2018年12月27日 (木曜日)

個人の感想です

このところ、バイクには月1程度しか乗れていない。一時は次期マシンを真剣に検討していたけど、下取りがあまりにも安いので断念。どうしても乗りたい、というバイクは無いし、大体が乗る暇もあまり無いのは二台所有していた時に証明済み(笑

 まあ、乗ってみたいバイクとしては、Bimota Tesi3dとAvintonがあるが、買ってもいいけど処分するときが不安。どうせ3年くらいしか乗れないだろうし。

てことで、このところバイク界隈は全く話題無し。

ドローンに関しては色々と変化があり、とても書ききれない。ただ飛ばしているだけならバカみたいに簡単なのだが、撮影で求められる技能は、むしろヘリのF3Cに近いことが分かった。ヘリのほうが数段難しいけど。

話は変わって、このところカメラ界隈ではフルサイズミラーレスの話題で持ちきり。経緯は省くけど、鳥にはM43が最適と思っているのは変わらず、ただフルサイズも4500万画素くらいになるとM43相当でも1100万画素を超え、トリミングも実用的なレベルになってくる。つまり、M43にはない高感度性能や諧調表現の豊かさが手に入る。ちょっと真剣に考えてみようかという気になっている次第。

 で、都内に出張する用事があったので、有楽町のビックカメラで一通り触ってみた。

ニコンZ7、キャノン EOS R、ソニーα7ⅢRの3機種。

・手に取って構えた感触はニコンが一番良い。軽く感じるし、製品のかたまり感というか、凝縮感がスゴイ。他は同じようなもので、まあ普通。

・ファインダーは、巷間ニコンが素晴らしいとのことだが、自分にとってはあまり差が感じられなかった。ニコンは視度調整の幅が自分にとってギリギリ。もう少し視力が落ちたら要メガネかも。キャノンには少し余裕があり、ソニーはニコンと同じ。見え味というか、クリアさというか透明感はニコンが一番、ソニーがラスト。

・シャッター音はニコンが素晴らしい。ミラーレスという感じ。他はやや音が大きく振動も大きい。

画質とか写り云々は比べられないが、手にとって使うモノとしての完成度はニコンだと感じた。

ただ、ソニーも多分来年あたり後継機を出してくるだろうから、しっかりとニコン対策をするだろうし、パナとシグマのフルサイズも非常に気になる。ライカアライアンスは強力だろうなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2018年11月18日 (日曜日)

ドローン検定を受けてきた

正確には「無人航空従事者試験」と言い、知識を確認するもので、1級から4級まであります。

実際の操縦技能に関しては、一定の講座というか、学校に行かないとダメ。ちょっと調べてみると、いくつかの条件があり、その入り口としてこの試験が必要という結論。

P_20181118_154708_vhdr_auto1

4級が一番下だけど、これ受けるなら3級受けないと受験料がもったいない(笑
 3級持ってないと2級受けられない・・まあ受けないとは思うけど。
で、大宮駅近くの会場には40人以上の受験者が集まり、そのうち2級が多分6人、3級が33人、4級が3人・・くらい。
肝腎の試験の方は、テキストの問題が95%だと思う。それは多分全問正解だけど、あとでテキストを読むと、何となく初見問題は間違えた感じ。
まあ、ヘリやってたときに何となく頭にはいっていることが半分。あとは法律や力学で、それほど難しい内容は無く、かなりハードルは低いと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2018年11月17日 (土曜日)

NIKENに試乗

ヤマハのLMWテクノロジー第二弾「NIKEN」。

この名前 NIは「二」 KENは「剣」、つまり二本の剣。それらしく読むとナイケン。
でもまあ、悪くない名前だと思う。
以前トリシティに試乗したが、ほんの短距離だったし、今回はLMWがどんなものか体験しようということで、行ってきました。
店は指扇の「サイクルシティイトー」。ネットで見つけました。実際行ってみて思い出したけど、6年くらい前にスクーターを見に行った店でした。内装も当時と変わらず。
540円を支払い、一周約4キロのコースを三周してきました。

