2017年8月18日 (金曜日)

以前埼玉県のラーメン店の人気ランキングと言えば、一位が不動の「狼煙」で次は「次念序」、「ぜんや」「本田 Niji」あたりが常連だったけど、先日久しぶりに見たところ、一位は狼煙だが続いて「四つ葉」「よしかわ」と、かなり変化している。

 四つ葉については、何故か先日行ってきた(かなりいける味)ので、よしかわというあんまり聞いたことのない店に行ってみることに。

20170817_104620942

平日とは言っても夏の連休中。並びは二番目だったけど、開店時間にはすでに20人くらいが待機。かなりの人気店のようで、期待が膨らみます。
あらかじめ券売機でチケットを買ってからあらためて待つというシステム。
 
 開店と同時に着席、3分ほどで着丼。

20170817_110244426

濃厚煮干しそば(うろ覚え)。
かなり濃厚なスープだけど、とんこつ系に慣れた舌には優しい味(笑
細めんストレート。まとまりよく、納得の味だけど、それほど人気出るか?というのが正直なところ。

20170817_110252483

連れはしじみそば。
最近よく見る生ハムみたいなチャーシューはうまかったけど、しじみの強さはあまり感じられないなあ。
ということで、たまには食べてもいいかな、という結論でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年8月 8日 (火曜日)

ボディアース

ドラレコはまだ届きませんが、とりあえずヒューズ電源を取ることに。

Img_20170806_065027367

すごく写りが悪いですが、助手席側です。
サイドステップトリム、発煙筒がついているボード、ダッシュボードサイドトリムを外したところです。
かなり鉄板が見えているので、適当なところにネジを切ってもいいとは思いますが、とりあえずナビ男君のときに使ったアースを探します。

Img_20170806_065853939_burst000_cov

サイドステップの下にアースポイントがありますね。
ここにとも締めでもいいんですが。

Img_20170806_065124646

グローブボックスの左下ネジを外したところにアースが・・。写真真ん中より少し上にコードが見えると思います。これがたぶんナビ男くんでつけたやつ・・。ダッシュボードを外そうと、上4カ所のネジを外し、下側のこのネジ2か所も外しましたが、うまく取れません。
結局、この状態でカーメイト製のソケットのアースを取り付けました。
あとはドラレコ現物が届いてから配線作業ですね。30分くらいで半熱中症(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2017年8月 5日 (土曜日)

2.0へアップデート

「BEAST2.0」17年モデルで、ライトやタンクカウル、テール周りなどのデザインと、排気系や電子制御系の見直しなどでかなりのアップデートを受けたSDR。

 わがSDRも何故か同様のアップデートを施しました(笑

Img_20170723_144739674

夏休みにはこれで帰省する予定です。片道800キロ。高速使えばなんてことは無い距離です。クルコンもついているし、オートシフトもあるので、かなり楽になると期待しています、ハイ。

Img_20170723_144823652

メーター回りはすごくすっきりしましたね。ハンドルマウントになり、角度調整可能。

Img_20170723_144905742

この排気バルブが曲者らしいです。

GTでキャタ撤去した時は、うまくキャンセルできず、結局モーターユニットも含めて移設したらしいです。

SDRではアクラボのフルエキがオプション設定されているので、その場合はどうするのか、気になりますね。

Img_20170723_144805272

ハンドルが広く、低くなった感じですね。

色は「塗った」でごまかせそう(笑

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2017年7月17日 (月曜日)

軽く朝練

日曜日、朝5時半出発で朝練してきました。

熊谷からR140→R254を経由してR462で神流町へ。
さらに上野村方面へ。

Img_20170716_080831927_hdr

途中、山の上にクレーンらしきものが・・。
どうやって上げたんでしょうね、気になります。
で、上野村の手前からR299へ入って志賀坂峠を越えていきます。
小鹿野町から秩父市へ、さらに定峰峠へ。
最高気温34℃とかいう話でしたが、神流町あたりは24℃くらい。秩父に下ってきたら30℃越え。まだ10時前でしたが結構きつくなりました。

Img_20170716_104633962

11時少し前に帰宅。
蒸し暑かったけど、本格的に暑くなる前でした。

Img_20170716_104950290

もうタイヤも終わりです。
7400キロ以上走ったので、結構なライフでした。
OEMタイヤはどう見てもツーリングタイヤでTCが結構発動していましたが、このPP3はそんなこともなく、軽い走りでなかなかいいタイヤでした。
このところタイヤ交換するほど長く乗ったバイクが無かったんだけど、K1200Sの時は15000キロ手前ですでに3セット終わってましたから、技術の進歩を実感しますね(笑
もう500キロくらいは走れると思いますが、夏に長距離を走るので、その前に交換ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2017年7月15日 (土曜日)

