2018年10月 7日 (日曜日)

Mavic air墜落から修理まで

Mavic airですが、不注意から墜落させてしまい、修理に出していましたが、先日帰ってきました。

墜落の原因は自分の勘違いと思い込み。
かなりいい感じに指が動くようになってきたので、気分転換にこの機体の機能のひとつ、クイックショットを試してみようと思いました。これはまあ、プログラムによって撮影とフライトを行うもので、いくつか種類がありますが、今までやったことのない「サークル」をやってみようと。
 で、始まると、意外と半径大きく飛ぶんだなあと。コースの先には立木が数本あり、このままいくと多分ひっかかるなあ、と思いましたが、「横方向もセンサーがあって直前でストップするはず」と眺めていたら、2メートル、1メートルとどんどん近づいていき・・・。
どこで止まるんだろう、(実際センサーによって止まったところを見ていない)と思った瞬間、マズイ、と逆かじを入れましたがすでに遅し。枝に突っ込み、プロペラストップ。後部LEDが青から黄色に。15メートルくらい自分から離れていたので、どうやって取ろうか、と考えながら近づいていく途中、いきなり落下。間に合うはずもなく地面直撃。ちょっとずれれば土だったのに、運悪くアスファルトへ・・。あまりのショックで写真撮っていませんが、ジンバル部分が割れ、カメラがヘロヘロ。当然エラーがでて飛ぶこともできず・・。
 で、泣く泣くサービスに発送し、帰ってきた見積りが↓。
 
お客様氏名 ケースナンバー
見積日 09-27-18
備考 有償修理 機体カバー損傷、ジンバルアーム破損の為、機体の交換修理となります。


Item Quantity Unit Price(JPY) Total Price(JPY)
Upper Decorative Cover (White) V5 1 260.00 260.00
Gimbal Axis Arm Module 1 4810.00 4810.00
Repair Service Fee 1 12960.00/H 12960.00
送料 1500.00
割引 -0
総額(税込み) 19530.00
消費税(8%) 1446.67
修理費用に関しましては「代金引換(現金のみ)」での対応となっております。
振込み先銀行:  代金引換え(佐川急便)
        注意事項:  代引き手数料に関しましては、別途でお支払いいただく必要があります。
よろしくお願い致します。
DJI JAPAN
アフターサービスセンター

★DJI JAPANからの「お知らせメール」です。
★本メールは送信専用アドレスから送信されておりますので、
    返信なさらないようにご注意下さい。
★お問い合わせにつきましては、下記メールアドレスにご連絡下さい。
    ご連絡先メールアドレス:support.jp@dji.com
受付時間:平日 9:30~18:00

ということで、それくらいならと修理依頼。これが25日。修理完了して届いたのが10月3日。

P_20181003_200928_vhdr_auto

機体のカバーにも傷がついていましたが、見当たりません。

P_20181003_200944_vhdr_auto
























で、同封されていた文書にもあるとおり、機体のシリアルナンバーが変更・・。
つまり、別の機体になっている。
2万円くらいで新品に交換はありえないでしょうから、どうやらリンク機を運用しているのか?つまり誰かが飛ばしていた中古機の修理品ということです。私の機体も修理され、別の誰かのところに行くのでしょう。カメラのアームくらいなら部品交換でも十分対応できるだろうと思っていましたが・・・。このあたり、本当のところはわかりません。

 ってことで、本日飛ばしてきましたが特に支障なし。普通にいけます。もちろん、アプリ上では新しい機体として認識されましたので、キャリブレーションやファームのアップデートなどが必要でした。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2018年9月12日 (水曜日)

古河のドローン練習場

古河の渡良瀬川河川敷きに無料のドローン練習場があるらしい。

今日は朝から3本飛ばしたので、その帰りに寄ってみた。

P_20180909_093428_vhdr_auto

事前の申請が必要。

P_20180909_093439_vhdr_auto

練習場の端から南側を見る。
遠くに写っている橋はR354。南側には野球場2面とサッカー場3面?程度。広大だ。
ドローン練習場は150メートルくらいあるが、奥行きは30メートルくらいかな。
見物していると、空撮ドローンの動きとは違い、低空でバンバン動かしている人がいたので、少し話してみた。東京から来ているらしい。
その人のドローンもMavic airで、まだ初めて間もないらしい。飛ばすのは5回目とか。ヘリよりはかなり簡単だとは思うが、結構速い動きで飛ばしていた。よくよく聞いてみると、小さいヘリは飛ばしていたらしい。そうでしょうねえ。自分は今静演技っぽくゆっくりと動かすのを練習しているが、これだけ広い場所で自由に飛ばせるなら、Sモードで思いっきりやってみたい。仮に姿勢がわからなくなっても、ヘリと違ってすぐにホバリングに移れるのはすごく安心感が高い。
近いうちに一度飛ばしに来よう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2018年8月23日 (木曜日)