P_20181117_132148_vhdr_auto

まず、引き起こしが重く、足つきがかなり悪いです。シート高は82センチで、SDRより2センチ低いけど、実際の足つきはSDRよりかなり悪いです。
原因はシート座面の幅とステップ位置。一番タンクよりがもっともシート幅が狭いので、いきおいそこにすわるけど、そこからまっすぐ足を下すとステップに当たるため、少し前に出すことになる。後ろのほうが足つきは少しいいけど、かなり意識しないとそれは難しい。両足ツンツンです。
 さて、走り出してみると、意外に低速から力があり、アクセルへのツキも良し。3000から5000くらいは、タンクのあたりから「コーオオ」という吸気音が聞こえ、なかなか楽しい。
7000くらいまでしか回していませんが、まあパワー的には不足なし。
 それにしてもフロント周りのボリュームはすごくて、多分GSAよりデカい。この風景に慣れないと、落ち着かない(笑
 で、ハンドリングは至って普通。全く違和感が無いけど、フロントのグリップ感は確かに強い。特に寝かしたときに安心感がある。フロントが引っ張られているような、やけに安定した感じがしますな。
 峠をガンガン攻めるというよりは、ツーリングでいろんなシチュエーションでも疲れが少なく済む安楽マシン。そんな感じ。

P_20181117_132232_vhdr_auto_hp

タンクから後ろは普通のバイクなんだけどね。
ところで、排気音はほとんど聞こえず。
アクセルオフで、たまにボロボロとくる程度。

P_20181117_132202_vhdr_auto_hp

これだけ幅があると、必然的にヘッドライトは横二灯になるでしょうね。
もう少し、横幅つめられないんだろうか・・・。
LMW、確かに可能性と将来性を感じさせるテクノロジーです。
 バイクは基本的に前輪からコケるので、LMWの前輪の安心感は大きなアドバンテージになるでしょうね。
タイヤが摩耗してくると、普通のバイクに比べて切れ込みがきつくなりそうな気もしますが(笑
 ということで、もう少し味わってみたい気もするけど、多分買わないなあ。
追記
ブレーキは初期の食いつきが甘く、あまり良いフィーリングとは言えませんでした。
ブレンボと比べちゃダメか(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

久しぶりに乗る

このところ、ドローンとかレザークラフトとか帰省とか色々あってなかなか乗れなかった。

今日、SDRで8時出発。目的地は特に決めていなかったけど、熊谷まで来たあたりで結局秩父、神流湖方面を目指すことに。
 神流湖から秩父へ向け土坂峠を越える。

Pb170337

紅葉はまだ少し早いようです。

Pb170341

今日はきれいに晴れて、空がきれいでしたね。
このあと、大宮まで走って、最近気になるバイクに試乗しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2018年10月30日 (火曜日)

そろそろ冬鳥が

菖蒲公園にそろそろ冬鳥が渡ってきているようで、様子を見てきました。

Pa300023

ホシハジロ。まだ2,3羽程度でしたが、渡りは始まっているようです。

Pa300100

ミミカイツブリ。

Pa300196

ツガイ誕生か?
片方が潜ると、びっくりしたように姿を探していました。
で、浮かび上がってきたら急いで近づいて・・。
なかなか可愛かったです。
さて、まだキンクロハジロの姿は無く、ホシハジロも少数でしたが、あと一か月もすればかなりにぎやかになりそうな感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年10月21日 (日曜日)

BMW i3に乗った

Clubmanの12か月点検のおり、代車としてⅰ3に乗ることができました。

P_20181020_104212_vhdr_auto_hp

受け取った時、メーター上の残距離は200キロ強。バッテリーは85%くらいでした(はっきり覚えていない)。
 予想通り、非常に静かで振動もなく、モーターによる走りそのものでした。
ややタイヤの硬さというか、ゴツゴツ感が伝わってきますが、不快というほどではなく、トルクも十分。回生ブレーキが結構利いており、ワンペダルドライブも可能。クリーピングは無く、アクセルを離すとグッとブレーキがかかり、そのまま止まってしまいます。ちょっと慣れが必要な運転感覚。
 

P_20181020_121429_vhdr_auto_hp

サイドシルはカーボン。

P_20181020_121449_vhdr_auto_hp

やたらとスペースが広いダッシュボード周り。乗員保護対策なのか・・。
80キロほど走ったと思いますが、回生ブレーキでの充電もあり、返却時の残距離は180キロくらい。バッテリーは80%ほど。まあ、街乗りだけならば電気自動車もありですね。とにかく静かです。走り自体はそれほど速いわけではありません。発進加速には期待していましたが、まあ馬力なりですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年10月 7日 (日曜日)