ホルスターバッグを自作(デザインパクリ)

バイク用に作ってみました。
パクりましたが、元になったのは「GAHO」というブランドのもの。HYOD東京に実物が置いてあり、一目みて気に入りましたが、やや小さい。これじゃあ満足にモノが入らないなあ、と思って作ってみる気になりました。実物を一部参考にできましたが、ほとんどは写真を見て現物合わせ。

P7154347

オリジナルにはカービング無し。皮はオリジナルより薄いものを使い、全体として軽めに作りました。

P7154349

 
ファスナーの長さ調節とか、合わせ目の縫い方など、新しい方法も勉強できました。

P7154351

カービングは久しぶりだったので、出来はイマイチ。
まだまだ修行が足りません。

P7154353

まあ、型紙もない状態で作ったので、こんなもんですかね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2017年7月 9日 (日曜日)

MINIMAXゲージを取り付け(予想外に苦労)

 先日ゲットしたMINIMAXのディーゼル用クラシックプレミアムをやっと取り付け。

割と詳しいマニュアルが付属していたので、自分でやることに。
 
P7094329
取り外しは簡単。トルクスT20のボルト二本と配線カプラーだけ。

 

大体、メーターを外せるクルマって希少。少なくともボルトだけで取り外せるって聞いたことなし。
で、バラします。

P7094330

で、早速ミス。
上の写真でスピードメーター右側の部分、燃料計の上下のカバーを外すわけですが、下側カバーの爪が折れました(笑
 爪は内側を向いてついているので結構破損しやすいでしょうね。右側の縦穴の内側に破片が見えます。
まあ、この辺りは全く問題ありません。

P7094337

この状態まで、普通なら30分程度で終わります。
自分の場合、タコメーターの指針取り外しでミス。指針の軸まで外れてしまいました。
中心の穴の奥に指針を取り付ける軸が見えます。スピードメーター側はありますが、タコには無し。
 マニュアルどおりにやったつもりですが、何故かタコメーターの方は軸まで外れてしまいました。
マニュアルに十分注意するように書かれているところをミス。一瞬頭は真っ白になりましたが、サポートに電話したところ、要はエンジンかけてズレを調整してよ、ということで、そりゃそうだと納得。

P7094339

で、とりあえず完成。
難易度が高いのは、やっぱりメーター指針の取り外し。
特にタコ側は、キャップの取り外し方法も分かりにくいですね。マニュアルはもちろん、youtubeの動画を見てもよくわからん。断面図を示しすべきでしょうね。
 で、このように組み立てる前に、車体に取り付けてタコメーターのゼロ位置を調整。実にアナログな「エンジンかけてアイドリングや停止した時の指針の位置があっているか」を地道に調整するも熱中症になりそうだったので、断念。アイドリング回転が実際は1000rpmくらいだけど、表示は1100rpmくらいに。これくらい勘弁して(笑

P7094341

ということで取り付け。

P7094340

パイロットランプがクールですねえ。いいわあ。
で、注意点です。
①燃料計上下のキャップ取り外しは慎重に。先の薄いマイナスドライバーなどで、内側から爪を外側に押す方法で。
②メーター指針取り外しがもっとも難しい、というかミスしやすいと感じた。慎重に。
タコメーターは、最悪の場合でもエンジンかけるだけで調整できるけど、スピードは走らないと何ともできないので結構大変だと思う。
交換作業の前に、アイドリング回転、ギアと回転数とスピードの関係を確認してメモっておくのが一番いいかも。
③電源外すので、トリップと日付・時刻はリセットされます。
 作業自体はプラモデルよりも簡単だけど、指針だけは注意。サポートもちゃんと教えてくれるのでバンバン電話が吉(笑  

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2017年6月24日 (土曜日)

同期と流す

以前、XDiavelSの納車に付き合った同期の男が、やっと慣らしが終わったのでツーリングに連れて行けと。

 彼は還暦前に大型免許を取ってほぼ40年ぶりくらいにリターンしてきたので、多分そんなに長距離は走れないだろうと思い、様子を見ながらいろんなアレンジができるコースを考えた。
で、赤城西麓から道の駅川場村へ行き、そこから峠越えで122へ抜ける。もっと走れそうなら草木湖から粕尾峠へのぼって古峰神社へ回るとか、122ではなく17から榛名湖とか・・。
集合場所から8時前に出発。上武道路からR353を目指すが結構混んでいて予想外に時間がかかる。以前と違って前橋から渋川へ抜ける方のR17まで接続して交通量が増えたことと、拡幅工事が原因のよう。

