必要なんだろうか?
気にせずやっちゃったけど。

P2120159通電させると、ちゃんと室温を表示しましたよ。

60℃で電源オフ、5℃下がったら電源オンという設定にしてみた。電熱器は開放型コンセントにつなぐわけだけど、コンパクトなプラグ型にしたほうがよかったかも。

あとはプラの箱でも買ってきて一式を収納すればOK。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2018年2月13日 (火曜日)

まだまだ冬

1,2月はバイクにとってはオフシーズン。街中を走っても面白くは無いし、山とか峠も雪がなければそれなりに走れるんだけど、それを確認するのが面倒臭い(笑 要は寒くて走りたくないってことなんだけど、月に200キロも走ってないとさすがにちょっと溜まってくるものが(笑

 ということで、久しぶりに調整コースの様子を見に行ってきた。

Img_20180211_120030922

雪が残ってますな。ここは長瀞のセブンイレブンから北へ抜けるちょっとした峠。雪解け水が路面を覆っており、まだ少し早い感じ。

Img_20180211_120050764やはり、日当たりの良しあしに大きく左右されている感じ。この分だと、神流湖沿いを走る国道に抜ける峠もあまり状況は良くないか。

あと2週間くらいは我慢かな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2018年1月27日 (土曜日)

燻製器を作る

 燻製歴25年(途中、かなりの中抜け期間あり)、ひたすら段ボールで燻製してきたが、ここらでちゃんとした木製のものを作ってみようと。幸い、ネットに参考になるものが結構ころがっており、木工DIY入門も兼ねてチャレンジ。

 材料費は、コンパネパネルと蝶番3個、パチン錠2個、金網4枚、釘、スリムネジの直材費で4,000円弱。ほかにカット代500円と工具用ビットなど。

 

P1220099

で、高さ70センチ、幅29センチ、奥行き26センチ、扉大小2枚、天の煙抜き扉という仕様で制作。簡単に行くだろうと思っていたけど、いざやりはじめると段取りが悪くてやり直したり、ネジ打ちをミスったり、ノコがまっすぐに引けなかったり、と初心者らしいつまづきの連続(笑

 実質4時間くらいかかった、ハア~。

内部の角材は金網を乗せるため。ハムのように吊るすものについてはまた別に仕掛けをつくるつもり。

P1270102

燻製一回終了。

今回は温燻でビーフジャーキーを作ってみました。

下部の扉で隠れていますが電熱器を置いてあり、これでチップの燃焼と行い、内部は60℃程度になります。

密閉すれば80℃近くまで上がると思います。

P1270104

コンパネなので、見てくれはよくありません。

これでノウハウを貯め、ちゃんとした材料でもう一個作る予定。

木工結構楽しい。

今回はビスや釘だけ使いましたが、継ぎ細工でやれるようになればもっと本格的なものができるかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2018年1月23日 (火曜日)

トライアンフ埼玉東

トライアンフを扱う店は少ないですね。

埼玉には一か所しかないと思っていたら、いつの間にか増えてました。埼玉南に加えて埼玉東。寒くて走りに行く場所もないのでちょっと覗いて見ることに。

20180121_131816009外環の高架が近くに見える場所にありました。店にはハーレーの電飾看板があり、なんか怪しい(笑

20180121_131842675

この日はショップのツーリングで店番が一人。はす向かいにかなり大きなショールームがあり、そちらものぞいてきました。
トラの三気筒はなかなかいい音と、太いトルクが魅力てきですが、ピンとくるモデルが今のところ無い。デメキンのデザインを何とかしてほしい、と思いながら帰ってきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2018年1月 9日 (火曜日)

グリップヒーター取り付け

純正パーツを取り付け。

Pc306514

Pc306516割と詳しいマニュアルもついていて、取り付け自体は難易度低し。

Pc306522

この、ウィンカーのベース部分に配線カプラーを収納するが、スペース的にはかなりきつい。グリップヒーターの配線全部はとても収まり切らず、旧モデルのようにヘッドライトの中にも入らないので、その点考えないといけない。ヘッドライトユニットは分解不可らしい。

で、起動してみるが、メーターのメニューには出てこない。グリップのマニュアルには、「使用可能にするには、Settingメニューをたどって行け」と不親切な記述のみ(笑

 で、かなり試してみたけど、それらしいメニューが見つからない。どこかで断線している?とかそもそも不良品?などいらぬ心配もあって、結局ソフトウェアアップデートと同時作業で確認してもらうことに。もともとは装着してもらう予定だったけど、年末年始の休みの関係でタイミング合わず、だったので。

 結果、かなり深いところにあったらしく、無事に使用可能になりました。どこからどう入ったのか、もう再現不可らしい(笑

 インプレッションとしては、旧モデルより強力で、グリップ径がノーマルとほとんど変わらず違和感少ない。進歩してます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2018年1月 7日 (日曜日)

山梨で鳥見

今日は夫婦で辰ニイさんのお宅へ。愛犬も一緒。

辰ニイさんのところには二匹のトイ・プードルちゃんがいるんだけど、どちらもとてもお利口さんで、しかもフレンドリー。うちのワンコは犬見知り(笑 目を合わせようともしない。
帰るころには少しは慣れてきたみたいだけど、まだまだ臆病。

P1070051

お宅の目の前に色んな鳥が来ます。
アカゲラは初見、初撮りです。
うちの近所ではなかなか見られないので、感激です。

P1070063

鳥見には絶好の立地ですね。

P1070089

これも初見、初撮りのゴジュウカラ。とても素早い動きです。
 おかげ様でとても楽しい時間をすごすことができました。辰ニイさんご夫妻、ありがとうございました~。
ワンコはもう少し修行させます(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2018年1月 5日 (金曜日)