Mavic air墜落から修理まで

Mavic airですが、不注意から墜落させてしまい、修理に出していましたが、先日帰ってきました。

墜落の原因は自分の勘違いと思い込み。
かなりいい感じに指が動くようになってきたので、気分転換にこの機体の機能のひとつ、クイックショットを試してみようと思いました。これはまあ、プログラムによって撮影とフライトを行うもので、いくつか種類がありますが、今までやったことのない「サークル」をやってみようと。
 で、始まると、意外と半径大きく飛ぶんだなあと。コースの先には立木が数本あり、このままいくと多分ひっかかるなあ、と思いましたが、「横方向もセンサーがあって直前でストップするはず」と眺めていたら、2メートル、1メートルとどんどん近づいていき・・・。
どこで止まるんだろう、(実際センサーによって止まったところを見ていない)と思った瞬間、マズイ、と逆かじを入れましたがすでに遅し。枝に突っ込み、プロペラストップ。後部LEDが青から黄色に。15メートルくらい自分から離れていたので、どうやって取ろうか、と考えながら近づいていく途中、いきなり落下。間に合うはずもなく地面直撃。ちょっとずれれば土だったのに、運悪くアスファルトへ・・。あまりのショックで写真撮っていませんが、ジンバル部分が割れ、カメラがヘロヘロ。当然エラーがでて飛ぶこともできず・・。
 で、泣く泣くサービスに発送し、帰ってきた見積りが↓。
 
お客様氏名 ケースナンバー
見積日 09-27-18
備考 有償修理 機体カバー損傷、ジンバルアーム破損の為、機体の交換修理となります。


Item Quantity Unit Price(JPY) Total Price(JPY)
Upper Decorative Cover (White) V5 1 260.00 260.00
Gimbal Axis Arm Module 1 4810.00 4810.00
Repair Service Fee 1 12960.00/H 12960.00
送料 1500.00
割引 -0
総額(税込み) 19530.00
消費税(8%) 1446.67
修理費用に関しましては「代金引換(現金のみ)」での対応となっております。
振込み先銀行:  代金引換え(佐川急便)
        注意事項:  代引き手数料に関しましては、別途でお支払いいただく必要があります。
よろしくお願い致します。
DJI JAPAN
アフターサービスセンター

★DJI JAPANからの「お知らせメール」です。
★本メールは送信専用アドレスから送信されておりますので、
    返信なさらないようにご注意下さい。
★お問い合わせにつきましては、下記メールアドレスにご連絡下さい。
    ご連絡先メールアドレス:support.jp@dji.com
受付時間:平日 9:30~18:00

ということで、それくらいならと修理依頼。これが25日。修理完了して届いたのが10月3日。

P_20181003_200928_vhdr_auto

機体のカバーにも傷がついていましたが、見当たりません。

P_20181003_200944_vhdr_auto
























で、同封されていた文書にもあるとおり、機体のシリアルナンバーが変更・・。
つまり、別の機体になっている。
2万円くらいで新品に交換はありえないでしょうから、どうやらリンク機を運用しているのか?つまり誰かが飛ばしていた中古機の修理品ということです。私の機体も修理され、別の誰かのところに行くのでしょう。カメラのアームくらいなら部品交換でも十分対応できるだろうと思っていましたが・・・。このあたり、本当のところはわかりません。

 ってことで、本日飛ばしてきましたが特に支障なし。普通にいけます。もちろん、アプリ上では新しい機体として認識されましたので、キャリブレーションやファームのアップデートなどが必要でした。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2018年9月12日 (水曜日)