ついにニコンのミラーレスが

少し前からティザーサイトを出していた、ニコンのフルサイズミラーレスが発表されましたね。

Xz7_o
Zマウントを採用し、機種名はZ-7とZ-6。この2機種の棲み分けは、D810とD5のような感じでしょうか。高画素機の7と、スピードと感度勝負の6。ただ、写真を見る限り外観上の違いはほとんどわかりません。ニコンの例の赤いマークも脇に回っているようで(笑

フルサイズを出したということは、そのうちAPS-Cセンサーを使ったミラーレスも出るかもしれません。既存のレンズを使うためのマウントアダプターも発表されましたね。

発売は11月下旬なので、かなり先ですが、EVFの見え方には非常に興味があります。

Product_07
サイトの写真は、7と6で共通のようで、正面のエンブレムと内部構造以外に違いは無さそうですよ。

このところニコンは使っていないのでよくわかりませんが、背面にジョグダイアルがあるようで。

鳥についてはフォーサーズ+Borgがベストだと思うので、とにかくマニュアルフォーカスの腕をみがかないと・・。

で、通常の風景や諸々はフジの絵が好きで、シグマのくせがすごいのも捨てがたい・・・。

結局ニコンは買わないだろうなあ(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年8月19日 (日曜日)

御射鹿池に行ってきた

 御射鹿池(みしゃかいけ)は、東山魁夷の名画「緑響く」のモチーフとなった場所。なにげに魁夷好きなので、行ってみることに。丁度中部縦貫自動車道が麦草峠の麓まで来ているし、佐久北からは無料区間!

 ということで、今朝5時半出発。
途中ちょっと余計に休みながら、麦草峠を越え、蓼科温泉郷を経由して御射鹿池へ。

P8191235

結構立派な駐車場があり、びっくり。ストリートヴューでは何もない場所のようだったけど、あれは6年前の画像だったし、そもそも駐車場の場所は写ってなかった(笑
9時過ぎの時点で駐車場には20台くらいのクルマ。こんなところにも中華がいてびっくり。

P8191237

水辺から10メートル程度離れているので、魁夷の絵のようなアングルは基本的に無理。
人がいないときにドローンを飛ばすしかない(笑

P8191244

このあたりが一番雰囲気が出ている感じ。
水は酸性が強く、生き物はいないらしいです。
まあ、一度見ておけば十分かと。
ここから少し下った場所のため池はエメラルドグリーンの水でかなり綺麗でしたが、立ち入りできないため写真はパス。
ここからいったんR299へ出て来た方向へ戻り、R141からR299で十国峠を越え、神流町経由で食事して帰ってきました。

P8191246

最初からいろんな症状が出ていますが、メーターがおかしいです。
一番上のトリップはほぼ正しいと思いますが、3番目の燃費、次のトリップタイムがおかしく、2番目の平均速度も変でしょ?
トリップタイムは「走っている時間」だと思われ(旧モデルはそうだった)、だとすると、5時半出発14時帰還なので、どう考えても6時間以上は走っているはず。高速を120キロ程度走っているし、信号は少ないし、どうもおかしい。
さらに平均スピードは、普通距離を時間で割ったものだと思うけど、計算合わない(笑
トリップがゼロにリセットされることもあるし、キーとの通信もあまり良くない。細かい話だけど、まともに機能しないならいらないよ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2018年8月17日 (金曜日)

MavicAir飛ばしてみた印象

 バッテリー7本分飛ばしてみました。

一言で言うと、「非常に安定していて、初めてでもそれなりに飛ばせるだろう」です。
風速3メートルくらいではびくともせず、安定してホバリングします。その分、機敏には動きませんが、空撮用途なら特に不都合はないでしょう。
 自分はラジコンヘリでは、上空に行って八の字、宙返りまではできましたが、その時点でもピルエットは不得手でした。特にF3Cでやるような、斜め上に上がりながら180℃回転するとか、そこからまた逆に回転しながら下がるとか、ほぼ失敗。
 MarvicAirではほぼプレッシャーを感じることなく自由に動かせます。あまり離れると機体姿勢が良く確認できなくなる(どこを向いているかわからなくなる)ため、範囲は限られますが。
FPVに慣れればもっと自由に飛ばせるようになると思います。