クロスカブタイヤ交換

クロスカブは3年少しで走行7800キロ弱。少し前からちょっとブレーキをかけた程度で後輪がスリップしていたので、休みを利用して交換することに。ネットで色々と情報収集してから作業開始。

P1036530

後輪取り外し自体はごく簡単。
ネットでは、スプロケは残して(チェーンケースもそのまま)ホイールだけ外すことができるとあったけど、今回はオーバーホールも兼ねているので全部外す。

P1036531

スプロケ。結構汚れていた。裏側にはゴムのダンパーを押さえるカバーがある。ホイール側にダンパーを入れるスペースが。

P1036532

ブレーキ側。かなり汚れていて、オーバーホールしたけど、おかげでドラムブレーキの構造がよくわかりました。

P1036539

実質15分くらいの作業でタイヤの取り外し完了。

ネットでは、取り外しでビードクリームを使うというケースは無かったけど、実際は使ったほうが楽にできたはず。或いはCRC。

P1046555

で、組み込み完了。タイヤはダンロップユニバーサル。

外す時よりはずっと楽。ただ、チューブを入れるのには手間取った。リムの穴にうまく入れるのが大変だった。

ビードをリムの中に落とすほうが、引き出すよりは数段楽。ただ、ビードの硬さもかなり違うようには感じたが。

で、何故か写真が残っていないけど、無事に車体への取り付けも終了。

パーツリストがあれば、迷うことなく作業できたはず。

P1066557

取り外したタイヤはスリップサインが出てました。

真ん中だけ減ってる(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

走り初めは修行

1月4日、益子の招き猫展を走り初め兼ねて見に行きました。

本来ならヒートグリップ付きだったけど、取り付けたものの何故か機能せず。
おまけに、電熱ベストも何故か作動せず。この時点で引き返せばよかったんだけど、外気温は8.5℃、10時頃だったので温度上昇を見込んでそのままGO!
 ところが、やっぱり寒い。交通量が少なく、ついついスピードは3ケタ。そりゃ寒いわ。

P1046540

たまらず11時ごろ、ラーメン休憩。結構美味しかった台湾ラーメン(笑
 で、益子のもえぎで招き猫展を鑑賞。

P1046542

きびねの さんの作品。
相変わらず素晴らしい。

P1046549

この人もなかなか。細かい作り込みとかわいい表情。

P1046553

ちょっと田崎さんっぽい。
買わないけど(笑
昼過ぎに帰路についたけど、風が強くなって芯まで冷える。
手はかじかんで、ここ何年も味わっていないくらいつらい走行に。この年でこんな修行をするなんて(笑う
 2時過ぎに帰宅し、バイクを預けて予定終了。疲れました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2018年1月 1日 (月曜日)

カモ類の渡りが本格化

近場の公園に、多くのカモ類が渡ってきたようだ。

Pc306303

多分オナガガモのメス。
Pc306385

 

ヒドリガモのペア
Pc306490

 

キンクロハジロのペア。
Pc246041

 

これは一週間前のキンクロハジロ。
Pc246128

 

何故かシロカモメ。
初めて見ました。
同じ日に渡良瀬でミコアイサを見ましたが、遠くてダメ。
オスハイも遠すぎてなんだかわからない。
やっぱり換算1000ミリ以上ないとだめみたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

衝撃的な一冊

ここ5年ばかり、あまり本を読まなくなった。職場が変わり通勤時間が短くなったので、電車での読書時間が減ったのだ。時事問題関連の本、文春(笑 Will などで、右か左かはともかく世の中の大きな流れはつかんでいたつもりだったけど、最近はTVのニュース程度。新聞報道も何だかつまらんし、世の中の動きに疎くなっていた模様。

Images

で、 この本を読んで、大きな衝撃を受けた。ここに書かれている内容は統計値に基づく推計や推論もあるが、「日本人が絶滅危惧種になる」という衝撃的なもの。

ただ、それが数100年も先の話となると目先の危機感に結びつかないのも事実。まあ、俺の5代くらいあとから考えればいいんじゃないの?などと思うわけだけど、実は少子化はどんどんと進んでいて、年金財政もこのままでは破綻、そもそも労働力不足は既に始まっているという認識はある。これから対策を講じていかないと、本当にこの本のとおりになりそうな、そんな説得力がある。「2025年問題」というのは既に人口に膾炙しているが、内容は、団塊世代が全員75歳以上になって、社会保障費用や病院、介護関連のインフラが不足するという問題。実はその先に「2042年問題」があるらしい。高齢者数がピークを迎え、火葬場が不足し、年金財政はパンク云々という、実に恐ろしい展開だ。そこにいくまでに、自治体の半数は消滅の危機、住居の3分の1は空き家になるという。

 じゃあどうすれば、ということについても本書の筆者は提示している。そのとおりだよな、という内容が多いが、いずれにしても民間レベルでできることは知れている。自分はもう還暦だし、今から子供は無理なので(育てる自信が無いでしょ)、若い人にどんどんと子供を産んでもらうことくらいしか思いつかない。そのためには制度的な手当も必要だろうし、何よりさまざまな面で意識改革が必須だ。便利になり過ぎた世の中も否定しないとダメだろうし。正月は店開けてなくていいでしょ?

 政治家が真剣に考えるべき課題がここにある。モリカケみたいなくだらないことに時間を使っている暇は全くないと思うのだが・・。

 ぜひご一読を。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

«Z900RS売れているらしい