古河のドローン練習場

古河の渡良瀬川河川敷きに無料のドローン練習場があるらしい。

今日は朝から3本飛ばしたので、その帰りに寄ってみた。

P_20180909_093428_vhdr_auto

事前の申請が必要。

P_20180909_093439_vhdr_auto

練習場の端から南側を見る。
遠くに写っている橋はR354。南側には野球場2面とサッカー場3面?程度。広大だ。
ドローン練習場は150メートルくらいあるが、奥行きは30メートルくらいかな。
見物していると、空撮ドローンの動きとは違い、低空でバンバン動かしている人がいたので、少し話してみた。東京から来ているらしい。
その人のドローンもMavic airで、まだ初めて間もないらしい。飛ばすのは5回目とか。ヘリよりはかなり簡単だとは思うが、結構速い動きで飛ばしていた。よくよく聞いてみると、小さいヘリは飛ばしていたらしい。そうでしょうねえ。自分は今静演技っぽくゆっくりと動かすのを練習しているが、これだけ広い場所で自由に飛ばせるなら、Sモードで思いっきりやってみたい。仮に姿勢がわからなくなっても、ヘリと違ってすぐにホバリングに移れるのはすごく安心感が高い。
近いうちに一度飛ばしに来よう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2018年8月23日 (木曜日)

ついにニコンのミラーレスが

少し前からティザーサイトを出していた、ニコンのフルサイズミラーレスが発表されましたね。

Xz7_o
Zマウントを採用し、機種名はZ-7とZ-6。この2機種の棲み分けは、D810とD5のような感じでしょうか。高画素機の7と、スピードと感度勝負の6。ただ、写真を見る限り外観上の違いはほとんどわかりません。ニコンの例の赤いマークも脇に回っているようで(笑

フルサイズを出したということは、そのうちAPS-Cセンサーを使ったミラーレスも出るかもしれません。既存のレンズを使うためのマウントアダプターも発表されましたね。

発売は11月下旬なので、かなり先ですが、EVFの見え方には非常に興味があります。

Product_07
サイトの写真は、7と6で共通のようで、正面のエンブレムと内部構造以外に違いは無さそうですよ。

このところニコンは使っていないのでよくわかりませんが、背面にジョグダイアルがあるようで。

鳥についてはフォーサーズ+Borgがベストだと思うので、とにかくマニュアルフォーカスの腕をみがかないと・・。

で、通常の風景や諸々はフジの絵が好きで、シグマのくせがすごいのも捨てがたい・・・。

結局ニコンは買わないだろうなあ(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年8月19日 (日曜日)

御射鹿池に行ってきた

 御射鹿池(みしゃかいけ)は、東山魁夷の名画「緑響く」のモチーフとなった場所。なにげに魁夷好きなので、行ってみることに。丁度中部縦貫自動車道が麦草峠の麓まで来ているし、佐久北からは無料区間!

 ということで、今朝5時半出発。
途中ちょっと余計に休みながら、麦草峠を越え、蓼科温泉郷を経由して御射鹿池へ。

P8191235

結構立派な駐車場があり、びっくり。ストリートヴューでは何もない場所のようだったけど、あれは6年前の画像だったし、そもそも駐車場の場所は写ってなかった(笑
9時過ぎの時点で駐車場には20台くらいのクルマ。こんなところにも中華がいてびっくり。

P8191237

水辺から10メートル程度離れているので、魁夷の絵のようなアングルは基本的に無理。
人がいないときにドローンを飛ばすしかない(笑

P8191244

このあたりが一番雰囲気が出ている感じ。
水は酸性が強く、生き物はいないらしいです。
まあ、一度見ておけば十分かと。
ここから少し下った場所のため池はエメラルドグリーンの水でかなり綺麗でしたが、立ち入りできないため写真はパス。
ここからいったんR299へ出て来た方向へ戻り、R141からR299で十国峠を越え、神流町経由で食事して帰ってきました。

P8191246

最初からいろんな症状が出ていますが、メーターがおかしいです。
一番上のトリップはほぼ正しいと思いますが、3番目の燃費、次のトリップタイムがおかしく、2番目の平均速度も変でしょ?
トリップタイムは「走っている時間」だと思われ(旧モデルはそうだった)、だとすると、5時半出発14時帰還なので、どう考えても6時間以上は走っているはず。高速を120キロ程度走っているし、信号は少ないし、どうもおかしい。
さらに平均スピードは、普通距離を時間で割ったものだと思うけど、計算合わない(笑
トリップがゼロにリセットされることもあるし、キーとの通信もあまり良くない。細かい話だけど、まともに機能しないならいらないよ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

«MavicAir飛ばしてみた印象