Dji_0016

分かる人には分かる(笑
渡良瀬遊水地の北ゲート付近です。木陰があり、夏の早朝でも熱中症のリスクは低く、快適に飛行可能。

Dji_0018

左端に北ゲートがあります。
ここは飛行禁止区域に入っていないので、許可なく飛ばせます。ヘリと違って動きが遅く、またプロペラも小さいので飛ばす側としても安心感がありますね。
ほんと、ヘリのことを考えれば非常に簡単なラジコンです。
すごい世の中になったと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2018年8月14日 (火曜日)

とうとう「ちゃんとした」ドローンに手を出す

ラジコンは何年か前に電動ヘリをかじっていたが、上空に行くくらいでストップ。バイクに復帰して時間が無くなり、またヘリの操縦はかなり難易度が高く、金が続かない(笑

それ以降、ミニヘリを飛ばしたりしていたけど、最近ドローンが気になり始めた。で、1年くらい前にいわゆる「トイドローン」ジャンルを一個買ってみた。結果、やはりおもちゃで、一応スマホを見ながらの飛行もできるけど、パワー不足で家の屋根くらいまでしかあげられないし、2セルのリポがすぐに膨張してしまい、何となく放置。

しかし最近、やはり空からという、今まで未経験のアングルを手に入れてみたいと思い、機種検討。というか、DJI一択なんだけど、買おうかなと思っていたSparkは安くなっているものの、新しくでたMavic airがなかなか良さそう。なかなかに高い買い物だけど、空飛ぶカメラを買ったつもりでポチっと。

P8091224

で、開封。バッテリー3個とキャリングバックのついたフライモアコンボにしました。結局はお買い得。

P8091225

プロペラガードやケース、キャリングバックなど、中身は結構多いです。

P8091229

プロペラのついた足を折りたたむとかなりコンパクトです。

非常に安定した飛びらしいので、ヘリ挫折者でもなんとかなるでしょう(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2018年8月13日 (月曜日)

動物園っていいですね

このところ全然使っていないE-M1MK2とBorg36EDを持って、群馬サファリパークへ。

世界遺産富岡製糸場のついてというか何というか・・。どちらも平日なので空いていました。

群馬サファリパークは、施設のバスと自家用車二つの方法で回ることができるけど、当然自家用車で。シマウマとかバッファローとかをガラス越しに見た後に、檻とか柵の中で展示しているウォーキングゾーンがあったので、そこでゆっくりと写真を撮りました。車の場合、絶対に窓を開けないようにと厳命されているので(笑 あまりいい写真は撮れないわけで。

P8071073

ウォーキングゾーンの入り口にいたフラミンゴ。

P8071101

チータは透明のアクリル板?の向こうにいました。

P8071121

カピバラ。至近距離で撮ったので素晴らしい解像感です。

これは通常のカメラレンズでは難しいかも。

P8071139

ピューマ。檻が写り込んでますが、目が怖いです(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2018年8月 4日 (土曜日)

乗ってきましたスクランブラーカフェ

クソ暑い中、ホンの10キロ足らずでしたが、スクランブラーのカフェレーサーに乗ってきました。

鳩ケ谷のドカショップに10時着。すぐに試乗です。

P_20180804_102322_vhdr_auto_hp

ポジションは、それほどきつい前傾ではなくて、ハンドルも近いがステップがかなり高くひざの曲がりはきつい。その割にブレーキペダルの位置が高くてちょっと気になる。
足つきは良く、両足かかとまでベッタリ接地するが、右足はヒートガードが気になる。まあ慣れの問題か・・。ホイールベースは決して短いほうではないのに、後ろ側エキパイの取り回しを考えたほうが良いのでは、などと思ってしまう。
P_20180804_102207_vhdr_auto_hp

 

それはともかく、乗ってみる。
クラッチは湿式、思ったほど軽くはない。
走り出すと、以前試乗した、同じエンジンを積んだハイパーモタードに比べてピックアップがいまいちな印象。
それでもまあ、市街地を走るには十分で、その気になればすぐに三ケタのスピードに達する。もちろん、はじけるパワーとは行かないし、中間加速はかったるい。
ブレーキはかなり握り込まないと利かない。なぜシングルディスクにしたんだろう?
手のすぐ下に前輪がある感じで、ステアリングは軽く、バンクするにつれて若干切れ込む感じがする。このあたりは、ちゃんとコーナリングしないと何とも言えないけど、ちょっと癖があるのではないかなあ、という印象。操作方法等よくわからない部分もあるけど、シフトポジションもなくてまあとにかくシンプル。
結論としては、「高すぎるので買わない」でした(笑
この内容で137万はちょっとなあ。790Dukeと比べると、かたや電子制御てんこ盛りでオートシフター上下、車重は少し重いけどその分馬力で十分カバー。なおかつ価格は20万ほど安い。この差は大きい。スタイルと雰囲気はいいんだけど、残念。そのうち中古で買うかもしれないけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2018年8月 3日 (金曜日)