P6244317

溝呂木交差点先のセブンで休憩。
XDiavelはよく考えられたデザインだなあと思う。特にエンジンの見せ方は秀逸。こんなバイクは無かったのではないかと思う。他はよく知らんけど。
ここで同期のインカムとペアリング。同じSENAのものなのでワンタッチ。
コーナーの立ち上がりでアクセルを開けると、グワーっという吸気音と排気音が聞こえてくるらしい。やっぱりうるさいか(笑
で、走りなれた道を通って道の駅国場村へ。

P6244319

食事して12時前に出発。
クラッチを握る手がきつくなってきたらしいので、122へ抜けて帰ることに。
バックミラーに写る同期は足の裏が見えている(笑
 あのポジションじゃあ、流すしかないわな。
ということで、まったりペースで流した一日でした。

P6244320

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

MINIMAXゲージ

ミニのメーターをちょっとオシャレにリプレイスする「MINIMAX」のゲージ群。

よくは知りませんが、どうやら家内制手工業での生産らしく、価格も高めでデリバリースピードも早いとは言えない感じ。やっとディーゼルモデルが出たので2月に予約。

で、先日届きました。

P6214310

なかなかクールなパッケージでんな。

P6214311

このシートみたいなのをストックのメーターに貼るんでしょうね。

P6214312

そのうえからこのステンレス製のプレートを貼るってことか。

P6214313

このプレートは各インジケータがパイロットランプになっていて、これが自分的には大きなポイント。

これがなければ食指は動かなかったでしょうね。

当たり前ですが、車体からメーターを外して作業するので、しっかりと準備して作業しますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2017年6月23日 (金曜日)

ディスプレイを4Kに

長らくフルHD(1920×1080)の液晶を使ってきたが、カメラが2000万画素を超え、横方向5Kあたりになってくると、フルHDで見ても遠景描写などはややつぶれ気味。等倍表示すれば問題ないが、全体を見るのが面倒とか、色々と快適ではない状況が出てきている。

ゲームもプレステやXBOXで4K対応が出てきているし、ここはひとつPCも4Kで、と言う具合。幸い値段もかなりこなれてきており、6諭吉でおつりがくるものも。

で、フィリップスの31.5インチ液晶「328P6VJEB」を購入。いきなり6千円近く下がったのでリアクションバイト(笑 近々後継モデルが出るとか???

P6214316

幅が80センチちかくあり、目の前全部画面という感じ(笑

写真の壁紙はシグマのDP0で撮った毛無峠からの遠景だけど、森の木々の見え方がフルHDの時と明確に異なり、葉っぱも確認できるように。

一方でゲームなどはシビアになってしまう。フルHDなら60FPSは下らないゲームも、4Kだと17くらいに。カクカク(笑

5万クラスのグラボが必要なので、しばらくは我慢しよう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2017年6月19日 (月曜日)

Vibram fivefingers Vtrainを買う

かねてより気になっていた5本指シューズを買ってみました。

20170606_162917839

V-Trainという、オールマイティなモデル。
ヒモとベルトで止める方式。

20170606_143759101

小田急エースまで出かけてサイズ合わせしてきました。
一回目は履くだけで一苦労。
この靴の効果としては、血行がよくなるとか、足指の変形が治るとか、他にもあるようですが、これは人それぞれ。アメリカでは訴訟になって返金対応したらしいし、誰にでも効果が表れるということでもないようです。
自分としてはただの好奇心と、小指が少し内反気味なのでそのあたりの効果を狙って。
ただ、常時履くのは無理なので、今のところは休日だけとして慣らし中。そのうち通勤でも履くようになるかもしれないけど、ちょっとそれは恥ずかしいか・・。
 で、都合4日ほど履いてみた印象としては・・・。
①履くのが結構大変。特に小指は実質的に不随意(笑 なのでコツが必要
②ランニングまで考慮したモデルなのでヒールが薄くないため歩き方の変更を強いられるほどではない。しかし、カカトではなく指から先に着地した方が歩きやすいのは事実。
③ソールが全般的に厚いモデルではあるが、それでもハダシ感覚はしっかりとある。歩くのが新鮮で結構気持ち良い。
④当たり前だけど、砂利道や、神社によくある石を敷いた道では、足ツボがかなり刺激され、ちょっとつらい。
 と言ったところ。どれくらい使えるのかわかりませんが、見てくれで判断する限りはふつうの靴よりは早く消耗するでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

«山王林道を走ってきた