最近気になるバイク

SDRには通算4年間乗っている。昨年かなり機能的なアップデートがあり、特にダウンのオートシフトは大いに評価できるし、リアサスの設定が変わったことも歓迎だけど、そろそろ飽きてきた(笑

で、今までの経験から、2台持っても無駄なのはわかっているので、そろそろ買い替えを考えようかなあと最近思い始めた。

 一時期は崖から飛び降りたつもりでBimotaのTesi3Dを買っちゃおうかと資金繰りを色々と考えていたんだけど、やっぱりやめた。あれは飾って見て楽しむバイクだわ。のっちゃダメ(笑  ハブステアリングのバイクに乗ったことは無いけど、多分K1200Sのデュオレバーとそんなに変わらないだろう。剛性感とか接地感はすごかったなあ、と今でも思うけど。

 検討の基本線は「軽量化と小馬力化」。要は小さい排気量で軽いバイク。SDRの怒涛のトルクとはじけるパワーには満足しているけど、ワインディングで10000回転まで回すこともほとんどなく(ローでも100キロ超えだし)、高速道路をぶっ飛ばすのはあまり好きじゃない。200キロも出せば十分で、それで巡航は邪魔な車が多くて難しい。以前keep氏と走った時にも感じたけど、やっぱり100PSあれば十分。要は年を取ってきたということか(笑

 前置き長いけど、最近気になっているバイクがこれ。

Delight_caferacer_02
ドカのスクランブラーをベースにしたカフェレーサー。鈴鹿のde"Lightという店のカスタムらしい。スクランブラーも色んなのがあるので、何をベースにしているのか不明だけど、カウルとアルミタンク、シート(セパハン)程度の交換でこんな感じになるようだ。ホイールも違うけど。

カウルははっきりいって気に入らないけど、アルミタンクとシートの造形はいいなあ、と思う。SRをいじっていたときも最終的にはこんな感じにまとめたかったんだけど、650にしても大してパワーないし、あまり金かけても見合わないなあ、と売却。でもこれなら70PSあるし、しゃかりきにならなければそこそこ楽しめるかも、みたいな。1100は高い割には10PSしか増えないし、トルクはあるんだろうけど200キロ超えるし、それじゃあダメだよねと。

そういえば、と記憶を掘り起こして少し調べてみた。

Bimotaeicma201600003BimotaがTesi3DのRacecafeと言う、今にも市販しそうなバイクを3年くらい前のミラノショーに出展していた。エンジンは、当時モンスター797?に使われていた空冷の803CC。これをパクッたわけか(笑

 と言うことで、明日試乗してみることに。クソ暑いのでどうなることやら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2018年7月30日 (月曜日)

コーヒー豆の焙煎をやってみる

コーヒーという飲み物は、飲むまでの過程も楽しむことができる。そのバリエーションは日本茶や紅茶よりもずっと多いだろう。

一般的には粉状に挽かれた豆を購入しての抽出工程(ドリップ、フレンチプレス、エスプレッソなど)を楽しむ人が多いだろうが、その前の段階、焙煎された豆を買ってきて挽き方を色々試してみる人もかなりいるだろう。ここまできたら「コーヒー通」と言えるかと思う。

自分も学生時代からミルを使ってペーパードリップで淹れている。最近はデロンギのサーバーを使うことも多いが、これは挽きと抽出をやってくれる。抽出はプレス方式だ。

淹れ方によって味が変わるのがコーヒーの醍醐味の一つだと思うが、少し前から焙煎もやってみたいと思うようになった。個人で行う場合は、コンロやアルコールランプなどを使って、容器にいれた生豆を加熱する方法が一般的。容器は色々で、急須のような陶器をつかったり、ドラムにいれてくるくる回したり。 なかにはチタン製のドラムも市販されていて、これは使い込んでいくと青紫の焼き色がつき、まるでマフラーのようになるところがえらくそそる(笑

20180722_131330886

で、ドラム式を自作している記事がドゥーパ!に載っており、まるまるパクらせていただいた。

これはまだ未完成だが、機能的には十分。
コンロに点火してぐるぐるまわす。
パチパチとハゼが始まると、次のハゼまで少し火を絞る。

20180722_133336576

で、出来上がったのがこれ。
フルシティローストって感じ。
表面に少し油が浮いており、ローストしすぎの一歩手前。
この豆を挽いて飲んでみましたが、やや苦みが強いものの、普通のコーヒーでした(笑
この時はチャフ(豆の薄皮)は全くでなかった。
こんなものかと思っていたけど、二回目に違う豆を焙煎したときはこれでもかというほどのチャフで嫌になりました。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

«暑くてくじける